• トップ
  • リリース
  • 欧州で自転車トレーラーの歴史を変えた、ユーロバイク展金賞受賞品「BURLEY TRAVOY」4月19日より販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社

欧州で自転車トレーラーの歴史を変えた、ユーロバイク展金賞受賞品「BURLEY TRAVOY」4月19日より販売開始

(@Press) 2017年04月19日(水)13時00分配信 @Press

国内最大級の自転車パーキング事業などを展開し、サイクルライフをサポートする日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:下條 治、以下 NCD)は、自転車トレーラー「BURLEY TRAVOY(バーレイ トラボイ)」を4月19日より販売開始いたします。本製品は公道での走行も可能な自転車に取り付けるポータブル・トレーラーで、小径車だけでなく、ロードバイクから一般的な自転車まで幅広く対応しています。また、取り外してコンパクトに折りたたむこともできるため、エレベーターに気軽に持ち込め、オフィス内で保管することも可能です。さらに、手引きカートとしても使えるため、買い物かごに使用したりや趣味の楽器やゴルフバッグの持ち運びに活用できるなど、幅広いサイクリストの生活をより充実させるアイテムです。WEBサイト「B’s supply(ビーズサプライ)」にて販売いたします。(販売価格:39,800円(税抜))

※トレーラー(リヤカー)は道路交通法第2条第1項第11号に定義される「軽車両」に分類され、公道を走行できますが、基本的に歩道を走行することはできません。

2016年12月に自転車活用推進法が成立し、まちづくりにおける自転車活用法の具体化が迫られてきています。自転車活用先進地域のヨーロッパでは、荷物の搬送や、子どもを安全に乗せるために、トレーラーやカーゴバイクが日常的に利用されています。日本においても、将来的に、自転車レーンの敷設が進み、道路の改善と拡幅がなされれば、ヨーロッパ同様に活用されることが想像できます。NCDでは、こうした時代背景を受け、日本においても日常の移動手段としての自転車、そして、荷物の移動方法の一つとしての自転車トレーラーのニーズが高まると考え、本製品の取り扱いを開始いたしました。

「BURLEY TRAVOY」は、アメリカで40年の歴史を誇る自転車トレーラーの老舗ブランドです。トレーラーとして重要なポイントであるコネクターは、特許を取得している弾性材料を採用しており、高い「安定性」と「走行追従性」を備えています。本製品の高い安全性は、欧米の厳しいトレーラー検査(ASTM認証)に適合しています。

なお、本製品の仕入れ先はトレーラーの普及に注力している日本チャイルドトレーラー&自転車トレーラー協会も運営するバーレージャパン(合同会社フェアトレード)です。NCDでは、世界中のサイクリストから選ばれる本製品の販売を通して、日本におけるトレーラーの普及とより良い自転車活用が広がるよう取り組んで参ります。

■「BURLEY TRAVOY」の特徴
≪大容量の荷物や、背負いにくい長尺な荷物を積載可能≫
27kgの重量まで積載でき、体積が大きいものや長尺で背負いにくい荷物も積載可能です。キャンピング用品、ゴルフ、釣り、カメラの三脚楽器など。
また、タイヤはチューブ式のためスムースな走行性を実現、段差にも追従します。

≪軽く、コンパクトサイズに折り畳めるので、電車や飛行機にも持ち込み可能≫
コンパクトに折りたたむことで付属のトートバックに収納できます。自重は4.4kgなので、どこにでも持ち運びができます。
トートバッグに入れることで、電車やバスにも持ち込むことが可能です。

≪初心者でも脱着可能。簡単シンプルな連結システム≫
ヒッチ(自転車との取り付け金具)はワンタッチ式で取り外しができます。
自転車上級者はもちろん、初心者の方や女性でもスムーズかつ簡単に利用できます。

≪特許を取得したオリジナル技術。高い「安定性」と「走行追従性」≫
コネクター(自転車との接続部分)には、トレーラー牽引時にはしっかりと硬く、「ヨーイング(ねじれ)」が発生した時には、反力を発生させながら「しなる」特性が求められます。
本製品はこの特性を有するためトレーラーの追従性が良く、転倒や跳ね上げがないことが特徴で、公道での利用も安心です。

≪買い物にも便利。手引きカートとしても使える高い利便性≫
手引きのカートとして、そのままショッピングセンターに持ち込み、買い物を済ませ、再び自転車に繋げることができるため、重量のある飲料水も箱ごと購入できるなど、まとめ買いや遠方への買い物にも便利です。

■「BURLEY TRAVOY」の概要
積載重量:27kg
自重:4.4kg
車幅外寸:54cm
ホイールサイズ:リム径203mm、タイヤ幅47mm
けん引バー高さ:71-86cm
展開サイズ:(L)140cm×(W)58cm×(H)41cm
折畳みサイズ:(L)53cm×(W)46cm×(H)20cm
付属品:トートバッグ/結束用ストラップ2本/ヒッチ(自転車との取り付け金具)
販売価格:39,800円(税抜)
メーカー:バーレーデザイン社
仕入れ先:バーレージャパン(合同会社フェアトレード)
※トレーラー(リヤカー)は道路交通法第2条第1項第11号に定義される「軽車両」に分類され、公道を走行できますが、基本的に歩道を走行することはできません。
一般的な自転車は「軽車両」の「自転車」、さらにその中の「普通自転車」に分類されます。

■販売チャネル
自転車と歩む未来、ライフスタイル提案型Webショップ
「B’s supply(ビーズサプライ)」URL:http://www.bs-supply.jp/
B's supplyは、駐輪場を運営する「NCD」が "自転車でもっと快適に走りたい"人のために、最適なアイテムを提供したいと思うことから始まりました。企画担当者が出会ったギアが、骨伝導という新しいテクノロジーを用い、危険運転を少しでも減らすアイテムでもあることから、これを世の中に広めるためにWebショップをオープンしました。
自転車に関わるあらゆるアイテムから厳選して提供する、セレクトショップを目指します。

■バーレージャパン(合同会社フェアトレード)について
チャイルドトレーラー、自転車トレーラー関連の輸入卸販売会社。2008年、個人輸入でバーレー製品の取扱を開始したことに始まり、事業を拡大。2015年に法人化。販売のかたわら、トレーラーに関する情報発信やスクールの運営を通し、自転車トレーラー文化の啓蒙活動も行う。2016年に日本チャイルドトレーラー&自転車トレーラ協会を設立。

■日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(NCD)について
企業のシステム開発・コンサルティングを推進するシステムインテグレータとして1967年に創業。1999年より駐輪場管理事業に進出し、駐輪場管理システム「EcoStation21(R)」、コミュニティサイクル事業「ecoport(R)」、月極駐輪場管理・運営サービス「ECOPOOL(R)」、高額自転車用ロッカー「B-box」を展開。全国で約1,500箇所40万台以上の駐輪場を運営し国内シェアNo.1(電磁ロック式駐輪場)を誇る。駐輪問題の解決や街の活性化など、駐輪場に関する総合的なコンサルティングも提供している。
-コーポレートサイト http://www.ncd.co.jp/
-Ecostation21/ecoport/ECOPOOL/B-box Webサイト http://www.ecostation21.com






プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る