プレスリリース

  • 記事画像1

LIFULL HOME'S、ドイツで不動産・住宅情報サービスを提供開始

(@Press) 2017年04月04日(火)12時15分配信 @Press

総掲載物件数No.1の不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)(旧社名:株式会社ネクスト、 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、このたび、ドイツ連邦共和国(以下、ドイツ)の不動産・住宅情報を提供するウェブサイト「LIFULL Immofinder(ライフル イモファインダー)」のサービスを提供開始いたしました。「LIFULL Immofinder」は、ドイツ国内の売買、賃貸物件情報をドイツ語で検索、問合せできる情報サービスです。

LIFULL Immofinder (PC・スマートフォン)
https://www.lifull-immofinder.de/
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/125810/img_125810_1.jpg
■「LIFULL Immofinder」の概要
「LIFULL Immofinder」は、ドイツ国内の不動産事業者から集めた売買、賃貸物件情報を国内外の購入、入居検討者向けに提供する不動産情報サービスです。サイトに訪れたユーザーは、住みたいエリアや希望のこだわり条件を簡単に設定して物件を検索でき、取扱い不動産会社に問合せることができます。当初は、ベルリン、ミュンヘンなどドイツの主要都市を中心に物件情報を提供し、2017年中にはドイツ国内2万物件の情報提供を目指します。

■LIFULLグループの海外事業戦略とドイツ展開の背景
当社グループでは、世界一のライフデータベース&ソリューション・カンパニーを目指し、世の中に溢れている大量の情報を蓄積・整理・統合し、情報を必要としているユーザーに対し、多様なデバイスを通じて最適な情報を提供することに取り組んでいます。主力事業の不動産情報サービス事業においては、世界各国の不動産情報を集約し、多言語で利用できる総合情報サイトの提供を目指し、現在インドネシア、オーストラリアに事業展開しております。また、2014年11月に連結子会社化した、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」を運営するTrovit Search, S.L.のサービス提供対象国は53ヶ国(2017年4月現在)まで拡大しました。このたびは、新たな国でのサービス展開として「LIFULL Immofinder」の提供に至りました。

近年ドイツでは住宅ローンの低金利を背景として不動産市場が活況であり、世界主要都市と比較して割安感があった都市部を中心に、居住用不動産価格が過去10年で20%余り上昇しています。個人が住宅を購入するのみならず、機関投資家による不動産投資も増加傾向にあり、欧州で最大規模の経済力を有するドイツの不動産市場は今後も安定的に成長していくことが見込まれます。こうしたニーズの高まりと、弊社が日本最大級の不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME’S』で培ったノウハウを活かして、「LIFULL Immofinder」の早期収益化を目指します。
今後も弊社は、既進出国でのサービスの拡充および新規展開国の開拓を進め、世界各国をシームレスに住み替えできる仕組みの構築に向けて、グローバル展開を強化していきます。


LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。


■株式会社LIFULLについて (旧社名:株式会社ネクスト 、東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)
株式会社LIFULL(ライフル)は、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997年に設立した住生活情報サービス運営企業です。主要サービスの不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は総掲載物件数No.1(※)。住まいを中心に介護、インテリア、保険など周辺分野にも事業を拡大し、現在は『LIFULL HOME'S』のアジア展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界53ヶ国でサービス提供しています。
LIFULLグループは、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、世界中のすべての人に、安心と喜びのライフソリューションを提供します。
※産経メディックス調査(2017.1.26)



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る