• トップ
  • リリース
  • 2017年度「看護の日・看護週間」中央行事 第7回「忘れられない看護エピソード」表彰式 観覧者150名をご招待!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

公益社団法人 日本看護協会

2017年度「看護の日・看護週間」中央行事 第7回「忘れられない看護エピソード」表彰式 観覧者150名をご招待!!

(@Press) 2017年04月07日(金)13時30分配信 @Press

【登壇者】 特別審査員 内館牧子さん(脚本家)
      「看護の日」PR大使・ゲスト審査員 川島海荷さん(女優)
【開催日時】5月7日(日)14:00〜16:00
【開催場所】日本看護協会 JNAホール(東京都渋谷区)

 公益社団法人 日本看護協会(所在地:東京都渋谷区/会長:坂本すが)は、5月12日『看護の日』を控えた5月7日(日)に開催する第7回「忘れられない看護エピソード」表彰式・トークショーの観覧者150名様を募集します(4月20日応募〆切)。

 「忘れられない看護エピソード」は、厚生労働省と日本看護協会が「看護の日・看護週間」にあたって、看護職や一般の方々を対象に看護の現場で体験した心温まるエピソードを募集するものです。第7回となる今回は、全国各地から過去最多の3,578作品が集まりました。
 当日は、入賞作品の発表や最優秀賞受賞者の表彰のほか、特別審査員・内館牧子さん(脚本家)の講評、ゲスト審査員で「看護の日」PR大使でもある川島海荷さん(女優)による最優秀作品の朗読やトークショーを行います。また、入賞作品の中から映像化した1作品を会場で初めて公開します。


<看護の日について>
 「看護の日」の5月12日は、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんだもので、中島みち氏(ノンフィクション作家)の発案・呼びかけにより日野原重明氏(医師)、橋田壽賀子氏(脚本家)、柳田邦男氏(作家)など、市民・有識者による「看護の日の制定を願う会」の運動をきっかけとして、1990年12月に制定されました。以来、5月12日を含む日曜日から土曜日までを「看護週間」(本年度は5月7〜13日)とし、毎年、厚生労働省と日本看護協会が中心となり、全国各地で看護に関連したイベントや活動を行っています。


■応募要項
【日時】  :5月7日(日)14:00〜16:00
【会場】  :日本看護協会 JNAホール(東京都渋谷区神宮前5-8-2)
【ご招待数】:150名様
【申込方法】:1. 郵便番号 2. 住所 3. 氏名 4. 年齢 5. 電話番号
       6. 職業 7.観覧希望人数を明記の上、
       はがき、FAX、Eメールのいずれかで送付
【申込締切】:4月20日(木)必着
【申込先】 :〒164-0011 東京都中野区中央 2-37-6 第7新栄ビル 2F
       第7回「忘れられない看護エピソード」表彰式観覧申込事務局
       FAX  : 03-5925-2703
       Eメール: kango2017@jimukyoku-moushikomi.jp
【お問合せ】:03-5989-1853(10:00〜18:00、土日除く)

※申し込み多数の場合は抽選とし、当選者には観覧券をお送りします(交通費・宿泊費などは各自ご負担ください)。
※申し込み時の個人情報は、観覧券の発送・当日の受付など本表彰式運営のためにのみ使用します。
 業務委託先以外の第三者へ開示、提供することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。


■第7回「忘れられない看護エピソード」概要
【部門・応募資格】:1. 看護職部門…現在、国内で看護職に就いている方、
                  または過去看護職に就いていた方
          2. 一般部門 …日本国内在住の方
【募集内容】   :「看護」を通して得られた忘れられない思い出や
          エピソードについて
【募集期間】   :2016年11月1日(火)〜2017年2月3日(金)
【応募作品数】  :3,578作品(昨年度 3,305作品)
【表彰・副賞】  :■最優秀賞 …賞金20万円(各部門1作品)
          ■内館牧子賞…賞金10万円(各部門1作品)
          ※上記受賞作品の中から1作品をショートムービー化
          ■優秀賞  …賞金3万円(各部門3作品)
          ■入選   …ナースキティオリジナルぬいぐるみ
                 (各部門5作品)
          ■応募者全員…第7回入賞作品収載の小冊子
                  (「忘れられない看護エピソード」集)
【審査員】    :特別審査員  内館牧子さん(脚本家)
          ゲスト審査員 川島海荷さん(「看護の日」PR大使、女優)
                 厚生労働省・日本看護協会関係者など
【主催】     :厚生労働省、日本看護協会


■「看護の日・看護週間」中央行事連動イベント
・連動イベント1
 5月7日(日)、日本看護協会ビル前にて、毎年「看護の日」を応援してくれているハローキティとともに、お子さま向けのナースウェア試着体験・記念撮影、「看護の日」オリジナルグッズの配布など、連動イベントを行います。

  日時:5月7日(日)12:30〜
  場所:日本看護協会ビル前スペース(東京都渋谷区神宮前5-8-2)
  対象:ご通行中の一般の方々
     ※ナースウェア試着体験・記念撮影は、整理券が必要になる場合があります。

・連動イベント2 特別企画展 第7回「忘れられない看護エピソード」入賞作品展示
 第7回「忘れられない看護エピソード」の最優秀作品、内館牧子賞、優秀賞、入選の20作品をパネル展示します(入場無料)。ご来場の方には、入賞作品を収めた小冊子を差し上げます(なくなり次第終了)。併せて、お子さま向けのナースウェア試着体験・記念撮影も実施予定。

期間:5月8日(月)〜6月30日(金)10:30〜17:00(13:00〜14:00を除く)
   土・日曜は休館
場所:日本看護協会ビル3F JNAプラザ(東京都渋谷区神宮前5-8-2)


■川島海荷さんのPR大使就任について
 2017年度は「看護の日・看護週間」PR大使として、ドラマや情報番組などでも活躍する女優の川島海荷さんが就任しました。第7回「忘れられない看護エピソード」のゲスト審査員を務め、5月7日に開催する同エピソードの表彰式で登壇するほか、5月12日の「看護の日」当日に実施するイベント(看護学生に向けた入賞作品の朗読会&トークセッション、別途ご案内予定)に登場するなど、看護の心を伝えるさまざまな活動に協力していただきます。

●川島海荷さんのPR大使就任のコメント
 この度「看護の日」PR大使に任命していただきました!
とても光栄ですし、きちんと任務を努めたいと思います。

【川島海荷さん プロフィール】
生年月日:1994年3月3日
出身地 :埼玉県
趣味  :読書・料理
特技  :ピアノ

2006年女優としてデビュー。以降、ドラマ「ブラッディ・マンデイ」(TBS)、「高校生レストラン」(NTV)、「ぴんとこな」(TBS)、「花燃ゆ」(NHK大河)、映画「私の優しくない先輩」、「怪物くん」、「星守る犬」をはじめ、数々の作品に出演。2016年10月より、日本テレビ系情報番組『ZIP!』(月〜金曜日5:50〜8:00)で総合司会として出演中。


<公益社団法人 日本看護協会 概要>
名称 : 公益社団法人 日本看護協会
所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2
TEL  : 03-5778-8831
会長 : 坂本すが
設立 : 1947年
概要 : 保健師・助産師・看護師・准看護師の資格を持つ個人が自主的に
     加入して運営する、日本最大の看護職能団体です。現在約71万人の
     会員が入会し、47都道府県看護協会と連携して、国民の健康と福祉
     に寄与するため、看護職能団体として質の高い看護サービスを提供
     するための活動を展開しています。
URL  : http://www.nurse.or.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る