• トップ
  • リリース
  • 製造からシステムまで提供する「SWAMP」を採用した盗難自転車の捜索支援サービス「ペダルノート」がリリース〜盗難自転車をBeacon技術で探すことが可能に〜

プレスリリース

  • 記事画像1

製造からシステムまで提供する「SWAMP」を採用した盗難自転車の捜索支援サービス「ペダルノート」がリリース〜盗難自転車をBeacon技術で探すことが可能に〜

(@Press) 2017年04月10日(月)13時30分配信 @Press

場所+アプリコンテンツをつなげるBeaconインフラサービス「SWAMP」を提供する3bitter株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐久間 諒、以下 3bitter)は、この度3bitterが開発協力を行いSWAMP及びSWAMP SDK、3bitter Beaconを採用した盗難自転車捜索支援サービス「ペダルノート」が株式会社ペダルノート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小原 芳明)からリリースされたことを発表いたします。

ペダルノート: https://owner.pedalnote.jp/


<製品特徴と生まれた背景>
自転車盗難の被害は、都内では年間50,000件(※)以上発生しており、一日あたりにすると130台以上の自転車の盗難が発生している事になります。また、自転車のネット流通が進み、スポーツ自転車の人気上昇も相まって転売目的での盗難も多くなり社会問題化しています。
この社会問題に対して、ペダルノートは日本で広く普及が進んでいるモバイル端末と低価格なBeaconを利用して盗難自転車を探すサービスの開発に取り組む中で、低コストでの自転車取付デバイスの開発や、信頼性の高いトラッキングシステムの開発に高い関心を持っていました。

※出典:警視庁Webサイト

3bitterのSWAMPサービスは、ワンストップで製造からシステムまで提供できる点、3d Beaconのコピー対策等のセキュリティを評価され、この度の採用に至りました。3bitterはペダルノートのビジネスを支援し自転車の盗難被害増加に歯止めをかけ、自転車オーナーが安心してサイクルライフを送っていただけるような社会を創っていきます。

3d Beaconはデジタルコンテンツの不正取得等の不正行為対策に加え、店舗等の場所を利用したリアル連動施策におけるポイントサービスやスタンプラリー、ソーシャルチェックイン、ARコンテンツ施策での付与インセンティブの向上や、見守り等におけるストーキング防止に有効と考えられます。Beaconを利用した施策をよりインセンティブ性の高いユーザ体験へ引き上げることでユーザの活性化を行えると考えております。


<ペダルノートとは>
PedalNote(ペダルノート)は国内初の自転車オーナーのための補償付き盗難対策サービスです。
ペダルノートはサービスに捜索協力ユーザーへの報酬・自転車の持ち主への補償の両面をカバーする保険が組み込まれており、店頭で接客・販売されます。
ペダルノートユーザーは、自転車が盗難された場合、ビーコンとアプリを活用して全国の捜索担当ユーザーに報酬付きの捜索依頼を出すことができます。また、もし一定期間自転車を捜索しても見つからなかった場合、プラン毎に設定されたお見舞金を受取ることができます。

2017年4月7日現在でスポーツサイクルの取扱に強みを持ち全国的に展開するワイズロード(株式会社ワイ・インターナショナルが運営)を始め多数のサイクルショップとの販売提携しています。

ペダルノートサービスURL: https://owner.pedalnote.jp/


<SWAMPとは>
3bitterの提供する、Beacon技術を用いてコンテンツとリアルな場所と連携するためのBeacon領域サービスです。

URL: https://3bitter.com/#SWAMP


<会社概要>
3bitter株式会社は、Beacon技術をO2Oだけではなく、ユーザ間コミュニケーション・エンターテインメント・新規顧客獲得に利用しています。また、ハードウェア開発も行い低価格・小型の量産対応Beaconを製造しております。

会社名: 3bitter(スリービター)株式会社
本社 : 東京都渋谷区渋谷3-27-15 坂上ビル3F
設立日: 2014年12月
代表者: 代表取締役 佐久間 諒
URL  : https://3bitter.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る