• トップ
  • リリース
  • およそ20年ぶりにハマスタに帰ってきた新リリーフカー「日産 リーフ」の完成を記念したスペシャル動画を4月4日(火)から公開中!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日産自動車株式会社 日本マーケティング本部

およそ20年ぶりにハマスタに帰ってきた新リリーフカー「日産 リーフ」の完成を記念したスペシャル動画を4月4日(火)から公開中!

(@Press) 2017年04月05日(水)17時15分配信 @Press

日産自動車株式会社は、横浜DeNAベイスターズとのスポンサーシップ契約を締結し、およそ20年ぶりに日産の広告看板とリリーフカーが横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムに帰ってきた記念に撮影したスペシャル動画を、4月4日(火)よりYouTube日産自動車公式チャンネルにて、公開しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/125965/img_125965_1.png

懐かしさを感じる歴代のリリーフカーや、新リリーフカーが完成するまでのタイムラプス動画を見ることができます。ご注目ください。


スペシャル動画URL: https://youtu.be/hk_-jv5vjNI
動画1:https://www.youtube.com/watch?v=hk_-jv5vjNI


リリーフカーとなった100%電気自動車「日産 リーフ」は4月4日(火)に行われた横浜DeNAベイスターズ 本拠地開幕戦となる横浜スタジアムでの巨人戦にて、横浜スタジアムに来場したファンの皆様に初めて披露されました。当日の試合では、「青」一色に染まった横浜スタジアムで、今永選手が初先発。そして3番手の三上選手が、開幕後初めて、リリーフカーに乗って登場し、横浜スタジアムにいる観客を驚かせました。

横浜スタジアムでは1990年代、「Be-1」、「エスカルゴ」などがリリーフカーとして活躍しましたが、今シーズンより再び、「日産インテリジェント・モビリティ」を最も象徴する車両である、CO2排出ゼロの100%電気自動車「日産 リーフ」と共に地元・横浜の地に帰ってきました。 日産自動車株式会社は、「日産 リーフ」を通して、横浜DeNAベイスターズを応援していきます。

「日産 リーフ」はグローバル累計販売台数が26万台という、販売台数世界No.1の電気自動車です。CO2排出ゼロの環境に優しいリリーフカーとして、投手陣をサポートします。


【ただいま!ハマスタ! 日産「リーフ」リリーフカーが横浜スタジアムに参戦】
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/125965/img_125965_2.png
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/125965/img_125965_3.png







歴代のリリーフカー「Be-1」 新リリーフカー製作中
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/125965/img_125965_4.png
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/125965/img_125965_1.png







新リリーフカー完成! ただいま!ハマスタ!


リリーフカー製作期間&製作者コメント
総製作期間は約2週間。

▼製作者コメント
リーフのデザインを壊さないように作るのはとても大変でしたが、リリーフカーならではの乗降口製作、リーフの曲線を生かしたリアデザイン、ステップをライトアップ仕様にするなど遊び心満載のクルマに仕立てました。「もっといいモノにしたい」という職人心をくすぐられるとても充実した制作の日々でした。実際に車両が完成してみると、エクステリアとしてリーフのオープンカー仕様は想像以上にカッコイイです。自分も後ろに乗ってみたいです。


日産 リーフ -車両概要-
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/125965/img_125965_5.png
「日産 リーフ」は2010年の発売以降、国内累計7万台を販売し、グローバルで累計26万台以上を販売している電気自動車です。日本国内の電気自動車のインフラ整備も加速的に進み、急速充電器は全国で7000基以上が設置完了しており、普通充電器と合わせると、全国で約23000基以上もの充電器が利用可能で、長距離走行も可能です。


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る