• トップ
  • リリース
  • ビジュアル書籍『世界の果てのありえない場所 本当に行ける幻想エリアマップ』4月17日(月)発行

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日経ナショナル ジオグラフィック社

ビジュアル書籍『世界の果てのありえない場所 本当に行ける幻想エリアマップ』4月17日(月)発行

(@Press) 2017年04月17日(月)13時00分配信 @Press

日経ナショナル ジオグラフィック社(代表:中村尚哉、所在地:東京都港区白金)では、『世界の果てのありえない場所 本当に行ける幻想エリアマップ』を4月17日(月)に発行します。
本書は、忘れられてしまった都市、災害で打ち捨てられた村、遺棄された工場など、私たちの想像を超えた場所、誰も行かない辺境の地など、世界に存在する多くの「不思議な場所」を印象的な写真と現地の詳細地図を添えて紹介しています。そして、その場所にある構造物の種類や自然の地形、現在や過去の状態など、いくつかの要素により分かりやすく分類し解説しています。
そもそも最初からありえない状況だったのか、後々そうなってしまったのか。あるいはごく最近生じた状態なのか、どの場所にも語りかけてくる物語があります。私たちは今どこにいて、どこに向かおうとしているのか、それを知るために歴史と地図の両方を紐解き、読み解くための一冊となっています。

世界の果てのありえない場所 本当に行ける幻想エリアマップ
2017年4月17日発行/定価 2,600円+税
トラビス・エルボラフ、アラン・ホースフィールド著
サイズ:天地259mm×左右185mm/224ページ/ソフトカバー/小野智子 訳
日経ナショナルジオグラフィック社

<主な内容>
■夢の創造物
ジェレズノゴルスク(旧ソ連の閉鎖都市)ほか
■廃墟となった場所
ノー・マンズ・ランド・フォートほか
■風変りな建造物
マドンナ・デッラ・コローナ聖所記念堂(絶壁に建てられた聖堂ほか
■隔絶された世界
グレートプラスケット島(1954年から無人島)ほか
■この世とあの世の間
レップ城(世界一、幽霊が出る城)ほか
■地下の世界
冷戦時代のスパイトンネル(電話の盗聴施設) ほか

<本書のポイント>
■想像を超える! ソ連の軍事遺産、見捨てられたユートピアなど世界51カ所の忘れられた場所を、豊富なデータとビジュアル、詳細な解説で紹介!
■本当に行ける! 現地の詳細な地図を掲載!
■朽ち果てた建造物、辺境の地など6つの分類で分かりやすく紹介!
■新しいテクノロジー、デジタルにあふれた時代だからこそ、あらためて歴史を紐解き、語られてくる物語を感じる心揺さぶる情報が満載!

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る