• トップ
  • リリース
  • オモろっこープロジェクト 第2弾「 ヤマスタ in 六甲山 」〜 六甲山の名所を巡ろう!スマホで参加するスタンプラリー開催 〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

阪神電気鉄道株式会社

オモろっこープロジェクト 第2弾「 ヤマスタ in 六甲山 」〜 六甲山の名所を巡ろう!スマホで参加するスタンプラリー開催 〜

(@Press) 2017年04月11日(火)17時45分配信 @Press

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)は、六甲山上で複数のレジャー施設を運営しており、シーズン問わず多くの皆様にご利用いただいております。2017年3月より、「六甲山での面白いこと、楽しいこと」をテーマに、四季折々の六甲山・摩耶山の魅力を発見・発掘し、情報発信することで幅広い方々の関心を高めることを目的に「オモろっこープロジェクト」が始動しています。

この度、「オモろっこープロジェクト」の第2弾として、2017年4月1日(土)〜12月15日(金)までの期間中、スマートフォンを使って参加できる山のスタンプラリー「ヤマスタ in 六甲山」を開催します。六甲山上の絶景ポイントや、名所をアプリでスタンプを集めながら巡る、登山やハイキング等のアウトドアアクティビティの新しい楽しみ方です。

※「ヤマスタ」とは、株式会社山と渓谷社が制作したスマートフォン専用アプリ。日本初の山専用スタンプラリーアプリで、あらかじめ指定されたポイントでチェックイン(位置確認)することで利用者はデジタルスタンプを獲得できる仕組みとなっている。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/126381/img_126381_1.jpg

■「ヤマスタin六甲山」概要
スマートフォンで参加する山のスタンプラリー「ヤマスタ in 六甲山」を開催します。本スタンプラリーでは、「六甲山上周遊コース」と「六甲縦走コース」の計2コースを設定しており、各コースに設定された10箇所のチェックポイントでスタンプを全て集めることで、オリジナル限定ピンバッチ(先着850名様)や、ヤマスタ認定証をプレゼントします。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/126381/img_126381_2.jpg

【開催期間】
2017年4月1日(土)〜12月15日(金)

【参加料金】
無料

【参加方法】
専用のスマートフォンアプリをダウンロードし、所定の絶景ポイントで自分の現在位置でチェックインすると登頂記念のスタンプが獲得できます。スタンプはポイント毎にすべて異なるデザインをご用意。まずは以下のURLまたはQRコードからアプリをダウンロード。
http://yamasta.yamakei.co.jp/
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/126381/img_126381_3.jpg

【対応機種】
iPhone、Android

【コース設定】
◎六甲山上周遊コース
(1)六甲山最高峰 (2)六甲ガーデンテラス (3)天狗岩 (4)天覧台
(5)三国池 (6)ダイヤモンドポイント (7)穂高湖 (8)掬星台
(9)摩耶山最高峰 (10)神戸市立森林植物園(正門前)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/126381/img_126381_4.jpg

◎六甲縦走コース
(1)六甲山最高峰 (2)六甲ガーデンテラス (3)長峰山 (4)摩耶山 (5)高取山 (6)旗振山 (7)横尾山
(8)菊水山 (9)鍋蓋山 (10)市ヶ原

※上記記載の周遊番号は順不同です


<リリースに関するお問い合わせ先>
六甲山観光株式会社
TEL:078-894-2210/FAX:078-894-2088
<アプリに関するお問い合わせ先>
株式会社山と渓谷社 ヤマスタ事務局03-6744-1907

六甲山観光株式会社 https://www.rokkosan.com/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4968.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る