• トップ
  • リリース
  • 中国人消費者の動向、越境EC市場の解説セミナーを5月11日に東京・千代田区にて開催 販売チャネルとプロモーション手法に関する新サービスも紹介

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

中国人消費者の動向、越境EC市場の解説セミナーを5月11日に東京・千代田区にて開催 販売チャネルとプロモーション手法に関する新サービスも紹介

(@Press) 2017年04月19日(水)10時00分配信 @Press

中国ソーシャルメディアを中心としたマーケティングソリューションを提供しているFindJapan株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:西山 高志、以下 FindJapan)は、日本のメーカー様やディストリビューター様に向けて、中国人消費者の越境EC消費動向について理解を深めるためのマーケティング手法をご紹介するセミナーを東京で5月11日(木)に開催いたします。
更に同セミナーでは、越境EC攻略の手段として重要な、新しい販売及びプロモーションチャンネルをご提案する新サービスをリリースします。

詳細URL: http://find-japan.co.jp/lp/seminar.html


■セミナー開催の背景
2014年から始まった中国人による「爆買い」は終焉を迎え、今多くの日本メーカーは越境EC市場にシフトしようとしています。拡大し続ける中国越境ECのマーケットに対して、課題をお持ちの企業様が増えているのが現状です。FindJapanは2011年から「中国人消費者目線」で日本企業のマーケティング支援に取り組んで参りました。「中国人消費者」のライフスタイルは常に変化しております。
今回のセミナーでは「中国の消費者」の動向の理解を深め、越境EC市場で勝つための販売チャネルとプロモーション手法について新しいサービスをご紹介いたします。


■セミナー概要
講師 西山 高志(FindJapan代表取締役社長)

<プログラム>
第1部:中国越境EC市場の現状と消費者心理の理解
第2部:中国人消費者にリーチするためのマーケティング手法
第3部:中国人消費者に向けたプロモーション事例紹介
第4部:中国越境EC市場を攻略するための新販売チャンネルとマーケティング手法

<開催日時・場所>
[東京]
日時  : 2017年5月11日(木) 13:30〜15:30(13:15〜受付開始)
場所  : 東京都千代田区神田駿河台4-6
      御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター1F ルームB
主催  : FindJapan株式会社
参加対象: 越境EC対策で課題をお持ちのメーカー様や
      ディストリビューターの皆様
参加費用: 無料
お申込先: http://find-japan.co.jp/lp/seminar.html
      (代理店様のご参加はご遠慮いただいております。)


■FindJapan株式会社について
2011年7月から中国最大のソーシャルメディアである「微博(Weibo)」の日本のオフィシャルパートナーとしてスタートし現在まで1,200社を超える日本企業にツールの導入支援を実施してきました。同時に「FindJapan」=「素晴らしい日本を中国へ」をコンセプトに自社微博のアカウントの運用を開始しました。
2013年から事業を拡大し「微博(Weibo)」中心の事業から総合的な中国ソーシャルマーケティングの実践を開始しました。「微博」「微信」「動画」「LIVE」「KOLマーケティング」「システム開発」「LP制作」などお客様の課題解決に必要なソリューションを幅広く提供し、解り辛い中国マーケティングを数値やデータに基づき分析する事で中国ソーシャルマーケティングの「PDCAサイクル」の構築に努めています。

会社名 : FindJapan株式会社
代表  : 代表取締役社長 西山 高志
設立日 : 2010年12月15日
資本金 : 265,500(千円)
所在地 : 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル 7F
事業内容: 中国向けプロモーション事業
      中国向けメディア事業
      「Weibo(微博・ウェイボー)」日本オフィシャルパートナー
URL   : http://www.find-japan.co.jp/ (コーポレートサイト)
      https://weibo-japan.com/ (プロモーション事例紹介)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る