• トップ
  • リリース
  • 「Multi-Cloud Connect」が、日本の通信キャリアで初めてVPNによる「Oracle Cloud」への接続を開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

NTTコミュニケーションズ株式会社

「Multi-Cloud Connect」が、日本の通信キャリアで初めてVPNによる「Oracle Cloud」への接続を開始

(@Press) 2017年04月18日(火)15時45分配信 @Press

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、セキュアなマルチクラウド環境を実現する「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect」において、2017年4月18日より、オラクル・コーポレーション(以下、オラクル)が提供する「Oracle Cloud」との接続を開始します。
従来提供してきた、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」や「Microsoft Azure」、「Office 365」、「AWS」、「Salesforce」、「Box」との接続に加えて「Oracle Cloud」(米国基盤)への接続が可能になることで、より多くのサービスに対応したマルチクラウド環境を利用することができます。

<サービス提供イメージ>
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/126773/img_126773_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/126773/img_126773_1.jpg

1.背景
オンプレミス環境においてオラクルのソフトウェアを利用している企業は多く、そのためクラウド化に際して現状の環境と親和性の高い「Oracle Cloud」のニーズが高まっています。
NTT Comは、「Oracle Cloud」にセキュアで安定したVPNで接続できる環境を、日本の通信キャリアとして初めて実現します。

2.サービスの特長
(1) 「Oracle Cloud」のIaaS/PaaS/SaaS全ての機能にセキュアで安定的に接続
オラクルのクラウド型データベースである「Oracle Database Cloud Service」やクラウド型Java基盤の「Oracle Java Cloud Service」などの主力ミドルウエアだけでなく、「Oracle Cloud」が持つ様々な機能(※1)を、セキュアなネットワーク環境で利用可能です。

(2) オンプレミスサーバーや「Oracle Cloud at Customer」とのハイブリッド利用に対応
「Oracle Cloud」とオンプレミスにあるオラクルのソフトウェアの併用はもちろん、「Oracle Cloud at Customer」(※2)とのハイブリッド利用についても、一つのネットワーク環境で実現可能です。既にオラクルのシステムを複数利用している場合にも、それらを生かした柔軟な連携ができます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/126773/img_126773_2.jpg

3.提供メニュー
Multi-Cloud Connect for Oracle Cloud
タイプ:ギャランティ
品目 :100M

提供料金、お申し込み方法については、NTT Com営業担当者までお問い合わせください。

4.提供開始日
2017年4月18日

【参考】Multi-Cloud Connect
世界190以上の国/地域で提供する高品質・高信頼なVPN「Arcstar Universal One」のオプションサービス。NTT Comのクラウドサービスをはじめ、多様なクラウドサービスとあらかじめ接続しており、お客さまはスピーディー、柔軟かつ安価にマルチクラウド環境を構築できます。

※1:全てのIaaS/PaaS機能を利用できる米国基盤に接続することで実現。
※2:ハードウェア、ソフトウェア、クラウド管理、サポート、IaaSを月額課金で提供するとともに、オラクルのデータベース、Exadata、Java開発基盤などをPaaSとして定額または従量課金で提供するサービス。Oracle Cloudとの完全互換性を備えた最新機能を利用可能。


<関連リンク>
Multi-Cloud Connect
http://www.ntt.com/business/services/network/vpn/vpn/op.html


*OracleとJavaは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
*その他記載の社名、商品名およびロゴは各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る