• トップ
  • リリース
  • 独自のDDM方式を採用したハイエンドイヤホン「ドブルベ」シリーズよりニューモデル5月中旬発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ラディウス株式会社

独自のDDM方式を採用したハイエンドイヤホン「ドブルベ」シリーズよりニューモデル5月中旬発売

(@Press) 2017年04月28日(金)12時00分配信 @Press

ラディウス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:香田 進)は、小型化を実現した独自の2枚振動板ダイナミックドライバーを搭載する「ドブルベシリーズ」ハイレゾ対応イヤホン「HP-TWF00K」「HP-TWF00R」を2017年5月中旬から販売いたします。
また、発売にあたり、本商品が抽選で当たる「ドブルベ ネーミング総選挙」キャンペーンを2017年4月29日(土)〜2017年5月5日(金)に開催いたします。

製品URL: http://www.radius.co.jp/products/hp-twf00/


■「HP-TWF00K」「HP-TWF00R」特徴
(1) フラットでナチュラルな広域を再現する円形セラミックピエゾ振動板採用
DDM方式ドライバーのツイーター部には圧電素子であるセラミックピエゾ(※VST)を用いた振動板を採用しました。中心にウーファーからの導音孔を持つ円形のセラミックピエゾは、その直径が振動板の90%を占め、従来の四角形と比べるとコンパクトでありながら実効面積は向上。その結果ツイーターの音圧の向上と周波数特性の安定化を実現しました。ハイレゾ音源特有の、超高音域の微小な音源信号が入力されてもセラミックピエゾがしっかり振動し、高剛性ニッケル合金製の振動板に伝達することで高精細な音の再生を実現。セラミックピエゾ振動板の特徴でもある耳に刺さるような鋭さが抑えられ、よりフラットでナチュラルな高域を再現します。
https://www.atpress.ne.jp/releases/127656/img_127656_10.jpg

(2) チタンコーティング振動板採用
DDM方式ドライバーのウーファー部にはチタンコーティングを施した振動板を採用しました。チタンは一般的な樹脂フィルム等の振動板と比較して伝搬速度が5,000m/sec以上と大きく、楽曲の音声信号における低音から高音に至る複雑な振動を振動板全体へとより正確に伝達する性能を持ちます。このチタンをコーティングすることで広い周波数帯域において特性が安定し、トランジェント(過渡)の優れたスピード感のある低音と伸びのある高域を実現します。また、内部損失を最適化することで、音の豊かさを損なうことなく金属系の振動板で起こりうる不要な共振等の付帯音の発生を軽減しています。
https://www.atpress.ne.jp/releases/127656/img_127656_11.jpg

(3) 流線型のデザイン
「HP-TWF00」は「ドブルベシリーズ」の中でも特に音のキレやスピード感に優れています。その音の特徴を、イヤホン筺体に施されたエッジによる流線型のキャラクターラインで表現しました。「ドブルベシリーズ」のコンセプトであるシックでクラシカルな印象を残したまま、モダンなイメージを融合した意欲的な意匠設計です。また、ドライバーと筺体の小型化実現に伴い装着感の向上も実現しています。

(4) ナイロン編組皮膜ケーブル
ケーブルには高編組密度構造のナイロン編組皮膜を施しました。上質な外観に加え、屈曲性、弾力性に優れています。

(5) リケーブル対応
ケーブルはMMCX端子で着脱が可能です。万が一、イヤホンの弱点のひとつであるケーブルの断線が発生した場合でもリケーブルすることで、永くご愛用いただけます。

(6) ディープマウントイヤーピース
新形状のディープマウントイヤーピースは従来型とは異なり、耳のより奥でイヤーピースがフィットするため、安定した装着感と豊かな低音再生を実現します。


■「ドブルベ ネーミング総選挙」キャンペーン
この度誕生した新たなドブルベ「HP-TWF00」の発売を記念して、ネーミングの投票キャンペーンを実施いたします。

(1)キャンペーン内容
期間中、Twitterアカウント“ラディウスの中の人”(@Mr_i_radius)をフォローしてキャンペーンツイートのネーミングアンケートに投票の上、リツイートをしていただいた方の中から抽選で「HP-TWF00」をプレゼントいたします。
キャンペーンの詳細はこちら
http://www.radius.co.jp/news/20170428_1/

(2)プレゼント賞品
・HP-TWF00K(ノワール):3名様
・HP-TWF00R(バーガンディ):3名様

(3)応募期間
・2017年4月29日(土)〜2017年5月5日(金)23:59

(4)当選発表
当選者へは応募期間終了後、Twitterのダイレクトメッセージでご連絡いたします。
※カラーは選べませんので、予めご了承ください。


■製品仕様
型式     :ダイナミック型+ピエゾ型(DDM方式)
ドライバー  :ダイナミック振動板Φ9.5mm(チタンコーティング)+
        ピエゾ振動板Φ10.5mm
出力音圧レベル:98±3dB/mW
再生周波数帯域:20Hz〜40,000Hz
最大入力   :5mW
インピーダンス:32Ω
プラグ    :Φ3.5mm 金メッキステレオミニプラグ
ケーブル長さ :約120cm(Y型)タイプ
質量     :約18g(ケーブル含む)
カラー    :「HP-TWF00K」ノワール(ブラック)/
        「HP-TWF00R」バーガンディ(レッド)
付属品    :イヤーピース(XS、S、M、L)各1セット、収納ケース×1、
        ケーブルクリップ×1、クリーニングクロス×1、
        取扱説明書/保証書×1
発売時期   :5月中旬
希望小売価格 :オープン(店頭予想価格 ¥25,900前後(税込))


■ハイレゾ音源とは
CD以上の情報量を持つ音源データです。スタジオで録音された音楽はCDに記録するために一部のデータをカットして記録されています。ハイレゾ音源は録音したデータをカットせずにそのまま記録している音源のため、スタジオの雰囲気やアーティストの息づかいまでもが体感できます。また、日本オーディオ協会による「ハイレゾ対応」の定義は、「ヘッドフォン高域再生性能:40kHz以上が可能であること」と定められています。


■「ドブルベ」とは
「ドブルベ」はラディウスのハイエンドイヤホンシリーズとして2009年に誕生しました。DDM方式という独自のドライバー技術は大きな話題を呼びイヤホン業界へ衝撃を与え、生み出される独自の世界観をまとったサウンドは多くのオーディオファンからの評価を得ました。
DDM方式(Dual Diaphragm Matrix)ドライバーとは中低音域と高音域2つの音を独立した振動板に振り分け、同軸上に配置したラディウス独自の画期的なドライバー方式です。
デュアルドライバーユニット方式のように大きなハウジングを必要とせず、ドライバー1つ分のスペースでデュアルドライバーを超える音響効果を得ることが可能です。
DDM方式ドライバーを採用することで、まるでシネコンクラスの映画館のサウンドシステムや、コンサートホールのハイエンドPAシステムを通したような音を再生することが可能になります。
「ドブルベ」が再生する音には非常に強い立体感や存在感、躍動感、高揚感、臨場感があります。巨大な2Wayスピーカーを独り占めにしているような空気感を再現する「ドブルベシリーズ」は、イヤホンのひとつの答えであると言えます。


■会社概要
商号  : ラディウス株式会社
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル 11F
代表者 : 代表取締役 香田 進
設立  : 1996年3月
事業内容: オーディオ機器・オーディオアクセサリー関連機器開発/販売
      携帯電話・スマートフォン用関連機器開発/販売
      記録用Blu-rayディスク・記録用DVDメディア開発/販売
      コンピューター周辺機器・ビデオ編集機器及び
      周辺機器の研究及び開発/販売
資本金 : 9,000万円
URL   : http://www.radius.co.jp/


*記載されている製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※VST(Vertical Support Tweeter)Powered by VSTはオーツェイド株式会社の特許技術です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る