• トップ
  • リリース
  • 企業向けコンテンツ配信管理ASPサービス『Bizfile(ビズファイル)Windows 10版』サービスを5月9日開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社Sparks & Company

企業向けコンテンツ配信管理ASPサービス『Bizfile(ビズファイル)Windows 10版』サービスを5月9日開始

(@Press) 2017年05月09日(火)10時00分配信 @Press

 株式会社Sparks & Company(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:萩原 和彦)は、コンテンツ配信管理ASPサービス『Bizfile』(ビズファイル)のWindows 10版のサービスを2017年5月9日に開始しました。

『Bizfile』 専用サービス紹介サイト
https://bizfile.jp


 『Bizfile』は、コンテンツを閲覧するビュワーアプリと、クラウドを利用した配信/管理が一体となった企業向けモバイルコンテンツ管理サービスです。

 ユーザーはビュアーアプリを利用し、HTML、PDF、Microsoft Officeドキュメント、動画等、常に最新のコンテンツの閲覧が可能です。Bizfileを利用すれば「効果的なプレゼンテーション」を行うことができます。

 管理者は、サーバーにコンテンツをアップロードするだけで、ユーザーへの一斉配信が完了します。ログ機能を使えば、いつ、誰が、どのページを、何分位、閲覧したのかといったコンテンツの使用状況をリアルタイムで詳細に把握できるので、営業資料や商品カタログの改訂、営業活動の効率化に利用できます。
 また、コンテンツ毎にユーザー閲覧権限の設定や公開開始日、終了日の設定が可能で、公開期限が過ぎたコンテンツはユーザー端末のBizfile上にダウンロードされていても自動的に削除されます。

 また、このBizfileは、既に、iOS版が先行リリースされています。今回、『Bizfile Windows 10版』のリリースに伴いユーザーの利用するデバイスが、iOS、Windows 10が混在していてもBizfileは利用可能になります。ひとつのアカウントで、オフィスではWindows 10パソコン、外出先ではiPhoneやiPadというような使い分けが可能です。

 Windows 10版は、Windowsの特徴を活かし、複数のコンテンツを同時に表示することも可能です。
 資料とHTMLコンテンツを同時に表示してプレゼンテーションを行うことができます。

 株式会社Sparks & Companyでは、この『Bizfile Windows 10版』のリリースにより、導入企業の拡大を目指し、システム利用料も、従来のシステム料金から値上げは行わず月額1ユーザー300円〜の低価格でサービス提供を行ってまいります。

 その他に企業内プライベート・サーバーに対応したオンプレミス版や、デザインをや機能をリメイクしたカスタマイズ版やMDM(モバイルデバイスマネジメント)での配信にも対応いたします。

『Bizfile』 専用サービス紹介サイト
https://bizfile.jp


■Windows 10版・動作環境
[Bizfile ビュワーアプリ対応端末]
Microsoft Windows 10

[Bizfile ビュワーアプリ再生フォーマット]
HTML、PDF、Microsoft Officeドキュメント、動画(H.264)、音声(mp3)

[管理画面対応ブラウザー]
Internet Explorer 11、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox


<『Bizfile』 アプリアイコン *インストール後、PCに表示されるアイコン>
https://www.atpress.ne.jp/releases/127624/img_127624_4.jpg


■会社概要
会社名: 株式会社Sparks & Company
代表者: 代表取締役社長 萩原 和彦
所在地: 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-4-1 TSI須田町ビル8F
tel  : 03-6206-9971
fax  : 03-6206-9970
設立 : 2008年5月
URL  : https://spks.co.jp


*文中に記載している社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る