• トップ
  • リリース
  • スナップスナップ 親・子ども・先生 きずなプラスプロジェクト 先生への感謝の気持ちと写真に関する意識調査 進級・卒園の際に、先生に「ありがとう」を言いそびれてしまった保護者が3割!そのうち9割が、機会があれば「ありがとう」を伝えたい!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社フォトクリエイト

スナップスナップ 親・子ども・先生 きずなプラスプロジェクト 先生への感謝の気持ちと写真に関する意識調査 進級・卒園の際に、先生に「ありがとう」を言いそびれてしまった保護者が3割!そのうち9割が、機会があれば「ありがとう」を伝えたい!

(@Press) 2017年04月18日(火)12時30分配信 @Press

 株式会社フォトクリエイト(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大澤 朋陸、以下 当社)が運営しているスクールフォト向けインターネット写真販売サービス「スナップスナップ」では、2016年度(2016年4月〜2017年3月)に子どもを保育園・幼稚園・認定こども園に通わせていた保護者3,000人を対象に「先生への感謝の気持ちと写真に関する意識調査」を実施しました。


 スナップスナップでは、保護者から集めた保育園や幼稚園、学校の「先生」への感謝の気持ちを伝える想い出の写真とメッセージ247点を、2017年3月から特設サイト『つたえよう。先生への「ありがとう」』で公開しています。今回の調査は、この取り組みの一環として行ったものです。

『つたえよう。先生への「ありがとう」』
https://sensei.thanks.snapsnap.jp/


 なお、保護者から集まった写真とメッセージは、スナップスナップが責任をもって先生たちに届けします。また、集まった作品の中から、多くの共感を集めた写真とメッセージを2017年4月19日(みんなの保育の日)に六本木ニコファーレで開催される「子どもを社会みんなで育てる」ことを啓発する保育業界で初めての大規模なイベント『みんなの保育の日2017〜子どもは社会で育てよう!〜』で発表します。

みんなの保育の日2017 公式ページ: http://419.jp


<調査トピックス>
●進級・卒園で先生に『ありがとう』を伝えることができなかった保護者も
 機会があれば感謝の気持ちを伝えたい!
1. 先生に「ありがとう」を言いそびれたまま、子どもが進級・卒園してしまった保護者は約3割
2. そのうち、9割以上の保護者が、機会があれば感謝の気持ちを伝えたい!

●「先生と子どもの思い出の写真」を先生に贈りたくても、写真がない!?
 8割の保護者は、先生と子どもが一緒に写っている写真も欲しい!
3. 先生に贈りたい写真がないと感じる保護者は7割強
4. 約8割の保護者は、先生と子どもが一緒に写っている写真も欲しがっている

●進級・卒園で先生に『ありがとう』を伝えることができなかった保護者も
機会があれば感謝の気持ちを伝えたい!
1. 先生に「ありがとう」を言いそびれたまま、子どもが進級・卒園してしまった保護者は約3割
2. そのうち、9割の保護者が、機会があれば感謝の気持ちを伝えたい!
https://www.atpress.ne.jp/releases/126710/img_126710_2.jpg

 保護者に『子どもが進級・進学(卒園)して、「ありがとう」を言いそびれたままになっている先生がいるかどうか』を聞いたところ、約3割(29.8%)が「言いそびれた先生がいる」と回答しました。【図1】
 また、先生に「ありがとう」を言いそびれたままになっている保護者の9割以上(93.2%)が、『機会があれば「ありがとう」を伝えたい』と回答しています。【図2】

●「先生と子どもの思い出の写真」を先生に贈りたくても、写真がない!?
 8割の保護者は、先生と子どもが一緒に写っている写真も欲しい!
3. 先生に贈りたい写真がないと感じる保護者は7割強
4. 約8割の保護者は、先生と子どもが一緒に写っている写真は欲しがっている
https://www.atpress.ne.jp/releases/126710/img_126710_3.jpg

 保護者の方々に、園の先生に贈りたい写真はあるかどうかを聞いたところ、74.1%の保護者が「先生に贈りたい写真がない」と回答しています。【図3】
 一方で、保護者の約8割(81.9%)が、「先生と子どもが一緒に写っている写真も欲しい」と回答しており、わが子の思い出としても「先生と子どもの写真」は欠かせないようです。【図4】


《調査概要》
調査タイトル:先生への感謝の気持ちと写真に関する意識調査
調査主体  :株式会社フォトクリエイト スナップスナップ
調査方法  :インターネット調査
調査日   :2017年4月12日〜13日
調査対象  :2016年度(2016年4月〜2017年3月)に子どもを幼稚園、
       保育園または認定こども園の年少クラス〜年長クラスに
       通わせていた男女
調査領域  :全国
回答者数  :3,000人


《企画意図》
スナップスナップ 親・子ども・先生きずなプラスプロジェクト
『つたえよう。先生への「ありがとう」』
特設サイト: https://sensei.thanks.snapsnap.jp/

 「スナップスナップ」がこれまで撮影してきた写真には、子どもたちの成長の瞬間の側には、時には優しく見守り、時にはそっと背中を押してくれる先生方の存在を感じるものがたくさんあります。また、サービス開始以来、保護者の方々から先生方への感謝の声やエピソードが沢山寄せられています。そこで、当社では、こうした感謝の言葉を先生方に直接お届けするため、先生への感謝の気持ちを伝える写真と言葉を募集することにしました。
 この取り組みを通じて、保護者の方々には感謝の気持ちを改めて振り返り言葉にすることで、先生との絆をより深めていただくことを、先生方には仕事の意義を改めて感じ励みにしていただくことを目指しています。
 さらには、この取り組みを特設サイト上で公開することで、当事者間だけのものではなく「先生(学校はもちろん、保育園や幼稚園の)」という職業が価値の高い仕事であることを改めて社会に伝える一助になることを期待しています。


《サービス概要》
写真館・プロカメラマンが『先生と子どもの素敵な思い出』も撮影
スクールフォト向けインターネット写真販売サービス『スナップスナップ』
URL: http://snapsnap.jp/

 「スナップスナップ」は、幼稚園や保育園、学校等教育機関における各種イベントや日常をプロカメラマンが撮影した写真(スクールフォト)をインターネット上でご家族に販売するサービスです。ライフスタイルが多様化する中、時間や場所の制約が無く、いつでも簡単に子どもの学校イベントの写真を閲覧・注文できるサイトとして、益々ニーズが高まっています。
 2017年1月現在、保育園から大学まで全国約4,500校が導入しています。


《スナップスナップの取り組みのご紹介》
スナップスナップ 親・子ども・先生 きずなプラスプロジェクト
http://kizunaplus.snapsnap.jp/
 「周囲の絆を育む子どもの成長メディア」を目指す『スナップスナップ』が、「写真×IT技術」を通じて、家族のコミュニケーションや教育・保育、子どもの成長に貢献するための取り組みとして、2015年からスタートさせたプロジェクトです。「いい写真の共有」を通じて、子どもを中心とした周囲のコミュニケーションの深化を目指しています。


【会社概要】
社名     : 株式会社フォトクリエイト
設立     : 2002年1月24日
資本金    : 358百万円(2017年3月31日現在)
所在地    : (本社)〒160-0023
         東京都新宿区西新宿6-16-6 タツミビル3F
         (西日本ディビジョン)〒663-8243
         兵庫県西宮市津門大箇町6番10号
代表者    : 代表取締役社長 大澤 朋陸
URL      : http://photocreate.co.jp/
主要なサービス: ・オールスポーツコミュニティ( http://allsports.jp/ )
          マラソン大会等各種スポーツイベントで
          プロカメラマンが撮影した写真をイベント参加者向けに
          販売するWebサイト
         ・スナップスナップ( http://snapsnap.jp/ )
          園・学校機関における各種イベントで
          同じくプロカメラマンが撮影した写真を
          ご家族に販売するWebサイト
事業概要   : ・インターネット写真事業
         ・フォトクラウド事業
         ・広告・マーケティング支援サービス
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る