• トップ
  • リリース
  • レディースストリートブランドX-girlが2017 SUMMERコレクションのルックブックとムービーを公開

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ビーズインターナショナル

レディースストリートブランドX-girlが2017 SUMMERコレクションのルックブックとムービーを公開

(@Press) 2017年04月04日(火)11時00分配信 @Press

衣料品・雑貨品企画販売の株式会社ビーズインターナショナル(所在地:東京都目黒区)は、当社レディースストリートファッションブランド『X-girl(エックスガール)』の2017 SUMMERコレクションのルックブックとムービーを公開いたしました。

WEB CATALOG : http://www.bs-intl.jp/catalog/xgirl/
OFFICIAL SITE: http://www.x-girl.jp/


今シーズンのテーマは、進化する夏を意味する『SUMMER OF EVOL』。
映画監督スパイク・ジョーンズが設立したスケートボードブランド“GIRL-skateboards(ガール スケートボード)”や、カリフォルニア発の音楽レーベル兼レコードショップ“BURGER RECORDS(バーガー レコーズ)”とのコラボレーションなど、ブランドとリンクするストリートワイズな空気感を取り込んだ新作を幅広くラインナップ。

ブランドが生まれた1990年代のストリートカルチャーを落とし込んだコレクションを、同じくブランドの第1号店がオープンした米・ロサンゼルスで全カット撮影しました。


■X-girl(エックスガール)について
1994年夏、SONIC YOUTHのキム・ゴードンが、友人でもありXLARGE(R)のショップスタッフでもあったデイジー・ヴォン・ファースと共に立ち上げました。

1991年に立ち上がったXLARGE(R)に携わっていたBEASTIE BOYSのマイク・Dが、以前から交流の合ったキムに声を掛けたのがきっかけです。

キムとデイジーの着たい服、つまり彼女達のリアルクローズ的なアイテムをX-girlとして打ち出すと共に、グラフィックやデザインを落とし込んだアイテムを展開し、“GIRL'S MOVEMENT”の先駆者としてファッション業界だけでなく音楽やアートも巻き込んだレディースストリートブランドとして、注目を浴びました。

X-girlのロゴデザインは、映像作家・グラフィックデザイナーであるマイク・ミルズが手掛け、その後も彼はTシャツやポスターなどのデザインも担当し、ブランドとの関わりを深めました。X-girlのシンボルとも言えるフェイスロゴのグラフィックもマイク・ミルズによるデザインで、彼の友人でアーティストでもあるミッシェル・ロックウッドがモデルとなっています。

1991年、ロサンゼルスのロス・フェリッツに第1号店がオープン。
更にニューヨークのソーホーにて、ストリートの女の子をハントしモデルとしてランウェイを歩かせ、X-girl初のゲリラストリートファッションショーも行われました。
プロデューサーにソフィア・コッポラとスパイク・ジョーンズを迎え、当時X-girlの顧客でもあったクロエ・セヴィニーやミッシェル・ロックウッドもモデルとして参加していました。

そうしてブランドをスタートさせたX-girlは現在も、音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンから様々な要素を取り込み、“REAL GIRL'S CLOTHING”をテーマに掲げ、BASICで飽きのこないアイテムを時代の変化に合わせながら“リアルな女の子のストリートスタイル”として提案し続けています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る