• トップ
  • リリース
  • 客船「飛鳥II」 2017年下期商品 スケジュール発表 〜季節の彩りとテーマに満ちた33クルーズ〜

プレスリリース

  • 記事画像1

郵船クルーズ株式会社

客船「飛鳥II」 2017年下期商品 スケジュール発表 〜季節の彩りとテーマに満ちた33クルーズ〜

(@Press) 2017年04月04日(火)15時30分配信 @Press

郵船クルーズ株式会社(所在地:横浜市西区、代表取締役社長:服部浩)が運航する日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」(50,142トン)の2017年9月〜2018年3月出発のクルーズスケジュールを発表いたします。


秋・春の行楽に加え、クリスマスクルーズ、年末年始、テーマクルーズなど、お客様が様々なシーンでご乗船いただけるよう多彩なラインアップをご用意いたしました。

寄港地の観光を楽しむクルーズとして、秋には大政奉還150周年にちなみ、幕末維新で活躍した志士たちゆかりの地・鹿児島と山口県防府(初寄港)への寄港と瀬戸内海クルーズを楽しめる「大阪発 瀬戸内 秋紀行クルーズ」や、紅葉を愛でる「錦秋の四日市・大阪クルーズ」「秋の休日 紀州・土佐クルーズ」を、春には「神戸発着 日向ウィークエンドクルーズ」「春うらら 熊野・四日市クルーズ」など春の息吹を感じるコースを予定しています。

飛鳥II船内がクリスマスデコレーションで煌くクリスマスクルーズでは、飛鳥II総料理長によるクリスマス特別ディナーとクリスマスシーズン限定のプロダクションショーがお楽しみいただけます。気軽に楽しめるワンナイトクルーズのほかに、華麗な歌声に魅了される阿川泰子さんをゲストに迎えた「Xmas JAZZ ON ASUKAII」、堺正章さんの懐かしい名曲と軽快なトークが楽しめる「スペシャルクリスマス ON ASUKAII」など2泊3日のコースもございます。

そして、テーマクルーズの中でも注目は、松竹株式会社と飛鳥IIが初めてコラボレーションする「歌舞伎クルーズ」です。飛鳥IIに中村芝翫さん、橋之助さん、福之助さん、歌之助さんが親子そろって登場し、洋上で歌舞伎舞踊を披露する特別な企画を予定しています。このほか、伊東ゆかりさんとデューク・エイセス、司会に松島トモ子さんを迎え昭和の歌謡曲を楽しむ「昭和を歌おう ON ASUKAII」、今年で4回目となる好評の「ザ・グレン・ミラーオーケストラクルーズ」、夏川りみさんの歌声と「銀座レカン」高良シェフのフレンチで春を楽しむ「A-styleクルーズ〜春彩〜」など洋上での音楽の楽しみも様々です。

また、毎年好評の「南西諸島・台湾クルーズ」では「2 for 1特別割引」が初登場します。1名様分の旅行代金で実質お二人がご乗船いただけるたいへんお得なキャンペーンです(※Sロイヤルスイートを除く/申込期日・条件あり)。
このほか、A・Cスイート客室やバルコニー客室がお得なキャンペーン代金が設定されたクルーズもございます。


下期商品の販売スケジュールは以下のとおりです。
・パンフレット完成:2017年4月下旬予定
・販売開始    :2017年5月17日(水)予定
※「2018年 オセアニアグランドクルーズ」好評販売中/「2018年世界一周クルーズ」2017年4月7日販売開始


■飛鳥II概要( http:www.asukacruise.co.jp )
「飛鳥II」は日本最大の客船で、約100日間の世界一周クルーズ、アジア・オセアニア方面へのロングクルーズ、日本の夏祭りを巡るクルーズ、1泊からのショートクルーズなど多岐にわたり展開。全室海側の客室、ゆったりとしたスペースや充実の設備、日本人乗船客の嗜好に合わせた多彩な食事やエンターテイメントが特徴。乗船客1人当たりのスペースや乗組員比率は、日本はもとより世界トップレベルで、世界のクルーズマーケットで愛される美しい船体に、和の心のおもてなしをのせて皆様をお迎えいたします。

船籍    :日本
船籍港(母港):横浜港
総トン数  :50,142トン
全長    :241m
乗客数   :872名
乗組員数  :約470名
客室数   :436室(全室海側)


■会社概要
社名 :郵船クルーズ株式会社
所在地:〒220-8147
    横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー47階
代表者:代表取締役社長 服部浩
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る