• トップ
  • リリース
  • 情報漏洩の出口対策に最適化されたソリューション『SecureDB for SME』第14回「情報セキュリティEXPO【春】」でご紹介

プレスリリース

セキュア・ディー・ビー・ジャパン株式会社

情報漏洩の出口対策に最適化されたソリューション『SecureDB for SME』第14回「情報セキュリティEXPO【春】」でご紹介

(@Press) 2017年04月06日(木)11時30分配信 @Press

データベース暗号化ソフトのリーディングベンダーであるセキュア・ディー・ビー・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:岩下 敏、以下 セキュアDB)は、第14回「情報セキュリティEXPO【春】」に出展します。
情報漏洩事件・事故が絶たない昨今、万が一情報漏洩しても、低コストで簡単に導入可能なデータベース暗号化ソリューションを今回の展示会を通じてご紹介します。


【出展概要】
2017 Japan IT Week 春(内) 第14回「情報セキュリティEXPO【春】」
会場:東京ビッグサイト
期間:2017年5月10日(水)〜5月12日(金)


【『SecureDB for SME』の特徴】
1. データベース、業務アプリケーションの変更不要
カーネルに組み込まれたエージェントが暗号化・復号を実行するため、周囲のシステムに手を加える必要がなく、そのため迅速に実装が可能です。

2. アクセス制御、監査ログ、レポート機能も付属
曜日・時間など細かなアクセス制御を設定でき、監査ログ、レポート機能にて分析が可能です。

3. パフォーマンス劣化最小
暗号化後のパフォーマンス劣化も最小化するように設計されています。
データベース全体を暗号化し、5,000万件のうち、50万件を抽出して計測した結果、パフォーマンスはわずか1%の劣化、容量は3%圧迫したのみでした。

4. WindowsとLinuxをサポート
WindowsとLinuxのカーネルをサポートしており、多くのデータベースに対応しています。


【『SecureDB for SME』とは】
『SecureDB for SME』は透過型と呼ばれるデータベース暗号化ソリューションで、Windows/Linux両環境にも対応し、データベース、業務アプリケーションに依存せず、修正することなく、データベース暗号化を実現できます。
昨今、情報漏えいは100%防ぐことができないと言えます。マイナンバーが施行され、すべての企業が個人情報資産を扱うことになりました。これらのデータを暗号化することにより、漏えいした場合でも、これらのデータを無意味化することが、ますます重要になってきています。データベース暗号化は、「最後のセキュリティ対策」と言われており、その中でも最も迅速に容易に暗号化を実現できるソリューションが、『SecureDB for SME』です。今後、本ソリューションを、国内外企業に向けて、販売・ソリューションパートナーを通して積極的に拡販していきます。


【『SecureDB for SME』の概要】
名称  :DB暗号化ソリューション『SecureDB for SME』
参考価格:1コアあたり、40万円(税抜)から


【会社概要】
商号  : セキュア・ディー・ビー・ジャパン株式会社
代表者 : 代表取締役 岩下 敏
所在地 : 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-5-1
            日本サンライズビル3階
設立  : 2013年8月
事業内容: データベースセキュリティソリューションの開発・販売
資本金 : 1億円
URL   : http://www.securedb.jp/


【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
セキュア・ディー・ビー・ジャパン株式会社
Tel  : 03-3556-6070
E-Mail: info@securedb.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る