• トップ
  • リリース
  • 体重やウエスト周囲径を減らす機能性関与成分(*1)を配合した機能性表示食品「メタバリア 葛(くず)の花イソフラボン」新発売

プレスリリース

  • 記事画像1

富士フイルム株式会社

体重やウエスト周囲径を減らす機能性関与成分(*1)を配合した機能性表示食品「メタバリア 葛(くず)の花イソフラボン」新発売

(@Press) 2017年04月05日(水)14時45分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、機能性表示食品「メタバリア 葛の花イソフラボン」を2017年4月10日から発売いたします。本製品は、体重やウエストの周囲径を減らすことが報告されている機能性関与成分「葛の花(*2)由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」を、1日の摂取目安量4粒あたり35mg配合しています。同成分には、基礎代謝を高めて脂肪の分解と燃焼を促進し、肝臓に運ばれた糖や、脂肪酸などの脂が中性脂肪になるのを抑制する作用があることが報告されています。

◆詳細はWebページをご覧下さい。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1171.html?link=atp

近年、自ら積極的に健康を管理するセルフメディケーションが重要視されていることを背景に、特に中高年の方を中心に、サプリメントを摂取するなど、手軽な健康管理を日々実践している方が増えています。当社はこれまで、「糖の吸収を抑える」、「腸内環境を整える」という2つの機能を持つ機能性表示食品「メタバリアS」(*3)やダイエットサポートサプリメント「メタバリアプレミアムS」など、お客さまの健康習慣をサポートする製品を発売し、ご好評をいただいてきました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/125984/img_125984_1.jpg

今回発売する「メタバリア 葛の花イソフラボン」は、無理な食事制限はせず、自分のペースで手軽におなかの脂肪を落としたい方や、肥満気味な方、BMI(*4)が高めの方などにおすすめです。
脂肪の分解と燃焼を促進する本製品と、糖の吸収を抑える機能性表示食品「メタバリアS」やサプリメント「メタバリアプレミアムS」を使用することで、より効率的な健康管理をサポートします。当社は、今後も科学的根拠に基づいた製品の開発を進め、機能性表示食品のラインアップを拡充していきます。
富士フイルムは、これまで「メタバリアS」などの機能性表示食品に加え、鮭やエビ・カニなどの甲殻類に含まれている赤い色素成分「アスタキサンチン」と健康成分「セサミン」を配合した「飲むアスタキサンチン」をはじめとするサプリメントを製品化してきました。今後も、より多くのお客さまのニーズを捉えた高品質かつ安心して摂取いただける製品を提供し、人々の健康に貢献していきます。

*1 機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」配合。同成分は、肥満気味の方の、体重やおなかの脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。
*2 日本に自生するマメ科の植物。古くから食品や生薬として利用されており、イソフラボンやサポニンなどの成分が豊富に含まれている。
*3 機能性関与成分「サラシア由来サラシノール」配合。同成分は、食事から摂取した糖の吸収を抑える機能と、おなかの中のビフィズス菌を増やして、腸内環境を整える機能があることが報告されています。
*4 Body Mass Indexの略。体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数。BMIは、「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で求められる。日本肥満学会では、BMIが25以上の場合を肥満としている。

富士フイルムニュースリリース一覧
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る