• トップ
  • リリース
  • 認知症になったときの相続問題に対する不安を解決 新しい相続のかたち「家族信託」セミナーを4/16に横浜で開催

プレスリリース

  • 記事画像1

一般社団法人 自由が丘相続ガーデン

認知症になったときの相続問題に対する不安を解決 新しい相続のかたち「家族信託」セミナーを4/16に横浜で開催

(@Press) 2017年04月05日(水)13時00分配信 @Press

 一般社団法人 自由が丘相続ガーデン(以下 自由が丘相続ガーデン)は、これまでの相続対策だけでは難しかった“認知症になったときの相続問題”をメインテーマとして、2017年4月16日(日)に横浜市でセミナーを実施いたします。


 2025年には、日本の認知症患者が700万人を突破すると予測され、65歳以上の高齢者のうち、実に5人に1人が認知症になると言われています。
 自由が丘相続ガーデンでは、もしも自分(家族)が認知症になった場合に「現金や不動産など、財産は誰がどのように管理する?」といった、相続に関する問題の解決策として「家族信託」をご提案しています。

 今回のセミナーでは、“認知症になったときの相続問題”に対する不安、悩みをお持ちの方を対象に、法律の専門家が「家族信託」についての事例を交えながら分かりやすく解説いたします。セミナー後は、個別にご相談いただける時間も設けております。


【こんな悩みをお持ちの方に】
・親が高齢のため、不動産やお金の管理を本人ができなくなる前に対策をしたい
・将来、老人ホームに入所を考えているが、不動産の賃貸や有効活用を検討したい
・親が賃貸マンションやアパートを所有しているが、自分が管理・売買したい


【セミナー概要】
セミナータイトル:新しい相続のかたち「家族信託」
         〜認知症になったら財産はどうなる?〜
主催  :一般社団法人 自由が丘相続ガーデン
日時  :2017年4月16日(日)
     [第1部]10:00〜11:00
      講師:菱田 陽介(ひしだ ようすけ)
         菱田司法書士事務所 代表司法書士
     [第2部]11:00〜12:00
      講師:留目 津(とどめ しん)
         アミエル税理士法人 代表税理士
     [個別相談]12:00〜
場所  :TKP横浜駅西口カンファレンスセンター カンファレンスルーム2
     (横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 横浜谷川ビルディングANNEX B2F)
対象  :50〜70代をメインとした、相続に不安、お悩みのある方
参加費 :無料
定員  :30名
申込締切:2017年4月14日(金)
申込方法:電話 0120-786-713


【一般社団法人 自由が丘相続ガーデンについて】
 当法人は、医療や介護に関する情報提供、相続や不動産、建築に関わるトラブルをワンストップで解決する専門家集団です。
 弁護士、司法書士、税理士、不動産鑑定士、一級建築士、看護師などの各専門家が集まり、各地で無料相談会や勉強会を開催しております。

代表者:留目 津(アミエル税理士法人 代表税理士)
所在地:東京都目黒区自由が丘1-14-15 Yashimaビル3F
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る