• トップ
  • リリース
  • 〜<父の日企画>第7回 お父さんの疲労事情と解消法調査〜お父さんの1番の悩みは「首や肩のコリ」(68.7%) 父の日に欲しい疲労解消グッズ第1位は「マッサージチェア」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社フジ医療器

〜<父の日企画>第7回 お父さんの疲労事情と解消法調査〜お父さんの1番の悩みは「首や肩のコリ」(68.7%) 父の日に欲しい疲労解消グッズ第1位は「マッサージチェア」

(@Press) 2017年05月11日(木)14時00分配信 @Press

健康機器メーカーの株式会社フジ医療器(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中西 広幸)は、この度、全国1,969名のお父さんを対象に「<父の日企画>第7回 お父さんの疲労事情と解消法調査」を実施いたしましたので、その結果を発表いたします。また、<母の日企画>として4月に発表した第7回「お母さんの疲労事情と解消法調査」の結果にも触れながらご紹介させていただきます。


<調査結果概要>
(1) 約88%のお父さん「普段から疲れを感じている」
(2) 疲れているお父さんの約半数が“肉体的”にも“精神的”にも「疲れている」と回答
(3) 肉体的疲労の2大原因は「仕事」「加齢」
(4) 不動の1位!最も疲れている部位は「首や肩のコリ」
(5) 精神的疲労の原因は「仕事」「人間関係」、人間関係に疲れている相手は「上司」「同僚」
(6) お父さんの1番の疲労解消法は「お酒を飲む」
(7) 父の日に欲しい疲労解消グッズ1位は「マッサージチェア」


【調査結果の詳細】
(1) 約88%のお父さん「普段から疲れを感じている」
「あなたは普段疲れを感じていますか?」の質問に対し、「とても疲れている」(19.2%)、「疲れている」(30.3%)、「やや疲れている」(38.3%)で、87.8%のお父さんたちが疲れを感じているという結果になりました。
年代別に見ると、30代と40代で「とても疲れている」の回答が3割を超えており、疲労度の高いお父さんが多いことが伺えます。60代を超えると「とても疲れている」の割合が急激に減少し1割未満になっています。
一方、お母さんは、9割以上(94%)が普段から「疲れ」を感じているという結果で、30代女性が一番「強い疲れ」を感じている割合が高い(33.5%)という結果が出ていました。

あなたは普段疲れを感じていますか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_1.jpg
【年代別】あなたは普段疲れを感じていますか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_2.jpg

(2) 疲れているお父さんの約半数が“肉体的”にも“精神的”にも「疲れている」と回答
「その疲れは肉体的疲労ですか?精神的疲労ですか?」の質問に対し、「肉体的疲労」(31.6%)、「精神的疲労」(17.9%)、「肉体的・精神的どちらも」(50.5%)という結果になりました。
年代別では、20〜40代では「肉体的・精神的どちらも」が6割前後を占めていますが、60代を超えると肉体的疲労を感じている割合が他の年代と比べて高くなっています。
お母さんの場合は、男性と同様に20〜40代では「肉体的・精神的どちらも」が6割前後を占めていますが、
70代以上で「肉体的疲労」が48.5%と約半数を占めていました。

【年代別】肉体的疲労、精神的疲労の割合
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_3.jpg

(3) 肉体的疲労の2大原因は「仕事」「加齢」
肉体的疲労の原因は、「仕事」(52.3%)、「加齢」(32.5%)に回答が集中しました。働き手である現役世代では「仕事」の回答が圧倒的に多く、40代から「加齢」による疲労を徐々に感じ始めているようです。尚、「その他」(5.1%)は具体的には、家庭菜園、農作業、スポーツ、睡眠不足という回答がありました。
お母さんの場合は1位「仕事」(27.9%)、2位「家事」(22.2%)、3位「育児」(20.6%)という結果でした。年代別では、女性のライフスタイルが影響され、20代・30代が「育児」、40代・50代が「仕事」ですが、60代以上で「加齢」による体力低下で疲れを感じやすくなる人がぐっと増えていました。

肉体的疲労の主な原因はなんですか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_4.jpg
【年代別】肉体的疲労の原因の割合
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_5.jpg

(4) 不動の1位!最も疲れている部位は「首や肩のコリ」
肉体的疲労を感じているお父さんを対象に、「どの部分にどのような疲れを感じていますか?(複数回答可)」と質問したところ、「首や肩のコリ」(68.7%)、「腰痛」(62.6%)、「目の疲れ」(54.9%)の上位3つが、4位以下に対して大きな差をつけた結果になりました。「首や肩のコリ」については、2010年の調査開始から7年連続で1位の座をキープしており、多くのお父さんたちが首や肩のコリで悩み続けていることがわかります。
お母さんも「首や肩のコリ」が7年連続の第1位(75.2%)で男女ともに最も疲れている部位のようです。

どの部分にどのような疲れを感じますか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_6.jpg

(5) 精神的疲労の原因は「仕事」「人間関係」、人間関係に疲れている相手は「上司」「同僚」
精神的疲労の原因は、「仕事」(50.8%)、「人間関係」(28.3%)、「加齢」(10.5%)の順となりました。肉体的疲労と同じく、仕事による影響を大きく受けていることがわかります。

精神的疲労の主な原因はなんですか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_7.jpg
【年代別】精神的疲労の原因の割合
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_8.jpg

次に、「誰との人間関係に疲れていますか?(複数回答可)」と聞いたところ、1位「上司」、2位「同僚」、3位「部下」という結果になりました。「妻」や「子ども」が1位にあがった年代は、60代、70代以上です。お父さんたちは家族よりも仕事場での人間関係で大きなストレスを抱え、定年を迎える年代になり、家族と過ごす時間が増える時期に人間関係の変化が起きていることが明らかになりました。
一方、お母さんの疲れる相手は1位「夫」、2位「同僚」、3位「姑」という結果で、「姑」が最も疲れる相手という回答が集中した20代以外、全年代で「夫」が選ばれていました。

Q.誰との人間関係に疲れていますか?(複数回答可)
<全体>
1位:上司
2位:同僚
3位:部下

<20代>
1位:上司
2位:同僚、部下
3位:-

<30代>
1位:上司
2位:同僚
3位:部下、妻

<40代>
1位:上司
2位:同僚
3位:部下

<50代>
1位:上司
2位:同僚
3位:部下

<60代>
1位:同僚、妻
2位:子ども
3位:上司

<70代以上>
1位:妻
2位:子ども
3位:近所の人

誰との人間関係に疲れていますか?(複数回答可)
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_12.jpg

(6) お父さんの1番の疲労解消法は、「お酒を飲む」
「あなたの疲労解消法はなんですか?(複数回答可)」の調査では、「お酒を飲む」(42.1%)、「睡眠」(40.8%)、「テレビを見る・映画を見る・DVDを見る」(34.6%)、「入浴」(34.0%)が上位に並びました。
年代別でみると、20代・30代・40代の1位は「好きなものを食べる」となっており、「お酒を飲む」ことで疲労解消をしている主な年代は50代・60代です。20代ではスマートフォンやパソコンでネットサーフィンを楽しむ人が、70代では運動ストレッチなど体を動かしてリフレッシュする人が多く、年代によって生活習慣や好みの傾向が異なることもわかりました。
お母さんの疲労解消法第1位は全ての年代共通で「好きなものを食べる」(60.7%)で特に20代、30代では7割以上の人が回答しており、若い年代は男女共通の疲労解消法なようです。

疲労解消法はなんですか?
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_9.jpg

<20代>
1位:好きなものを食べる 57.1%
2位:テレビを見る・映画を見る・DVDを見る 42.9%
2位:スマートフォン、パソコンでネットサーフィン 42.9%
4位:お酒を飲む 35.7%

<30代>
1位:好きなものを食べる 46.6%
2位:テレビを見る・映画を見る・DVDを見る 42.7%
3位:睡眠 38.9%

<40代>
1位:好きなものを食べる 43.5%
2位:睡眠 42.7%
3位:お酒を飲む 41.0%

<50代>
1位:お酒を飲む 40.5%
2位:睡眠 39.0%
3位:テレビを見る・映画を見る・DVDを見る 35.8%

<60代>
1位:お酒を飲む 46.0%
2位:睡眠 40.8%
3位:入浴 39.8%

<70代以上>
1位:睡眠 44.4%
2位:運動ストレッチなど体を動かす 43.3%
3位:お酒を飲む 42.2%

(7) 父の日に欲しい疲労解消グッズ 1位は「マッサージチェア」
「父の日にどんな疲労解消グッズを欲しいと思いますか?(複数回答可)」の質問に対して、1位「マッサージチェア」(48.7%)、2位「安眠グッズ」(24.6%)、3位「フットマッサージャー」(20.7%)という結果になりました。
マッサージ商品を選んだお父さんにその理由を聞いたところ、「疲労回復したい」、「疲れが癒されるから」などからだの疲れをとりたいという思いのほかに、「マッサージチェアの心地良さが家庭にあったら嬉しい」、「マッサージチェアがほしいですが、大きいと部屋が狭くて置けないので、手軽に行えるサイズだとうれしいなと思います」など、仕事で心身ともに疲れているからこそ、家で寛げる心地よい空間が欲しいという思いをもっていることがわかりました。

父の日のプレゼントとして「疲労解消グッズ」がもらえるとしたら、どんなものが欲しいと思いますか?(複数回答可)
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_10.jpg


今後も、フジ医療器は定期的に「美と健康」に関する市場調査結果やお役立ち情報を提供していきます。


<調査概要>
調査期間  :2017年4月10日(月)〜2017年4月19日(水)
調査対象者 :子どもをもつ男性(20代〜70代以上)
有効回答者数:1,969名
調査エリア :全国
調査方法  :フジ医療器メルマガ会員にWeb上でのアンケートを実施
       ※グラフのパーセンテージは四捨五入されているため
        合計値が100にならないものもございます。

回答者の年代、職業分類
https://www.atpress.ne.jp/releases/127888/img_127888_11.jpg


<フジ医療器 会社概要>
株式会社フジ医療器は、1954年創業の「美と健康」にまつわる商品を提供する健康機器メーカーです。
世界で初めてマッサージチェアを量産化した実績を持ち、現存する第一号機は、マッサージチェアのルーツとして象徴的な存在であると評価され、2014年に「機械遺産」の第68号に認定されました。創業以来、マッサージチェアのパイオニアとして、エアーバッグのみを使った世界初のマッサージチェアの開発や、業界初の体形検知システムなどを搭載したマッサージチェアを製造し、高機能・高品質を誇る革新的な商品は、日本国内外において多くのお客様に選ばれ続けています。

社名     : 株式会社フジ医療器
創業     : 1954年
設立     : 1965年4月
代表取締役社長: 中西 広幸
本社所在地  : 大阪市中央区農人橋1丁目1番22号 大江ビル14階
事業内容   : 健康・美容機器の製造、販売、輸出入
資本金    : 3億円
従業員数   : 914名(2016年3月現在)
URL      : http://www.fujiiryoki.co.jp/


■お客様お問合せ先
フジ医療器お客様相談窓口
TEL:0120-027-612(フリーダイヤル)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る