プレスリリース

  • 記事画像1

インフォコム株式会社

クラウドセキュリティサービス「Netskope」の提供を開始

(@Press) 2017年04月14日(金)15時30分配信 @Press

インフォコム株式会社(東京都渋谷区、以下インフォコム)は、米国Netskope社(Netskope,Inc. カリフォルニア州)のCASB(キャスビー)※製品「Netskopeの提供を開始しました。クラウドサービスの利便性をそのままに高度な情報セキュリティ対策を実現する製品で、インフォコムはNetskope社の国内販売代理店として提供します。

【背景】
クラウドサービスを企業の業務システムとして活用する動きが進んでいます。一方で、機密データの流出や、従業員が会社の管理下にないサービスを許可なく使用するシャドーITなどの新たなセキュリティリスクも生じています。

【「Netskope」の特長】(http://www.casb.jp/
本製品は、クラウドサービスの利用状況の把握・追跡・制御を強化するCASB製品です。
・利用状況を把握/監視し、利用するサービスや内容の制御が可能です。
・アップロードするファイルの中の機密情報を検知し、内容に応じた漏洩対策が可能です。
・あらかじめ設定したポリシーに基づき、利用状況の追跡や一元管理が可能です。

インフォコムは、企業でクラウドサービスやスマートデバイスを安心安全に活用するためのクラウド型ID管理サービス「OneLogin」などのモバイルクラウドソリューションを提供しています。「Netskope」を「OneLogin」などと組み合わせて提供することで、クラウドサービス活用時のリスク管理をより強化することが可能となります。
また、「Netskope」の有効性と機能を紹介するセミナーを4月20日(木)に開催します。http://www.casb.jp/

以上


【Netskope, Inc. CEO Sanjay Beri様からのコメント】
この度、Netskope社とインフォコムは正式に代理店契約を締結いたしました。
インフォコムは日本企業が重要視する細やかなサービス提供に秀でたトップクラスのシステムインテグレーターであり、特に企業のリスク管理強化に取り組んでいます。
弊社のCASBソリューション「Netskope」がその製品ラインアップに追加されたことを大変心強く思います。
弊社はインフォコムと共に日本のクラウドアプリケーションの適正利用を促進し、お客様のセキュリティ、生産性、そしてビジネスの発展を支援してまいります。


<Netskope社について>
2012年に設立されたクラウドセキュリティのリーディングカンパニー。
従業員は優秀な技術者から構成されており、4カテゴリーで40以上の特許を取得。イノベーションに関する多数の実績を持つ。NetskopeのCASB製品「Netskope」は全世界で350社以上に導入されており北米、ヨーロッパ、アジアを含め幅広いシェアを持つ。
URL:https://www.netskope.com/company/



※CASB(キャスビー、Cloud Access Security Brokerの略)
従業員のクラウドサービス利用をコントロールするための企業向けサービス。複数のクラウドサービスに対して、企業のセキュリティポリシーの一貫した適用と、認証やアクセス制御、データ暗号化、ログ取得、マルウエア感染対策など利用監視能力を強化するクラウドサービスのこと。



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る