• トップ
  • リリース
  • ビクトレックス社、PEEKファイバーのリーディング・カンパニー英Zyex社を買収

プレスリリース

  • 記事画像1

ビクトレックスジャパン株式会社

ビクトレックス社、PEEKファイバーのリーディング・カンパニー英Zyex社を買収

(@Press) 2017年04月14日(金)10時30分配信 @Press

超高性能PEEKポリマーの分野で世界をリードするビクトレックス社(本社:英国ソーントン・クリーブリーズ)は2017年4月6日、PEEKファイバーのリーディング・カンパニーである英Zyex社を買収したことを発表しました。Zyex社は主に航空宇宙、自動車分野および一般工業用途向けにPEEKファイバーを供給しており、ビクトレックス社はこの買収でフィルム、コーティング、パイプにファイバーを新たに加え拡充したPEEKソリューションを提供していくことになります。

Zyex社はビクトレックス社と同じく旧ICI(Imperial Chemical Industries:英国)を母体とした会社で、両社はこれまでも長期にわたる戦略的パートナーでありました。本買収によってビクトレックス社はファイバーの成形加工とPEEKポリマーのノウハウの統合による世界トップクラスのPEEKファイバーの製造会社となります。2016年7月に発表された、ビクトレックスが参加する3Dプリンティングの技術開発を目的とした業界コンソーシアムにおいては、この統合がPEEKファイバーのプリンティング技術開発を進める足がかりになることが期待されています。


■ビクトレックス社CEOのデビッド・ハメルのコメント
“Zyex社のファイバー成形加工における技術力と当社のグローバル展開および新規用途の開発力の統合は、今後の当社の長期的な成長を支える基盤の強化となります。この動きはPEEKポリマーの特性をフルに活かした強い差別化がはかれる加工品や部品開発を内製化し、新規市場を創出していくという当社の長期戦略にもよく合致しています。”


Zyex社のPEEKファイバー製品は製造工程における搬送用ベルトや浄化フィルター、ワイヤーハーネスなどにも採用されており、イギリス中部のグロスターシャーに製造拠点を構えています。


ビクトレックス社は近年成長基盤の強化を目的とした投資を積極的に行っています。2016年12月に英Magma社と原油輸送用のコンポジットパイプm-pipe(R)の共同開発に投資、2017年2月には米Tri-Mack社と航空機向けPAEKコンポジット部品の製造開発に特化した合弁会社TxV Aero Compositesを設立しました。


注1) PAEK = ポリアリルエーテルケトン、PEEKをはじめとする高性能ポリケトン類の総称
注2) ZyexはZyex社の登録商標です
注3) m-pipe(R)はMagma社の登録商標です


■ビクトレックス社について
ビクトレックス社(Victrex plc)は英国に本社をおく、VICTREX PEEKを中心とした超高性能ポリマー製造開発におけるリーディング・カンパニーです。35年以上にわたって航空宇宙、自動車、エレクトロニクス、エネルギーおよび医療の各産業に向けて最先端ポリマーソリューションを提供し続けており、スマートフォン、航空機や自動車の構造部品、石油・ガスの採掘現場からインプラント用医療機器にいたるまで世界中で広く使用されています。詳細については当社ウェブサイト( http://www.victrex.com/jp )をご覧ください。

※VICTREX(TM), APTIV(TM), VICOTE(TM), VICTREX PIPES(TM), VICTREX HT(TM), VICTREX ST(TM), VICTREX WG(TM), PEEK-ESD(TM) および当社ロゴはビクトレックスplcおよびそのグループ会社の商標です。
Copyright (c) 2017 Victrex plc


(本リリースは英国本社発表内容の和訳です)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る