• トップ
  • リリース
  • 曽根 悟特任教授による工学院大学オープンカレッジ鉄道講座 「日本の鉄道の安全技術の発展と残された課題」5月9日より開講 〜ATSの90年にわたる実績を技術史の観点から紹介〜

プレスリリース

学校法人工学院大学

曽根 悟特任教授による工学院大学オープンカレッジ鉄道講座 「日本の鉄道の安全技術の発展と残された課題」5月9日より開講 〜ATSの90年にわたる実績を技術史の観点から紹介〜

(@Press) 2017年04月25日(火)11時00分配信 @Press

工学院大学オープンカレッジは、曽根 悟特任教授による鉄道講座「日本の鉄道の安全技術の発展と残された課題」を5月9日から開講します。今回はトピックス講座として“日本の鉄道の安全技術”をテーマに行われ、ATS(自動列車停止装置、Automatic Train Stop)の90年にわたる実績を、成功例と問題点を交えて技術史の観点から紹介し、残された課題や海外展開について解説します。


■工学院大学オープンカレッジ鉄道講座
テーマ :「日本の鉄道の安全技術の発展と残された課題」概要
日時 :2017年5月9日(火)、12日(金)、16日(火) 各19:00〜20:30
または5月13日(土)10:50〜16:30 ※平日夜3回分と同内容
会場 :工学院大学 新宿キャンパス
中層棟5階教室(東京都新宿区西新宿1-24-2)
アクセス:JR・京王線・小田急・地下鉄「新宿駅」徒歩5分
講師 :曽根 悟(工学院大学特任教授)

《開催日およびテーマ》
平日夜 5月 9日(火)19:00〜20:30 ATSの発展と現状
5月12日(金)19:00〜20:30 残された潜在的な危険要素への対処
5月16日(火)19:00〜20:30 海外との比較
土曜日 5月13日(土)10:50〜12:20 ATSの発展と現状
13:20〜14:50 残された潜在的な危険要素への対処
15:00〜16:30 海外との比較

※土曜日のみ、講義終了後(16:40〜18:00)に意見交換会を開催《要申込》
■参加料:1,000円
■受講料:3回セット9,000円(1回の受講も可)
※詳細は下記URLでご確認ください)
■申込先:工学院大学オープンカレッジ鉄道講座事務局
お申込み受付代行 株式会社ライトレール
http://www.LRT.co.jp/kogakuin


<工学院大学オープンカレッジ鉄道講座とは>
工学院大学の曽根 悟特任教授による企画・監修のもと、鉄道に関する幅広い知識を得る学びの場として、鉄道関連の職場での人材育成や鉄道業界への就職を希望する学生の入社試験対策にも好適です。「基礎講座」では鉄道技術の全貌を体系的に学び、「トピックス講座」では様々な旬のテーマを取り上げることで鉄道に関する国際常識を身に付け海外で活躍できる、また技術分野を縦断して総合的に判断できる技術者養成を指向しています。特に土曜日コースは、地方から参加する方も多く、特定の鉄道事業者に偏らない、工学重視の分析や解説を行っています。


<受講に関するお問い合わせ>
工学院大学オープンカレッジ鉄道講座事務局
お申込み受付代行 株式会社ライトレール
TEL : 03-5985-1131
e-mail: kogakuin@LRT.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る