• トップ
  • リリース
  • ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」等、過去最多の17製品が世界的に権威のある「レッドドット・デザイン賞」を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

富士フイルム株式会社

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」等、過去最多の17製品が世界的に権威のある「レッドドット・デザイン賞」を受賞

(@Press) 2017年04月04日(火)09時45分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、ドイツ・エッセンを拠点とする「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」主催のプロダクトデザイン賞「レッドドット・デザイン賞 2017(red dot design award 2017)」において、大型センサーを搭載した小型軽量の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」をはじめとした主要17製品が受賞したことをお知らせいたします。

◆詳細はWebページをご覧下さい。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1172.html?link=atp
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/125850/img_125850_1.jpg
圧倒的な高画質と優れた操作性、高品位なデザインでプロカメラマンや写真愛好家などに高く評価されているデジタルカメラ「Xシリーズ」を中心に、2013年以降、当社製品は5年連続で「レッドドット・デザイン賞」を受賞しています。今回、当社として過去最多となる17製品を受賞しており、これは、最先端のニーズを取り入れた新しい製品コンセプトや優れた性能、そしてそれを実現する先進技術とクオリティー高いデザインが評価されたものと考えています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/125850/img_125850_2.jpg

「レッドドット・デザイン賞」は、1955年に設立された、国際的なプロダクトデザイン賞です。過去2年以内に販売が開始された製品を対象に、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査され、優れた製品に贈られます。同デザイン賞は、ドイツの「iFデザイン賞(iF design award)」、アメリカの「IDEA」と並び、世界三大デザイン賞のひとつに数えられる権威ある賞です

世界各国から寄せられた多くの応募の中から、多数の当社製品が「レッドドット・デザイン賞」に選ばれましたことを励みに、これからも優れた製品の開発に取り組んでいきます。

富士フイルムニュースリリース一覧
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る