• トップ
  • リリース
  • 世界初!無電源で高圧の電気通電状態を見える化! ENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)を発表

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社Wave Energy

世界初!無電源で高圧の電気通電状態を見える化! ENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)を発表

(@Press) 2017年05月11日(木)11時30分配信 @Press

株式会社Wave Energy(旧社名:株式会社ヒロセー、取締役社長:佐伯 一郎)は、高圧の電気通電状態を見える化し、感電防止に効果を発揮する表示装置ENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)を新規開発いたしました。高圧導体や高圧ケーブルに直接取り付けるだけで、通電時に本体のLEDが点滅し、加電状態を無電源で確認することができます。半永久的に作動、危険を知らせ続けることが可能です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127869/img_127869_1.jpg
ENERGY CHECKER(1)



■ENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)
これまで、高圧盤を点検する際の安全確認作業は、検電器を使用しており、複数箇所を丁寧に確認することが必要でした。
今回、新規開発したENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)は、簡単に直接取り付けをすることができ、さらに既存の盤へも後付けができる製品となっております。


■構造
高圧からの静電誘導による微弱な電気エネルギーを、内部に埋め込んだ電極により、効率よく収集利用することでLEDを点滅させる構造となっております。
内部に広範囲電極を取り付けることで、あらゆる方向からの静電誘導を受け、高効率化を実現しており、その結果、取り付け場所の限定は無く、高圧ケーブル(KIP)等にもインシュロックで直接縛るだけで、確実に静電誘導を受けて加電状態を示すLEDが点滅します。サージ対策も行っており、耐圧試験時も正常に点滅します。
高圧盤・特高盤の内部に複数個取り付け、通電中を確実に見える化することで、感電防止となります。また、二重化された複雑な系統回路等において、高圧導体やケーブルに直接取り付けることで通電中の表示が可能となり、一部系統の切り忘れ等による感電防止に大いに役立ちます。
ENERGY CHECKER(2): https://www.atpress.ne.jp/releases/127869/img_127869_2.jpg


■イベント出展情報
当社は、2017年5月17日(水)〜19日(金)に東京ビッグサイトで開催されます
「第65回電設工業展〜JECA FAIR 2017〜」に出展いたします(東2ホール ブース番号2-063)。
今回発表致しましたENERGY CHECKER(エナジーチェッカー)に加え、新・接続箱SOLAR BOX(DC1,500V対応16回路)を実機展示しております。また、SOLAR SPEC 1/15サイズの模型も展示しております。
是非ご来場頂き、当社ブースにお立ち寄り下さい。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

【「第65回電設工業展〜JECA FAIR 2017〜」開催概要】
日時 : 2017年5月17日(水)10:30〜17:00
18日(木)10:00〜17:00
19日(金)10:00〜16:30
場所 : 東京ビッグサイト 東2ホール 小間番号2-063

《出展社セミナー》
日時 : 5月19日(金)11:15〜11:45
場所 : 出展者プレゼンテーションセミナーブース
セミナー登壇者: Wave Energy 取締役副社長 本家 正雄
内容 : キーワードは≪電気の可視化≫

株式会社Wave Energyホームページ http://www.wavee.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る