• トップ
  • リリース
  • ダイエットに関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開『太るだけじゃない!寝る直前の食事がNGな4つの理由』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

サニーヘルス株式会社

ダイエットに関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開『太るだけじゃない!寝る直前の食事がNGな4つの理由』

(@Press) 2017年04月28日(金)10時00分配信 @Press

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『太るだけじゃない!寝る直前の食事がNGな4つの理由』を公開致しました。

https://microdiet.net/diet/001081.html

「夜食は太る」「寝る前に食べると太る」というのは、誰でも一度は聞いたことや経験したことがあるのではないでしょうか。
このことはもはや常識となっており、夜遅い時間に食べると太りやすいのは事実です。しかも、太る以外にも様々なデメリットがあることはご存知でしょうか?

【デメリットその1 太る】

同じものを食べたとしても、朝や昼間よりも夜遅い時間に食べる方がより太りやすくなります。
夜遅くに食べてすぐに寝ると、食べたもののカロリーを消費する時間が少ないため、体に蓄積されて太るというのも原因の一つですが、体質そのものが朝より夜の方が太りやすくなっているのも原因です。

この「太りやすい」体質を作っているのが、BMAL1(ビーマルワン)と呼ばれタンパク質。
22時頃を過ぎると、エネルギーを脂肪分として蓄えるため、BMAL1が急増して「太りやすい状態」になることが分かっています。

反対にBMAL1が少なくなるのは、太陽が昇ってから午後3時頃まで。朝食、昼食でしっかり食べて夜は軽めにしておくのが、太りにくい食べ方だと言えるでしょう。

【デメリットその2 睡眠の質が下がる】

お腹がいっぱいになると眠くなるものです。
ましてや1日の終わりであれば尚更。食べてすぐに寝てしまいたい衝動に駆られますが、そうした行動は睡眠の質を下げてしまいます。
眠りにつき、体が休息状態に入っているのに胃腸が活動していると、脳は十分にリラックスすることができず、深い睡眠に入りにくいと言われています。

【デメリットその3 消化不良を起こす】

寝る直前の食事は、その2で説明したように深い眠りの妨げとなるだけでなく、消化不良を起こしやすくなってしまいます。
食後の体は消化吸収のために胃腸の働きが活発になりますから、その状態で眠りにつくと、眠りながらも胃腸は動き続けなければなりません。ですが、起きている状態よりも血流は低下しており胃腸の機能もそれに伴い低下するため、消化不良を起こしやすく、目覚めたときに胃に不快感が残る場合もあります。

【デメリットその4 肌に悪影響を及ぼす】

寝る直前の食事は、意外かもしれませんが肌にも影響を及ぼします。
お肌のゴールデンタイムは以前は22時〜2時とされていましたが、最近では入眠後の3時間で深い眠りの時という説が有力です。
その間は成長ホルモンが分泌され、肌再生が促されることから、お肌のゴールデンタイムと呼ばれています。

このゴールデンタイムに胃腸が活動している状態にあると、睡眠の質が低下し、成長ホルモンが十分に分泌されにくくなってしまいます。すると肌のターンオーバーの速度は低下し、シワ、シミができやすくなったり、ハリやつやがなくなったりなどの影響が出てきます。

■寝る何時間前までに食事を終えるべき?

寝る直前の食事は、太る、睡眠の質を低下させる、消化に悪い、肌に悪い、とデメリットばかりです。
では、どのぐらい前に食事を終えておくのが良いかということですが、2〜3時間前までが理想的です。

2〜3時間前に食事を終えることが難しい人、どうしても食事を取るのが寝る前になってしまう人は、消化しやすく体の負担にならないものを食べるようにしましょう。スープなど汁物、豆腐、うどん、おかゆなど。脂肪の多い揚げ物や肉などは避けたほうが良いです。

もしくは、夕方におにぎりやサンドイッチなどで軽く食事を取り、帰宅後はサラダや汁物、脂肪の少ないメインのおかずを食べるなど、夕食2回に分けて取るのも良いでしょう。この方法であればダイエット面でも有効です。


その他のデメリット、詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『太るだけじゃない!寝る直前の食事がNGな4つの理由』をご参照ください。
https://microdiet.net/diet/001081.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から28年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る