• トップ
  • リリース
  • 長時間バックアップ対応UPSを新発売 〜長寿命鉛蓄電池を標準搭載〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

長時間バックアップ対応UPSを新発売 〜長寿命鉛蓄電池を標準搭載〜

(@Press) 2017年04月10日(月)11時00分配信 @Press

株式会社YAMABISHI(本社:東京都太田区、CEO:蓮池 一憲)は、無停電電源装置(UPS)SFTシリーズに新たなラインナップを加え、2017年4月10日に発売いたします。常時インバータ給電方式による高性能・高信頼性、長寿命鉛蓄電池による高いコストパフォーマンスを兼ね備えたUPSです。


停電は企業の基幹システムをストップさせるため、停電が長時間にわたると甚大な被害を与えるおそれがあります。万が一停電したとしても、企業の重要システム、生産設備、放送設備等の停止を防ぐことが、企業の事業継続において重要となります。

ポピュラーな停電対策としてUPS、非常用発電機が知られています。しかしながら、一般的なUPSはバッテリー容量の制限からバックアップ時間は10分間程度のため、数時間に及ぶような突発停電が発生した場合、業務を継続させるだけの電力をまかなうことはできません。又、非常用発電機は長時間のバックアップが可能ですが、起動/停止時の瞬断・振動・騒音・寸法・燃料等の課題により設置が困難なケースも散在されます。

この課題のソリューションとして、本UPSを開発いたしました。負荷の容量に応じて数十分〜数日間のバックアップが可能です。停電/復電時の切替は無瞬断のため負荷に影響を与えません。長寿命鉛蓄電池(期待寿命約10年間)を採用し、UPSの運用に必須となるバッテリー交換コストの低減も実現いたします。

東日本大震災以降、事業継続計画(BCP)への意識が高まり、各企業において対策が進んでおります。当社はUPSの導入を通じた停電対策により、企業のBCP対策に貢献して参ります。


◆「長時間バックアップ対応UPS SFT-Tシリーズ」の詳細はこちらから▼
http://www.sotuu.net/yamabishi/campaign201704.html


◆主な用途
重要負荷の長時間バックアップ用
非常用発電機の設置が困難な環境下でのバックアップ用


◆特長
・高性能・高信頼性の常時インバータ給電方式
・停電/復電時の切替は無瞬断
・長寿命制御弁式鉛蓄電池を採用(期待寿命約10年間)
・蓄電池ユニットは3種類をご用意
  A型:バックアップ時間420分間(負荷容量1kVA/0.8kWにおいて)
  B型:バックアップ時間900分間(負荷容量1kVA/0.8kWにおいて)
  C型:バックアップ時間1,440分間(負荷容量1kVA/0.8kWにおいて)
  ※周囲温度25℃条件での期待値であり、保証値ではありません。
・運転を継続しながらバッテリー交換が可能
・豊富なオプション(入出力異電圧・出力分岐・アレスタ追加・塗装色変更等)


◆参考価格
型式      :SFT-5KHATA
入力      :三相3線 もしくは 単相2線 200V±10%
出力      :単相2線 200V±1.0%以下(検出点において)
容量      :5kVA/4kW
バックアップ時間:420分間(負荷容量1kVA/0.8kWにおいて)
参考価格    :3,810,000円(税抜)


■株式会社YAMABISHI会社概要
商号     :株式会社YAMABISHI( http://www.yamabishi.co.jp )
代表者    :CEO 蓮池 一憲
本社所在地  :東京都大田区大森北2-4-18
設立年月日  :1958年3月
主な事業の内容:電源装置の開発・製造・販売
資本金    :3,000万円
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る