• トップ
  • リリース
  • 独特な甘味でコーヒー通を唸らせる『ブルーマウンテン』天災による減産が続く最高クラスの品種を土居珈琲にて販売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社土居珈琲

独特な甘味でコーヒー通を唸らせる『ブルーマウンテン』天災による減産が続く最高クラスの品種を土居珈琲にて販売

(@Press) 2017年04月12日(水)11時30分配信 @Press

株式会社土居珈琲(所在地:大阪府堺市、代表取締役社長:土居 陽介)は、この10年間で大幅な減産が続いているコーヒー豆『ブルーマウンテン銘柄』を40年以上取引実績を重ねる独自ルートより買い付け、販売しております。


■天災により『ブルーマウンテン銘柄』が大減産
独特の上質な「甘味」を持つことから、日本のコーヒー通に人気が高い『ブルーマウンテン銘柄』が、この10年間において大幅な減産となっています。

減産の理由として3つ挙げられます。産地国であるジャマイカに、“アイバン”、“エミリー”、“サンディ”など大型ハリケーンが複数回直撃したこと。コーヒーの樹の大敵である“サビ病”が蔓延したこと。それに加えて、深刻な干ばつに見舞われたからです。

現状、輸入されたものの中には、生産量を増やすために従来の規格に満たないものを混ぜ合わせて増産したものも見受けられる状態になっています。


■独自ルートで高品質な『ブルーマウンテン銘柄』を仕入れ販売
インターネットで全国に販売している株式会社土居珈琲においては、この状況下でも、40年以上取引実績を重ねる独自ルートより『ブルーマウンテン銘柄』を買い付け、販売しています。高額な商品でありながら、多くのコーヒー通より注文が殺到しています。

<ブルーマウンテン銘柄>
http://www.doicoffee.com/product/bluemountain_013_011/index.html


【ブルーマウンテンNO1 ウォーレンフォード】
ジャマイカ産のブルーマウンテンの中でも高い品質を誇る「ウォーレンフォード」規格のもの。「ウォーレンフォード」規格は、最高品質ブルーマウンテンの証。厳しい基準を満たした「完璧なコーヒー」だけに与えられる称号です。「ウォーレンフォード」規格の中でも、豆の大きいものだけをそろえたNO1規格のものをご用意しました。

販売料金: 7,722円(税込)
内容量 : 200g
URL   : http://www.doicoffee.com/product/013/jamaica-bluemountain.html


【ハイマウンテン バロンホール農園】
“隠れた名品”『ハイマウンテン』。ご用意したのは、バロンホール農園のもの。品質の安定感はジャマイカ随一と評され、世界的に知名度が高い農園です。その中でも、今回は最上ランク品の「ティピカ」のロットをご用意しました。

販売料金: 4,968円(税込)
内容量 : 200g
URL   : http://www.doicoffee.com/product/012/jamaica-highmountain.html


【会社概要】
商号  : 株式会社土居珈琲
所在地 : 〒592-8343 大阪府堺市西区浜寺元町4-496-1
代表者 : 代表取締役社長 土居 陽介
事業内容: コーヒー通販
URL   : http://www.doicoffee.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る