プレスリリース

  • 記事画像1

ペンティオ株式会社

ペンティオ、OneLoginでWindows 10標準ブラウザEdgeサポート開始

(@Press) 2017年04月04日(火)09時30分配信 @Press

ペンティオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:長谷川 晴彦、以下 ペンティオ)は、クラウドIDaaSサービス「OneLogin(ワン・ログイン、以下 OneLogin)」の対応ブラウザにMicrosoft Edgeを追加して提供します。

OneLoginはアプリケーションSSOとアカウント管理IAMを提供するクラウドIDaaSサービスです。新たにMicrosoft Windows 10標準ブラウザであるMicrosoft Edgeをサポートするブラウザ拡張機能を提供開始します。
これまでOneLoginは、Internet Explorer 11、Chrome、Firefox、Safariの4ブラウザをサポートしておりましたが、Windows 10利用者増加に伴い新たにMicrosoft Edgeサポートを追加するものです。

さらに、OneLoginはEdgeブラウザサポートに加え、同ブラウザ拡張機能にコネクター自動作成機能「Portadi」を追加しました。これにより、管理者によるSSOアプリケーションコネクター作成に加え、ユーザーでもSSOアプリケーションコネクターを容易に作成することができるようになります。

本サービスの詳細は https://www.pentio.com/onelogin/ をご覧下さい。


■価格
OneLogin価格
 ・OneLogin Unlimited 月額900円 ※
 ・OneLogin Enterprise 月額500円 ※
 ・OneLogin Starter 月額250円 ※
  ※1年間契約の月額料金です

当ニュースリリースは http://www.pentio.com/onelogin/news/2017_04_04_edge_extension.html をご覧下さい。


■IDaaSサービス「OneLogin」とは
ペンティオが提供するOneLoginは、クラウドとオンプレミス両サイトのユーザー認証が可能な、クラウドアカウント管理とWebシングルサインオン・サービスです。法人企業を主な対象とするこのサービスは、ユーザー認証の社内・社外の利便性と、IT管理者の管理工数削減に大きく貢献します。ユーザーは、Windows・Mac・iPad・iPhone・Androidなど多くのプラットフォームで利用することができます。また、本人認証としてIDとパスワードに加えてスマートフォンOTPやUSBトークン / ICカードを活用することもできます。クラウドアカウント管理は、企業内のActive Directory / LDAP のユーザー情報をOneLoginディレクトリに反映することができます。IT管理者は、各アプリのIDとパスワードをユーザー本人に伝えることなくアクセス権を提供することが可能です。


■OneLoginカスタムコネクター自動作成機能Portadi
Portadiとは、シングルサインオン(SSO)の自動作成の補助をする機能です。
ID・パスワードによるログインに成功した際、OneLoginの機能の一つであるPortadiによってID・パスワードを保存することができるようにする機能です。このPortadi機能はStarter / Enterprise / Unlimitedプランで利用が可能です。「Portadi」機能はペンティオWebサイト( http://www.pentio.com/onelogin/products/index.html#portadi )でご覧いただけます。


■SAML認証の現状
主要なクラウドサービスではSAML認証に対応しております。OneLoginにログイン認証をおこなえば連携サイトにはパスワードなしで強固なSAML認証で接続することができます。代表的なサービスは、Google Apps、Salesforce、Dropbox for business、Zohoなどです。日本のクラウドサービスもSAML認証対応がはじまっておりCybozu.comはペンティオがSAML認証を提供しました。今後は日本語サイトにおいてもSAML認証サイトが増えていくことが予見されます。SAML認証方式での連携をご希望のサービス事業者様には、SAML連携を実現するためのSAML Toolkitをご提供することが可能です。ペンティオまでご要望ください。


■OneLoginでご利用いただける日本語サイトについて
「OneLogin」で利用可能なサイトはペンティオWebサイト( http://www.pentio.com/onelogin/apps/ )でご覧いただけます。ご利用の日本語WebサイトとWebアプリケーションサービスが掲載されていることをご確認ください。もし一覧に含まれていない場合は、ペンティオまでご要望ください。ペンティオは、日本のクラウドをOneLoginと連携できるよう協力し、日本の主要WebサービスやSaaSサービスをOneLoginですぐに利用できるようにアクセス設定構築を支援する業務も担当します。


■OneLogin, Inc.について
OneLoginは、企業向けID管理における先駆者であり、クラウドとオンプレミスのどちらにも通用する、業界で最も総合的なID管理ソリューションを提供しています。
OneLoginはNetwork World Magazine誌のSSOツールレビューで第1位を獲得しました。OneLoginのクラウドアイデンティティ管理は、Active DirectoryやLDAPなど多くの共通のディレクトリと連携します。これによりセキュアなシングルサインオン、多要素認証、ユーザープロビジョニングを提供します。
OneLoginは今日の企業によって使用される4,000以上のアプリケーションが登録されています。SAML対応したMicrosoft Office 365、Asure Software、Coupa、Box、Clarizen、DocuSign、Egnyte、EchoSign、Google Apps、Innotas、LotusLive、NetSuite、Oracle CRM On Demand、Parature、Salesforce.com、SuccessFactors、WebEx、Workday、Yammer、ServiceNow、Zscaler、Zendeskなどに対応しています。
OneLoginは、投資会社Charles River Venturesからの参画を得ています。
http://www.onelogin.com


■ペンティオ株式会社について
ペンティオ株式会社は、クラウドSSO「OneLogin」、USBトークン / ICカードでの認証ソリューション提供を行っている企業です。スマートフォンOTP、USBトークンやスマートカードなどの認証デバイスと組み合わせた認証ソリューションを官公庁、自治体、医療機関、教育機関、および大手企業など、数多くのお客さまに積極的に展開しています。

OneLogin, Inc.は、米国カリフォルニア州サンフランシスコから米国・英国など世界35カ国でサービスを展開しております。AAA、Gensler、Netflix、News International、Pandora、Steelcase and PBSをはじめ1,400社に提供しております。ペンティオは、OneLoginやPKIソリューションを中心に、利用者認証とユーザーマネージメントに特化したサービスを提供しております。

社名   : ペンティオ株式会社
本社所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-1 第2スカイビル8F
代表者  : 代表取締役 長谷川 晴彦
URL    : http://www.pentio.com/onelogin/


*記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る