• トップ
  • リリース
  • ロボット「Tapia(タピア)」がIoTプラットフォーム『myThings』と連携!ショッピング機能や、防災情報通知機能の提供を予定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ロボット「Tapia(タピア)」がIoTプラットフォーム『myThings』と連携!ショッピング機能や、防災情報通知機能の提供を予定

(@Press) 2017年04月26日(水)09時30分配信 @Press

株式会社MJI(本社:東京都港区、代表取締役社長:トニー・シュウ、以下 MJI)のコミュニケーションロボット「Tapia(タピア、以下 タピア)」が、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮坂 学、以下 Yahoo! JAPAN)のIoTプラットフォーム「myThings」と連携することが決定いたしました。


【myThingsについて】
myThingsは、様々なウェブサービス・IoTプロダクトを繋げる、Yahoo! JAPANが提供するIoT時代のサービスプラットフォームです。myThings Developersは、myThingsプラットフォームを活用し、事業者や個人開発者が独自のサービスを生み出すことのできるツールです。様々なサービス・プロダクトと、多様なウェブサービス・IoTデバイス(チャンネル)を組み合わせて、新しい価値と体験を提供できます。

URL: https://mythings.yahoo.co.jp/

タピアは今後、正式リリースされたmyThings Developersを活用し、myThings内の「LOHACO」チャンネルとの連携により、新しく楽しいショッピング体験の提供や、天気や防災情報を伝える機能搭載を予定しております。パートナーロボットとして機能の拡充を進めてまいります。


【タピアについて】
長い一日を終えたあと、タピアは冗談やユーモアであなたの心を和ませてくれるでしょう。遠く離れたあなたの大切な人の笑顔や声は、タピアのビデオ通話が届けてくれます。あなたが出かける時には最新の天気情報を伝え、リラックスしたい時や気分転換をしたい時には音楽をかけてくれます。タピアはいつもあなたの傍に寄り添い、サポートするライフパートナーロボットです。


【タピア概要】
カメラ、スピーカー、マイク、タッチパネルモニタを搭載し、バッテリーを内蔵した、高さ約25cmの持ち運べる家庭用コミュニケーションロボット。タピアとのコミュニケーションに不可欠な音声認識、音声合成、顔認識機能のほか、クラウド上の応答システムでタピアとの日常会話を楽しむことができます。日常会話には感情表現と好感度システムを搭載。会話のペースや、内容によってタピアの応答が変化します。


【株式会社MJIについて】
株式会社MJIは「MORE JOYFUL INNOVATION」をスローガンとし、2015年7月に設立しました。MJIは、あなたを笑顔にし、ほっとさせてくれる、あなたの生活を彩るコミュニケーションロボットを開発しています。MJIのロボットは人生のパートナーとして、あなたの側にいます。


【株式会社MJI 会社概要】
会社名    : 株式会社MJI
代表取締役社長: トニー・シュウ
所在地    : 〒107-0062 東京都港区南青山2-29-9
設立日    : 2015年7月21日
事業内容   : 多機能AIコミュニケーションロボット(健康管理・
         生活サポート・ショッピング機能・社交活動促進等)・
         ハードウェア・ソフトウェアの企画、開発、販売
URL      : http://mjirobotics.co.jp/
Facebook   : https://www.facebook.com/MJI.Inc


*本リリースに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る