プレスリリース

  • 記事画像1

LIFULL HOME'S、「二世帯同居調査」を発表

(@Press) 2017年04月25日(火)13時00分配信 @Press

総掲載物件数No.1の不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)(旧社名:株式会社ネクスト、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、このたび親世帯と子世帯で同居をしている方を対象とした「二世帯同居調査」を発表いたしました。

▼二世帯同居、うまくいく家いかない家【二世帯同居調査1】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00091/
▼親世帯・子世帯で異なる同居して良かったこと・悪かったこと【二世帯同居調査2】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00092/
▼親と子どちらが出す?二世帯住宅の費用負担は3人に1人が○○【二世帯同居調査3】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00093/
▼二世帯住宅どう分ける?完全独立か一部共有か、上下か左右か【二世帯同居調査4】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00094/
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127419/img_127419_1.jpg
■「二世帯同居調査」のまとめ
本調査では「親世帯・子世帯で二世帯同居(もしくは三世帯)で同居している」と回答した540名を対象に、二世帯同居にして良かったこと、二世帯住宅の費用負担、順調さなどを調査しました。二世帯同居にして良かったこと1位は親世帯では「子どもや孫と一緒に過ごすことができる」(62.1%)となり、続いて2位は「体調が悪い時に面倒を見てもらえる」(35.0%)、3位は「家事を手伝ってもらえる」(23.3%)でした。一方、子世帯から見て良かったこと1位は「子ども(孫)の面倒を見てもらえる」(46.9%)、2位は「体調が悪い時に面倒を見てもらえる」(33.0%)、3位は「家事を手伝ってもらえる」(32.0%)でした。子ども(孫)の世話については、双方がメリットと感じているようです。次に、二世帯住宅の費用について尋ねたところ、最も多かったのは「ほぼ親世帯が出した」(33.1%)で、親世帯の方が子世帯よりも費用負担が大きいケースが多いことが分かりました。二世帯同居の順調さについては、親世帯の方が、子世帯よりも「非常にうまくいっている」と捉える方が多いことが分かりました。子世帯の中でも義理の息子/娘の方が、「うまくいっている」と感じる人が少ない傾向が見られました。

<調査結果(一部抜粋)>
■親世帯から見た、二世帯同居にして良かったこと【複数回答可】 (n=103)
1位 「子どもや孫と一緒に過ごすことができる」 62.1%
2位 「体調が悪い時に面倒を見てもらえる」 35.0%
3位 「家事を手伝ってもらえる」 23.3%
4位 「食事を作ってもらえる」 17.5%
5位 「節税対策になる」 14.6%

■子世帯から見た、二世帯同居にして良かったこと【複数回答可】 (n=437)
1位 「子ども(孫)の面倒を見てもらえる」 46.9%
2位 「体調が悪い時に面倒を見てもらえる」 33.0%
3位 「家事を手伝ってもらえる」 32.0%
4位 「食事を作ってもらえる」 24.5%
5位 「お金が溜まりやすい」 21.7%

■二世帯住宅の費用はどちらが多く出したか【単一回答】 (n=540)
「ほぼ親世帯が出した」 33.1%
「親世帯が多めに出した」 15.0%
「半分ずつくらい出した」 20.4%
「子世帯が多めに出した」 9.8%
「ほぼ子世帯が出した」 21.7%

■親世帯、子世帯別に見た、二世帯同居の順調さ【単一回答】
親世帯 (n=103)
「非常にうまくいっている」 31.1%
「ややうまくいっている」 44.7%
「どちらともいえない」 15.5%
「あまりうまくいっていない」 3.9%
「まったくうまくいっていない」 4.9%

子世帯/実の息子・娘 (n=268)
「非常にうまくいっている」 22.4%
「ややうまくいっている」 42.5%
「どちらともいえない」 25.7%
「あまりうまくいっていない」 6.7%
「まったくうまくいっていない」 2.6%

子世帯/義理の息子・娘 (n=169)
「非常にうまくいっている」 18.3%
「ややうまくいっている」 40.2%
「どちらともいえない」 26.0%
「あまりうまくいっていない」 7.7%
「まったくうまくいっていない」 7.7%




『LIFULL HOME’S』サイトでは、二世帯同居にしなければ良かったと思うこと、うまくいきやすい二世帯住宅の部屋・設備の分け方、成功の秘訣など、調査の詳細を発表しています。こちらも是非ご覧ください。

▼二世帯同居、うまくいく家いかない家【二世帯同居調査1】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00091/
▼親世帯・子世帯で異なる同居して良かったこと・悪かったこと【二世帯同居調査2】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00092/
▼親と子どちらが出す?二世帯住宅の費用負担は3人に1人が○○【二世帯同居調査3】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00093/
▼二世帯住宅どう分ける?完全独立か一部共有か、上下か左右か【二世帯同居調査4】
URL: http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00094/

■調査概要
【調査実施期間】2017年3月6日〜3月7日
【調査対象者】事前調査で「親世帯・子世帯で二世帯同居(もしくは三世帯同居)している」と回答した方
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】540サンプル


LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。


■株式会社LIFULLについて (旧社名:株式会社ネクスト、東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)
株式会社LIFULL(ライフル)は、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997年に設立した住生活情報サービス運営企業です。主要サービスの不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は総掲載物件数No.1(※)。住まいを中心に介護、インテリア、保険など周辺分野にも事業を拡大し、現在は『LIFULL HOME'S』のアジア展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界53ヶ国でサービス提供しています。
LIFULLグループは、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、世界中のすべての人に、安心と喜びのライフソリューションを提供します。
※産経メディックス調査(2017.1.26)


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る