• トップ
  • リリース
  • 大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」のTVCM放映のご案内

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

富士フイルム株式会社

大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」のTVCM放映のご案内

(@Press) 2017年04月26日(水)18時15分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、当社として初となる大型センサー(43.8×32.9mm)搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)のTVCMを4月29日(土・祝)より放映いたします。
「GFX 50S」は、有効画素数5140万画素の「Gフォーマット」センサー、画像処理エンジン「X-Processor Pro」、富士フイルムが80年以上にわたり蓄積した色再現技術、世界中の写真家から長年高い評価と信頼を得てきた「フジノンレンズ」の設計思想を忠実に引き継いだ交換レンズ「GFレンズ」との組み合わせで、富士フイルム史上最高画質を実現するハイエンドミラーレスデジタルカメラです。
今回のCMでは、写真家の織作峰子さんが登場。織作さんが実際に「GFX 50S」を使用してニュージーランドで撮影した作品とともに、その圧倒的な描写力を彼女自身の言葉で語るシーンが印象的です。ぜひご注目ください。

■ CMストーリー
黒バックにドラマチックな光。「GFX 50S」が圧倒的な存在感を持って登場します。そこに写真の新しい時代を予感させる「大型センサー 卓越した解像力」と「中判ミラーレス 超軽量・超小型」の文字。織作峰子さんがカメラを構え、ファインダーを覗くと、シャッター音とともに彼女が実際に「GFX 50S」で撮影した作品が次々と映し出されます。そのうちの1枚、ルピナスの花が一面に咲き誇る色あざやかな作品を前に、織作さんがこのカメラの圧倒的な描写力をご自身の言葉で語ります。ラストは堂々たる「GFレンズ」シリーズと、商品カットで締めくくり、異次元の高画質へといざなう「GFX 50S」の誕生を告げます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127616/img_127616_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/127616/img_127616_2.jpg

■ 撮影エピソード
織作峰子さんがご自身の作品を前に語るシーン。実はその作品は畳4畳分のサイズに匹敵する3.2m×2.4mという超大判出力でプリントした実際の写真です。3.2m×2.4mのサイズに引き伸ばしてプリントしても、まだ余裕を感じさせる「GFX 50S」で撮影された超高解像度の写真に、スタッフも驚嘆。
カメラやレンズのカットも、「GFX 50S」の“本格感”を表現すべく、CGではなくすべて実写。ライティングにもこだわり、ムービングライトなどのテクニックも駆使し、「GFX 50S」の優れた質感を表現しました。

■ CM概要
タイトル: GFX 50S 異次元の高画質 織作峰子 篇 30秒
放映開始日: 平成29年4月29日(土・祝)
放送地域: 全国

富士フイルムニュースリリース一覧
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る