• トップ
  • リリース
  • 飛騨 高山町家『惣四郎』で着物や帯をガラスに封じ込めたガラスアート展覧会『和硝子の世界』4月14日〜5月14日開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

和硝子屋株式会社

飛騨 高山町家『惣四郎』で着物や帯をガラスに封じ込めたガラスアート展覧会『和硝子の世界』4月14日〜5月14日開催

(@Press) 2017年04月12日(水)11時30分配信 @Press

和硝子屋株式会社(本社:京都市東山区、代表取締役:横田満康)は、高山市にて高山市景観デザイン賞を受賞した飛騨 高山町家「惣四郎」にて、和硝子の作品を多数展示する展覧会『和硝子の世界』を、2017年4月14日(金)から2017年5月14日(日)まで開催いたします(入場無料)。


【『和硝子』について】
着物ガラスART「和硝子」とは、京友禅の着物や西陣織の帯そのものをガラスに封じ込めた、今までにないガラスアートです。
http://www.kyoto-waglass.com/


■着物ガラスアート『和硝子の世界』開催の背景
「着物」や「帯」は、日本の伝統技術で作られた最高の美術作品です。今の日本は着物を着る機会が少なくなっているため、最高の美術作品を作る職人の仕事が減り、技術を伝承することがとても難しくなっています。そのため日本の伝統美術がどんどん衰退している現状を憂え、何百年・何千年も受け継がれた職人の技術を伝承することができないかと考えて和硝子が生まれました。

京都から発信し、名古屋城本丸御殿「孔雀の間」柿落とし展覧会では、20,000人以上の方にご覧いただき、アメリカでも好評を博している新しいアートである和硝子。
この度の展覧会は、飛騨高山で古民家再生プロジェクトとして古民家を改修し多目的に活用している株式会社 東海・ビルドが運営する高山町家『惣四郎』にて、最高の建築技術で改修された町家空間と和硝子の絶妙に掛け合わされたアート空間を是非ご覧にいただきたく実施いたします。
この雅で贅沢なコラボレーションを五感で感じていただき、常に進化していく和硝子をご披露させていただきます。


■展示概要
・「華 - HANAYAKA -」京都
 日本の古都としての華やかさを競うように生き続けた伝統 京着物と和ガラス
・「清 - KIYOI -」高山
 飛騨の厳しい自然の中から生きるために生まれた清らかな技 飛騨さしこ

※ 展覧会には一部、飛騨さしこも展示されます。


■開催概要
会場  : 高山町家『惣四郎』
展示期間: 2017年4月14日(金)〜5月14日(日)
開場時間: 9:30〜20:00
所在地 : 〒506-0084 岐阜県高山市上之一町102
URL   : http://www.tokai-build.com/kominkaproject


■会社概要
商号  : 和硝子屋株式会社
所在地 :〒605-0087 京都府京都市東山区元吉町70
代表者 : 代表取締役 横田満康
設立  : 2014年1月
事業内容: ガラスART販売
資本金 : 500万円
URL   : http://www.kyoto-waglass.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る