• トップ
  • リリース
  • ハンドドリップの味わいを実現するコーヒーメーカーを普及価格帯で実現!デバイスタイルから5月8日発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社デバイスタイルマーケティング

ハンドドリップの味わいを実現するコーヒーメーカーを普及価格帯で実現!デバイスタイルから5月8日発売

(@Press) 2017年04月17日(月)09時30分配信 @Press

株式会社デバイスタイルマーケティング(所在地:東京都新宿区)は、このたびdeviceSTYLE(デバイスタイル)コーヒーメーカーシリーズ“Brunopasso”の新ラインナップとして、パーフェクトドリップコーヒーメーカー『PCA-10X』を2017年5月8日(月)より販売いたします。

URL: http://devicestyle.co.jp/products/coffee/pca-10x.html


『Brunopasso PCA-10X』は、ハンドドリップの味わいの実現を目指すべく、従来のドリップ式コーヒーメーカーの基本動作を根本的に見直したハイスペック構造でありながら、誰もが購入しやすい普及価格帯での製品化を初めて実現(※)した、全く新しいコーヒーメーカーです。(メーカー希望小売価格はオープン価格。実勢想定価格約20,000円)※当社調べ


一般的なドリップ式コーヒーメーカーは、底部のヒーターで“お湯を沸かしながら抽出する”ため、ハンドドリップのように“最適な温度にお湯を沸かし、適正なスピードで抽出する”ことが困難でした。
そのため、お湯が熱すぎたり、コーヒー粉がお湯に長い間浸りすぎて雑味が出るなどの欠点がありました。

『Brunopasso PCA-10X』は、従来のドリップ式コーヒーメーカーとは全く異なり、ハンドドリップと同じ動作工程を経ることにより、雑味を防ぎコーヒーの旨み成分を可能な限り抽出します。

スタートボタンを押すと、抽出を始める前にお湯を沸かし始めます。お湯の温度が約95℃に達した時点で抽出が始まり、10杯分のコーヒーであれば一般的に適正だと言われる速度である約6分強のスピードで抽出し終わり、理想的なコーヒーが仕上がります。

そのまま保温する場合でも煮詰まりにくい約80℃の温度をキープします。(煮詰まりを防ぐため、保温時間は最大40分です。)
誰もが簡単にハンドドリップの味わいをお楽しみいただけるコーヒーメーカーです。


■『Brunopasso PCA-10X』の主な特徴
・適正温度で湯沸かし
 抽出前に約95℃までお湯を沸かします。
・適正スピードで抽出
 雑味を避け、旨みを抽出する適正速度で抽出します。
・適正温度で保温
 抽出後、約80℃で最大40分間保温します。
・オートパワーオフ機能
 抽出後約40分で電源が自動的に切れる安全設計です。
・パーマネントフィルター付属
 何度も使えるメッシュフィルターを付属しています。
・アイスコーヒーも楽しめる
 水タンク目盛りに合わせてアイスコーヒーもお楽しみいただけます。


■製品仕様
型名      :PCA-10X
水タンク容量  :1.3L
外形寸法    :195mm(幅)、240mm(奥行)、420mm(高さ)
本体質量    :2.9kg
電源コード長  :約1m
定格消費電力  :1,000W
定格電圧/周波数:AC100V 50/60Hz

<付属品>
パーマネントフィルター 1個、計量スプーン 1個、取扱説明書

<販売場所>
大型家電量販店、デバイスタイルオンラインショップ他
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る