• トップ
  • リリース
  • コールセンター向けCTI「InfiniTalk」初のパートナー向けプログラムを4月20日開始

プレスリリース

  • 記事画像1

インフィニトーク株式会社

コールセンター向けCTI「InfiniTalk」初のパートナー向けプログラムを4月20日開始

(@Press) 2017年04月17日(月)14時00分配信 @Press

コールセンター向けCTIサービスを提供するインフィニトーク株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 保勝、以下 インフィニトーク)は、これまで直販のみでのサービス展開を行ってきましたが、2017年4月20日よりパートナー向けプログラムを開始し、InfiniTalkクラウドサービスの拡販を行います。


■概要
これまで参入出来なかったマーケットに商品を拡販していくために、またエンドユーザーやパートナーから顧客ニーズをすばやく把握し、商品をアップグレードするためにパートナーを募集いたします。
特に、CRM、ECカートなど、コールセンターやオフィス向けに商材の取り扱いを行っている企業を募集します。
http://www.infinitalk.co.jp/partner


■エンドユーザーとの契約
パートナー企業は、エンドユーザーの要望をつかみ、実現したいサービス内容を把握した上で、インフィニトークにご紹介いただきます。契約及びその後のサポートは、エンドユーザーとインフィニトークが直接行います。
https://www.atpress.ne.jp/releases/126447/img_126447_1.jpg


■コミッション例
クラウドサービス成約時は、1年間の中で3回のお支払を行います。

<20席のコールセンターを受託した場合の例(税別)>
・コールセンター席数
20席
・1回目 ご利用3か月後
20万円
・2回目 ご利用6か月後
20万円
・3回目 ご利用12か月後
40万円

※1年の間に席数が増減した場合、3か月の平均席数で計算し、席数に応じたコミッションのお支払いを行います。


■プログラム内容
・InfiniTalkのパンフレットなど資料の提供
・InfiniTalkの教育の実施
・成約に至るまでの、営業サポート、デモの実施


■主な代理店の条件
・代理店は、インフィニトークの商品を利用している顧客に対し、競合他社商品のアプローチを行わないこと。
・仲介した顧客に未払いが発生した場合は、代理店へ成功報酬のお支払いは行わないこと。
・法人向け商品販売の経験があり、インフィニトークの代理店条件に合致していること。


【CTI「InfiniTalk」について( http://www.infinitalk.co.jp/ )】
オープンソースソフトウェア“Asterisk(R)”をベースに開発したCTIです。ACDやIVRをはじめ豊富な機能性をもち、設定変更が簡単に行える操作性を実現。規模に応じたライセンスや機能追加できる拡張性を備えております。
300社10,000席以上の導入実績があり、コールセンター運営会社をはじめ、業界業種問わずご利用いただいております。ご利用内容や規模、ご予算に応じた柔軟なシステム構成でサービスをご提案いたします。

【インフィニトーク株式会社 会社概要】
1999年創業。日本でLinux(R)の活用を開始したパイオニアであり、オープンソース技術Asterisk(R)を活用したCTI製品「InfiniTalk(R)」の開発・販売・保守サービスおよび、OEM提供を行っています。

・所在地  〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目6番7号 九段NIビル3階
・設立   1999年8月30日
・資本金  7,650万円
・URL   http://www.infinitalk.co.jp/

※「InfiniTalk」はインフィニトーク株式会社の登録商標または商標です。
※「Asterisk」は米国Digium社の登録商標または商標です。
※「Linux」はLinus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る