• トップ
  • リリース
  • 今年の夏祭りはどこに行く? 阪急交通社が、夏祭り関連ツアー申込者数ランキングを発表!東北夏まつりが不動の1位

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社 阪急交通社

今年の夏祭りはどこに行く? 阪急交通社が、夏祭り関連ツアー申込者数ランキングを発表!東北夏まつりが不動の1位

(@Press) 2017年04月27日(木)16時15分配信 @Press

阪急交通社が、昨年度開催された夏祭り関連ツアーの申込者数ランキングを発表します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_1.jpg
阪急交通社では、移動、宿泊、観覧席、周辺観光などをセットにした夏祭り関連ツアーを多数提供しています。
夏休み期間中、各地域一年に一度のイベントということで、夏祭りツアーは例年人気のある商品です。そこで、早めのご予約にあたっての参考にしていただけるよう、昨年度の夏祭り関連ツアー申込者数ランキングを発表します。

1位 東北夏まつり(青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、山形花笠まつり、仙台七夕まつり)
2位 阿波踊り(徳島県 )
3位 おわら風の盆(富山県)
4位 祇園祭(京都府)
5位 相馬野馬追い(福島県)
6位 よさこい祭り(高知県)
7位 岸和田だんじり祭り(大阪府)
8位 五山送り火&春日大社中元万灯篭(京都府、奈良県)
9位 あおもり10市大祭典in五所川原(青森県)
10位 毛馬内盆踊り・花輪ばやし・西馬音内(秋田県)・新庄宵祭り(山形県)

対象:阪急交通社による2016年7月1日〜9月30日開催の夏祭りツアー
発着地:発着地問わず

東北の夏まつりは不動の1位。祭りの盛んな東北、関西、四国のツアーが上位多数を占めているのがわかります。北陸新幹線開業の影響もあり、おわら風の盆は前々年よりも申込者数が約2倍となりました。
各夏祭り、ツアーの説明を含むランキングの詳細は以下をご確認ください。
*一部、本年度においてツアーを開催していない祭りもございます


1位 東北夏まつり〜青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、山形花笠まつり、仙台七夕まつり〜(青森県、秋田県、山形県、宮城県)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_2.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_3.jpg
「ラッセーラー、ラッセーラー」という掛け声とともに、巨大なねぶた(山車灯篭)が練り歩く青森ねぶた祭、総数約10,000個の提灯が使われた竿燈が見どころの秋田竿燈まつり、花飾りのついた笠を手に持ち踊る「山形花笠まつり」、3,000本を超える大きな笹飾りが圧巻の「仙台七夕まつり」、東北で開催されるこの4つの夏祭りを巡るツアーが一番人気でした。
本年度の開催期間:2017年8月2日〜8月8日(祭りにより異なる)

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_4.jpg

2位 阿波踊り(徳島県)
400年の歴史を持つ徳島阿波踊り。県内各所で開催されますが、特に参加連(踊りのグループ)1,000組を超えるともいわれる徳島市阿波踊りには、毎年130万人以上が訪れます。阪急交通社のツアーでは桟敷席も確保。高知のよさこい祭りを併せて巡るツアーもお選びいただけます
本年度の開催期間:2017年8月12日〜8月15日


3位 おわら風の盆(富山県)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_5.jpg
浴衣やはっぴ姿の男女が編み笠をかぶり、おわら節という歌に合わせて三日三晩踊り歩く「おわら風の盆」。「風」というのはこの時期の台風を意味し、台風を避け豊作を祈願するという由来があると言われています。
本年度の開催期間:2017年9月1日〜9月3日


4位 祇園祭(京都府)
鴨川の水のお祓いから始まって1カ月に及ぶ八坂神社のお祭り。ユネスコ無形文化遺産にも登録されている山鉾巡行が目玉です。長刀鉾、霰天神山、郭巨山といった名前を持つ33基の山鉾はそれぞれが異なる歴史、装飾を持ち、多くの観光客の目を奪います。
本年度の開催期間:2017年7月1日〜7月31日(山鉾巡行は7月17日と24日)


5位 相馬野馬追い(福島県)
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_6.jpg
甲冑姿の武士たちが馬に乗り闊歩する「お行列」、お行列の後にその馬たちがレースを繰り広げる「甲冑競馬」、空から舞い落ちてくる御神旗を奪い合う「神旗争奪戦」の3行事が見どころとなる相馬野馬追い。まるで戦国時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえます。
本年度の開催期間:2017年7月29日〜7月31日


6位 よさこい祭り(高知県)
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_7.jpg
今や全国各地で開催されているよさこい祭りの本場、高知県高知市のよさこい祭り。約2万人とも言われる踊り子が個性的な衣装に身を包み、さまざまなジャンルの音楽に合わせて踊ります。最終日には全国大会が開かれ、受賞チームが決定します。
本年度の開催期間:2017年8月9日〜8月12日


7位 岸和田だんじり祭り(大阪府)
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_8.jpg
岸和田だんじり祭りといえば、だんじり(西日本でいう山車)がスピードを落とさず角を曲がる「やりまわし」が有名。だんじりの屋根に立ち、両手にうちわを掲げて方向の指示を出す大工方のパフォーマンスも見ものです。
本年度の開催期間:2017年9月16日〜17日(9月祭礼。試験曳きは除く)


8位 五山送り火&春日大社中元万灯篭(京都府、奈良県)
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_9.jpg
京都各地の山に「大文字」「左大文字」「妙法」「船形」「鳥居形」として点火されるのが、「五山送り火」。阪急交通社のツアーではホテルの屋上からご覧いただけます。奈良の春日大社で約3000基の燈籠が灯される「春日大社中元万灯篭」も併せて楽しめます。
本年度の開催期間:2017年8月14日(春日大社中元万灯篭)2017年8月16日(五山送り火)


9位 あおもり10市大祭典in五所川原(青森県)
青森市、引前市、黒石市など青森県10市それぞれにおけるお祭り、郷土芸能、物産、食などが一同に会する贅沢なイベントです。
*2017年は十和田市で開催予定です
本年度の開催期間:2017年9月23日〜9月24日


10位 毛馬内盆踊り・花輪ばやし・西馬音内(秋田県)・新庄宵祭り(山形県)
秋田県三大盆踊りの一つに数えられる「毛馬内盆踊り」、絢爛豪華な屋台が、囃子とともに練り歩く「花輪ばやし」、子供も楽しめる「音頭」と、哀愁の漂う「がんけ」が交代に行われる「西馬音内盆踊り」、精魂込めてつくられた山車が巡行する「新庄宵祭り」、4つの祭りいずれかを巡るツアーが10位です。
本年度の開催期間:2017年8月16日〜8月26日(祭りにより異なる)
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/127721/img_127721_10.jpg

【日本のお祭りツアー特集はこちらから】
http://www.hankyu-travel.com/kokunai/event/?9599

【東北夏祭りツアー特集はこちらから】
http://www.hankyu-travel.com/tohoku/matsuri/?9599

【阪急交通社 旅行サイトはこちらから】
https://www.hankyu-travel.com/?9599


発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る