• トップ
  • リリース
  • 【大会開幕まで3週間】『第8回世界盆栽大会inさいたま』大会参加登録1,200名の約6割が海外からの来日参加者となります

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

第8回世界盆栽大会inさいたま実行委員会

【大会開幕まで3週間】『第8回世界盆栽大会inさいたま』大会参加登録1,200名の約6割が海外からの来日参加者となります

(@Press) 2017年04月07日(金)10時00分配信 @Press

第8回世界盆栽大会inさいたま実行委員会(委員長:加藤初治)は、4月27日(木)から30日(日)まで、さいたま市のさいたまスーパーアリーナほかで世界中の盆栽愛好家が一堂に集い学び交流する『第8回世界盆栽大会inさいたま』を開催いたします。
本大会では、事前の参加登録で1,200名の参加者を募集しており、間もなく定員に達する見通しですが、その内、約6割に当たる700名超が海外からの来日参加者となる見込みです。(※1)

【公式URL】 http://world-bonsai-saitama.jp/


盆栽が“BONSAI”として海外でも広く知られるようになり、外国の方々が日本を訪れる際の観光コンテンツとして盆栽は広く人気を集めるようになりました。事実、本大会のサブ会場にもなる「さいたま市大宮盆栽美術館」や「大宮盆栽村」にも、連日多くの外国人旅行者の方々が足を運ばれています。

また、日本盆栽協会が毎年2月に東京都美術館で開催している「国風盆栽展」(※2)でも、海外からの観覧来場者が年々増えており、観覧のみならず作品を出展する外国人盆栽作家も着実に増加の一途を辿っております。

こうした背景から、一般の方々に向けた展覧会として、本大会と併催する「日本の盆栽水石至宝展」にも、多くの外国人観光客の方々に訪れていただけることが見込まれ、大会関係者も、まさにさいたま市を中心としたインバウンド事業の一つとして、本大会ならびに至宝展に取り組んでまいります。


(※1) 2017年4月6日現在の登録見込み。
(※2) 日本最古の歴史を有する国風盆栽展。日本で最もレベルと格調の高い盆栽展として、海外でも広く知られている。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る