• トップ
  • リリース
  • 往年の名作「初代APACHE2」の組み立てホイール意匠を1ピース構造で再現。最新製法で復刻したニューモデルENKEI NeoClassic「APACHE 2」新登場!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

エンケイ株式会社

往年の名作「初代APACHE2」の組み立てホイール意匠を1ピース構造で再現。最新製法で復刻したニューモデルENKEI NeoClassic「APACHE 2」新登場!

(@Press) 2017年04月11日(火)10時30分配信 @Press

エンケイ株式会社(所在地:静岡県浜松市、代表取締役:鈴木 順一)は、乗用車用アルミホイール「ENKEI NeoClassic(エンケイネオクラシック)」ブランドとして「APACHE2(アパッチ ツー)」を2017年1月に販売を開始いたしました。「APACHE2(アパッチ ツー)」は、サイズは15×5.0J、カラーはマシニングブラック・マシニングゴールド・マシニングレッドの3色で¥30,000(税抜き)で提供しております。

新製品『APACHE2』詳細URL
http://www.enkei.co.jp/wheels/neoclassic/apache2/


■“APACHE2”とは
当時「3ピースの革命児」と呼ばれた国内AFT向け3ピースホイール「APACHE1」の後継モデルとして1979年に発売された初代「APACHE2」。その意匠を現代の技術により性能を高めた1ピースホイールとしてリメイクしました。
ディスクデザインは、ボルト孔に対してデザインを考慮したクロススポークデザインを継承し、スポークトップとリムフランジに切削加工、リムはノーマルリム形状を採用し、オリジナルのイメージを再現。また、ピアスボルトを採用する事で、1ピースの剛性を保ちながら3ピースの意匠を実現しました。

製法は最新MAT PROCESSの採用により鍛造ホイールに匹敵する優れた材料強度を実現しました。それによりリムの薄肉化による大幅な軽量化を図り、さらに、リムへのローレット加工を施す事によりタイヤとホイールのズレを低減。
センターキャップは、「アローマーク」と呼ばれていた往年のブランドロゴを採用。さらにフラットタイプにする事で、デザイン性の融合を図りながらも現代のカスタムカーへもスマートなマッチングを見せます。


■“APACHE2”概要
<サイズスペック>
15×5.0J(45)4-100

<価格>
¥30,000(税抜き)

<COLOR>
マシニングブラック、マシニングゴールド、マシニングレッド

<製法>
MAT Process(マット プロセス)1ピース

<発売日>
2017年1月1日

<新製品『APACHE2』詳細URL>
http://www.enkei.co.jp/wheels/neoclassic/apache2/

・センターキャップ(はめ込みタイプ)、バルブ付属

<発売元/お客様向け問い合わせ先>
エンケイ株式会社 アフターマーケット営業統括本部
グローバルサプライ事業グループ
〒431-1304 静岡県浜松市北区細江町中川7000-26
TEL:053-522-5245
FAX:053-523-2721
ホームページアドレス: http://www.enkei.co.jp


■会社概要
社名  : エンケイ株式会社
所在地 : 〒430-7726 静岡県浜松市中区板屋町111-2 アクトタワー26F
代表者 : 代表取締役 鈴木 順一
設立  : 1950年10月5日
事業内容: アルミホイールと周辺事業
      ・アルミ鋳造技術を利用した製造販売
       (二輪・四輪用アルミホイール/
        二輪・四輪・船外機用アルミ合金鋳物)
      ・各種金型・機械等の製造販売
      ・アルミニウム原材料の製造
      ・アルミホイール・アクセサリー・自動車部品の販売
      ・アルミホイールの輸入業務
      ・各種物販等
URL   : http://www.enkei.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る