• トップ
  • リリース
  • Veeva、データビジュアライゼーション・ツール「MyInsights」を搭載した「Veeva CRM」17R1をリリース!

プレスリリース

Veeva Japan株式会社

Veeva、データビジュアライゼーション・ツール「MyInsights」を搭載した「Veeva CRM」17R1をリリース!

(@Press) 2017年04月06日(木)11時00分配信 @Press

Veeva Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇)は、製薬業界向けのCRMシステム『Veeva CRM』の定期バージョンアップ(17R1)を、2017年4月8日に行います。

今回実行する17R1のアップデートでは、テリトリー内のインサイトを完全可視化しMR / メディカル / KAMを支援するデータビジュアライゼーション・ツール『MyInsights』の機能提供を開始するほか、日本のユーザーから要望の強かった『Approved Email』のBCC送信の実現、更にクローズドループマーケティング機能が製薬協のガイドラインに準拠しながら柔軟なデジタルプレゼンテーションができるようになる等、多くの機能追加を行っております。


【主な機能強化ポイント】
1. Veeva CRM MyInsights
『MyInsights』 は、『Veeva CRM』に組み込まれた現場MR / MSL向けのデータビジュアライゼーション・ツールです。現場ユーザー自身がCRMに集積される様々な行動データをより視覚的なレポートとして『MyInsights』上で参照いただけます。更にはHTML / JavaScriptフレームワークを活用し、各社にてレポートUIをカスタマイズする事が可能となり、『Veeva CRM』を活用する現場のユーザーに対して、アクションに素早く繋がるインサイトをこれまで以上に柔軟に提供いたします。

[1]主な特徴
(ア)現場エンドユーザー向けデータビジュアライゼーション・ツール
(イ)ライフサイエンス企業が従来BI等で提供していたMR向けレポートをCRMに内蔵
(ウ)柔軟性の高いフレームワークによってリアルタイムにインサイトを提供

[2]MyInsightsの活用イメージ
(ア)MRがリアルタイムに更新される自身のコール実績サマリを参照(Call per day、予定対実績回数比較等)
(イ)KOL医師専用のプロファイル詳細画面を訪問前に参照
(ウ)KAM用の病院攻略進捗確認ダッシュボードを活用した戦略立案
(エ)地域講演会等、企画しているイベントの承認状況の確認
(オ)担当医師の重要視するチャネル嗜好性を一覧で可視化
(カ)担当施設、医師のセールスステージの一覧

2. Approved Email BCC送信機能の実装
今回のバージョンアップにより『Approved Email』の送信時にBCCでの送信先設定が可能となります。日本ユーザーから特に要望の高かった機能であり、BCCの宛先に送信するMRの上司や本社企画部門を追加し、送信状況を社内で可視化する事も可能になります。またコプロ先の担当者をBCCに追加する事で、同一医師に対して活動している担当者同士の情報共有にも使う事ができるようになります。本機能は本社での一括BCC宛先設定とMRによる手動でのBCC宛先追加、どちらの設定にも対応しております。

3. メールプレビュー機能強化
今回のバージョンアップから、『Vault PromoMats』および『MedComms』にてApproved Emailのテンプレートを事前検証する事が可能になります。Vault PromoMats / MedCommsで作成したテンプレートを受信者側でどのように表示されるのかを事前にご確認いただけます。こちらのプレビュー機能は複数のメールクライアントに対応しております。

<対応クライアント>
●Desktop Email Clients
・Outlook 2007
・Outlook 2010
・Apple Mail 9
●Mobile Email Clients
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
●Tablet Email Clients
・iPad(Retina)
●Web Email Clients
・Outlook(Internet Explorer)
・Gmail(Google Chrome)
・Gmail(Internet Explorer)
・Yahoo(Internet Explorer)

4. CLMの製薬協ガイドライン対応
CLMのマイプレゼンテーション機能はユーザーが任意にプレゼンテーション構成を組み替える事ができる機能です。『Veeva CRM』では前回バージョンアップ時に、コンプライアンス遵守の観点から、組み替えを行ったそれぞれのスライドに対して、「必須スライド自動追加」、「必須スライドの並び替え」、「スライド削除の制御」、「重複排除」といったエンハンスを実現しております。

今回のバージョンアップでは、更に本社側でのマイプレゼンテーション機能で必須スライドを自動表示させない仕様を盛り込んでおり、現場MRがマイプレゼンテーションで変更を行った場合も、オリジナルのスライド構成を本社側では確保する事が可能となりました。

※その他、今回のバージョンアップにて多数機能強化を実施しています。


【Veeva CRMについて】
『Veeva CRM』は、製薬業界に特化したクラウドベースのCRMソリューションであり、CLM( Closed Loop Marketing )の機能が融合されたCRM+CLM一体型のソリューションです。また、アドオンソリューションとして、MRがコンプライアンスを維持しながら、簡単にメールを送信できる『Approved Email』や医療従事者がWeb上で、いつ・どのようなコンテンツを閲覧したか把握ができる『Engage for Portals』等を提供しています。マルチディバイスにも対応しており、PC、タブレットやiPadでのオフライン利用も可能です。

Approved Email
https://www.veeva.com/jp/products/multichannel-crm/approved-email/
Vault PromoMats
https://www.veeva.com/jp/products/content-management/vault-promomats/
MedComms
https://www.veeva.com/jp/products/vault-medcomms/
Veeva CRM
https://www.veeva.com/jp/products/multichannel-crm/crm/
Engage for Portals
https://www.veeva.com/jp/resources/veeva-crm-engage-datasheet/


【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソリューションを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで500社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。
詳しくは、 https://veeva.com/jp/ をご覧ください。


【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva's products and services, the results from use of Veeva's products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva's historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva's expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva's financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management's Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company's filing on Form 10-Q for the period ended October 31, 2016. This is available on the company's website at veeva.com under the Investors section and on the SEC's website at sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る