• トップ
  • リリース
  • IEEEがプレスセミナーを開催『VR/ARの現状と未来への展望』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

IEEEがプレスセミナーを開催『VR/ARの現状と未来への展望』

(@Press) 2017年04月12日(水)14時30分配信 @Press

IEEE(アイ・トリプル・イー)は、『VR/ARの現状と未来への展望』と題したプレスセミナーを2017年2月16日(木)に東京・大手町で開催いたしました。今回は、VR(人工現実感)/AR(拡張現実感)やウエアラブル端末のほか、それらを活用した身体性拡張などの研究で知られる稲見 昌彦先生(東京大学先端科学技術研究センター教授)にご登壇いただきました。
今回のセミナーでは、ヘッドマウント型のVRゴーグルの登場や、VRを使ったスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の世界的な大ヒットで盛り上がるVR技術の現状を中心に、AR、各種センサー、ロボットなどの先端技術を使った世界の最新研究成果とそれらがもたらす未来の姿などを稲見先生が紹介しました。


■VR/ARの歴史と現状
稲見先生は、VRの定義について「存在しないものを、そこにあるかのように出す」ものだと解説します。古くは古典落語「だくだく」で、家財道具を絵でごまかし、火災道具はなくても「あるつもりでいいんだ」という台詞もあるそうです。その「つもり」を視覚などの感覚へ外側から働きかける技術が進化しているのがVRです。
ヘッドマウント型のVRゴーグルが各社から発売されています。中でも、アメリカ・マイクロソフトの「ホロレンズ」は外側の空間を認識するカメラを備え、非常に高精度に位置を認識することで、VRの画像のズレを少なくできています。開発キットも公開され、だれでも比較的容易にVR技術を活用したアプリケーションを開発できるようになっています。高性能の機器が安価に手に入る状況と、それを自由に活用できる環境が、VRの普及を促進することになります。
ちなみにVRのVirtual(実質的)がなぜ「仮想」と訳されるようになったか。稲見先生によると、日本の大手システムエンジニアの方がVirtual memoryを「仮想記憶」と翻訳したからで、その方は「もっと良い訳があった」と悔やんでいたそうです。

世界的なVR研究の“始祖”はアメリカの計算科学研究者アイヴァン・サザーランド博士で、1965年にアイデアを出し、1968年にヘッドマウント型の3次元ディスプレイを製作しました。宇宙開発と同様、新しいフロンティアとしてサイバースペースが注目され、研究が続いてきました。アメリカ航空宇宙局(NASA)は1985年にヘッドマウントディスプレイ(HMD)「バーチャルワークステーション」、1989年にはアメリカ・VPLリサーチが「eye phone」を出すなど、約25年周期でVRのブームが起きてきたと稲見先生は説きます。昨今のVRブームは、アメリカ・アップルのスマートフォン「iPhone」がカメラやセンサーなど必要な技術を小型で安価にしたことから、一気にVR技術が手軽かつ高度化したことが契機だということです。稲見先生は「VRテクノロジーの民主化」と表現しています。


■VR/ARがもたらす利便性
VRは主にゲームでの利用が盛んです。日本でもVRを活用したアプリ開発のスタートアップ企業を支援する動きなども出ています。しかし、「身体を介して体験をパブリッシュ(記憶し電送・再生)できるようにできれば、時空を超えて体験を共有できる」というVRの利点を生かす、研究やその成果が出ています。
愛知工科大学工学部の板宮 朋基准教授の研究室が開発した、HMDに360度方向に画像を表示する津波シミュレーターにも言及し、稲見先生は「震災は忘れたころにやってくるという言葉がある。仮想でも一人称で体験すれば、映像などの媒体を通すより忘れなくなる」と強調します。
遠隔情報伝達技術との組み合わせで、触覚などの感覚を伝える成果もユニークです。慶應義塾大学メディアデザイン研究科の「SMASH」は、リング型のデバイスに心臓の鼓動をバイブレーションとして伝えるシステムです。対話する相手がデバイスを握ると、相手の心拍が伝わり、感情をより深く理解することができます。発売されたばかりの有名ゲーム機も振動による触覚の演出で没入感を深めます。触れた感覚を超音波で与える研究や、嗅覚を遠隔で伝える研究などもあります。


■今後の可能性
稲見先生は、VR/ARの進化が「身体のバーチャル化」をもたらすと説きます。昨今人気のアニメ映画でも、相手に入り込む、相手に“変身”することで、相手をより深く理解できます。スポーツ選手の頭に全方向カメラをつければ、HMDを介し一流選手と同等の競技を体感できます。筑波大学の研究では、子供の視点のカメラ映像をHMDで見ることで、子供がどういう視点で生活しているかを体験できます。こうしたVR技術で相手への偏見も減るということです。対話では足りない要素を体験で補うことができます。

テレプレゼンス・テレエグジステンスといった遠隔と体験を結ぶ技術への応用も期待できます。ロボットを遠隔で操作すれば、操作者の能力や場所を問わず、有効活用できます。身体の移動コストがゼロになり、ポスト身体社会が訪れることになります。例えば、時差を利用して日本、アメリカ、ヨーロッパの人員に一つの工場で働いてもらい24時間稼働する、といったこともできるようになります。
「誰もが好きなときに能力を発揮できる世の中になる」と稲見先生は言います。HMDの一層の進化や、ウェアラブルセンサーや人工知能(AI)といった先進技術との組み合わせにより、あらゆる身体拡張も期待できます。身体の欠損をロボット技術で補完したり、人体だけでは出せない能力を生かしたスポーツをしたり、といったことが当たり前になるかもしれません。稲見先生は「IoT(モノのインターネット)が急速に普及する中、VRがビジュアライザー(投影装置)となりサービスが発展するのでは」としています。


■IEEEについて
IEEEは、世界最大の技術専門家の組織であり、人類に恩恵をもたらす技術の進展に貢献しています。160カ国、40万人以上のエンジニアや技術専門会の会員を擁する非営利団体で、論文誌の発行、国際会議の開催、技術標準化などを行うとともに、諸活動を通じて世界中の工学やその他専門技術職のための信用性の高い「声」として役立っています。

IEEEは、電機・電子工学およびコンピューターサイエンス分野における世界の文献の30%を出版、2,000以上の現行標準を策定し、年間1,800を超える国際会議を開催しています。

詳しくは http://www.ieee.org をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る