• トップ
  • リリース
  • 京セラオプテックブースでFA工程における総合的なソリューションを展示

プレスリリース

  • 記事画像1

京セラオプテックブースでFA工程における総合的なソリューションを展示

(@Press) 2017年04月20日(木)11時30分配信 @Press

京セラオプテックは、本日、4月19日(水)からパシフィコ横浜で開催中の「レンズ設計・製造展2017」に出展しています。
レンズをはじめとする各種光学部品から周辺製品、設計、製造装置を一堂に集めた本展示会において、京セラオプテックのブースでは、「FAの前工程から後工程まで、総合的なソリューションの提供」 をテーマとし、小型レンズから大型レンズまでの各種レンズを展示。特に本年、半導体製造工程でウエハーに半導体部品の回路形状を露光するためのフォトリソ露光用大型レンズユニットを初出展。高密度実装が求められる半導体製造工程で使われる高精度なレンズをご覧いただけます。
その他、監視カメラや車載カメラなどへの採用が期待される赤外線レンズ、開発中のカルコゲナイドガラスの成形非球面レンズなども展示しています。



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る