• トップ
  • リリース
  • 内閣府「企業主導型保育事業」認定施設 ママをたすけるシェアオフィス『Maffice横濱元町』オープン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

オクシイ株式会社

内閣府「企業主導型保育事業」認定施設 ママをたすけるシェアオフィス『Maffice横濱元町』オープン

(@Press) 2017年05月23日(火)10時00分配信 @Press

オクシイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高田 麻衣子)は、自社が手がける「ママをたすけるシェアオフィス Maffice(マフィス)」の2施設目を、横浜・元町に2017年5月にオープンいたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127820/LL_img_127820_1.jpg
マフィス横濱元町外観


Maffice(マフィス): https://www.maffice.com/

マフィスとは、「子どもの近くで、わたしの時間」をコンセプトに、ママのはたらくを支援する保育サービス付きシェアオフィスです。2014年12月に、東京都世田谷区・馬事公苑近くに最初の施設をオープンし、フリーランス、企業に属しながらのリモートワーク、育休中の方など、延100名を超える方々に会員としてご登録いただき、安心して仕事や勉強に集中できる環境を提供してまいりました。

今回オープンするマフィス横濱元町は、内閣府が待機児童問題の解消と仕事と子育て両立支援を目的に進める「企業主導型保育事業」として認められた施設です。ご利用にあたっては「企業枠」と「地域枠」があり、ご両親のどちらかが企業勤めでいらっしゃる場合は「企業枠」を、そのほかの方々は「地域枠」をご利用いただくことができます。

園内で調理する給食は、有機・低農薬を原則とした安心・安全な食材を使うことはもちろんのこと、「子どもの味覚の育て方」の講座やメディアでの連載を持つフードアナリスト・とけいじ 千絵さんに監修いただき、五味・旬を意識した「味覚を育てる給食」をご提供いたします。

また、保育理念として「子どもと親がつながる保育」を目指しており、子どもたち一人ひとりの個性を大切にしながら「自分らしさ」を引き出し、しなやかに生きていくためのサポートをしていくほか、保護者との会話を大切にし、お子さまをどのように育てていきたいかを保育者と保護者が同じ目線で考え、家庭とマフィスで連続性のある子育てを大切にしています。

5月からのご利用者様の中には、都心など遠方の企業に所属しながら週に何回かマフィスでリモートワークをされる方、企業に勤めていらっしゃるがお子さまが認可保育園に入れなかった方、フリーランスで職場をマフィスにされる方、仕事にすぐに復帰しなければいけないが母乳育児を諦めたくない方などがいらっしゃいます。

マフィスを利用することにより、働きたいけど環境が整わない方々や通勤時間の長さに悩む方々が無理せず仕事と育児の両立ができるように、また仕事を諦めなくていい選択ができるように、家と保育園、職場を隣接させることで子育てと仕事にゆとりと笑顔を生み出す「新しい働きかた」の環境を整えてまいります。


■Maffice(マフィス)とは
保育サービス付きシェアオフィスであるマフィスは「ママをたすけるシェアオフィス」として、2014年12月5日に東京都世田谷区・馬事公苑に最初の施設をオープンしました。保育サービス付きで、存分に仕事や勉強に集中できる施設は当時まだ珍しい形態であり、子育ても仕事も諦めない生き方をサポートする施設としてご利用いただいております。

「働きたい」と考える女性のすべてがフルタイム勤務を望んでいるわけではありません。働きたいけど、子どもとの時間も存分に取りたいと考える方や大切な家族の介護をされている方もいらっしゃいます。そんな方たちが少しでも時間を有効に使えるように働ける環境を整えること、0か100かしかない働きかたではなく、多様な働きかたをサポートすることが私たちの使命です。

【マフィス馬事公苑】
所在地:〒158-0098 世田谷区上用賀1-25-20
電話 :03-6432-7680

【マフィス横濱元町】
所在地:〒231-0861 横浜市中区元町2-95-2 元町YNビル 1・2階
電話 :045-264-4304

Maffice(マフィス): https://www.maffice.com/


■Maffice(マフィス)の保育理念
マフィスは、子どもと親がつながる保育を目指しています。
【VISION】
・私たちは、子どもたち1人ひとりの個性を尊重しながら「自分らしさ」を引き出し、子どもたちが自分の存在価値を認め、しなやかに生きていくサポートをします。
・私たちは、家庭とマフィスで連続性のある子育てを大切にし、一緒に考え、子どもの育ちを支えます。


■「Maffice(マフィス)横濱元町」概要
施設名 :Maffice(マフィス)横濱元町
所在地 :横浜市中区元町2-95-2 元町YNビル 1・2階
アクセス :みなとみらい線「元町・中華街」駅徒歩2分
JR根岸線「石川町」駅徒歩11分
保育の対象年齢(定員):0歳児 10名、1歳児 6名、2歳児 5名
(うち、企業枠11名、地域枠10名)
営業時間 :8:00〜19:00(年末年始、土・日曜・祝日休館)
施設面積 :48.18m2(1階に0歳児向け保育スペース、
2階に1・2歳児向け保育スペースとシェアオフィスを併設)
料金 :【保育付】フルタイム利用 0歳児 65,000円、
1・2歳児 61,000円
AM・PMプラン(月10日〜)38,000円〜
(デスク利用込・別途給食費など)
【デスクのみ】バーチャルオフィス 5,000円
運営会社 :オクシイ株式会社( http://auxy.co.jp/ )


■Maffice(マフィス)横濱元町の給食における5つのお約束
「子どもの健やかな成長のため、Maffice横濱元町では、子どもたちと、5つのお約束をいたします」
【五味・旬を意識した献立】
子どもの味覚の成長を考え五味・旬を取り入れた彩り豊かな献立を作ります。
毎回の食事に五味をバランスよく取り入れ、また、その時期の一番美味しい「旬」の食材を取り入れ、素材本来の味を引き出す調理方法にいたします。

【安心・安全な食材】
お米は農薬・化学肥料の使用が通常の半分以下で栽培し、収穫後に残留農薬の検査で安全を確認した特別栽培米で、放射能検査で問題がないと証明されたものを購入します。
生鮮食品は、有機・低農薬を原則とするほか、放射能のリスクをできる限り避けるために産地の指定をして食材を購入します。
また、毎日使う加工品・調味料なども、原材料に食品添加物が入っていないものを選びます。

【栄養士による園内調理】
専門の栄養士が栄養バランスを計算し、毎食心を込めて作ったものをご提供いたします。

【食事の時間を楽しくするための環境】
楽しく食事ができるよう、声掛け、マナー、衛生面などに配慮します。

【食育活動】
食事時間以外でも食材について学ぶ機会を設け、食への興味を育みます。


■(参考資料)横浜市における「女性の就業ニーズ調査結果報告」より抜粋
・横浜市における年代別の女性の労働力率をみると、30歳代以降、全国平均よりも低く、結婚・出産・育児を機に離職する女性の割合が多い上に、再就職率も低い状況にある。

・結婚・出産・育児を機に仕事を辞めた人が7割以上にのぼっていることが、M字カーブの底が深い大きな要因であると考えられます。

・現在、収入を伴う仕事をしていない人のうち、就業意向のある人が約9割にのぼり、仕事と家庭生活との両立が困難なことや、短時間勤務などの希望に沿った働き方が難しいことなどが再就職の障害となっています。

*「平成26年度女性の就業ニーズ調査」(市民局男女共同参画推進課 平成27年1月発表資料より)
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/danjo/chousa/26syuugyouneedschousa/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る