• トップ
  • リリース
  • フランス語のような方言で全国的に話題になった、宮崎県小林市が…あの“ンダモシタン小林”を360度VR映像でリメイク!?

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

フランス語のような方言で全国的に話題になった、宮崎県小林市が…あの“ンダモシタン小林”を360度VR映像でリメイク!?

(@Press) 2017年03月31日(金)10時30分配信 @Press

宮崎県小林市(所在地:宮崎県西部、市長:肥後正弘)は、観光促進をテーマとしたシティプロモーションムービー“ンダモシタン小林 360VR”を、3月27日(月)に、YouTube(小林市公式チャンネル)で公開いたしました。今回のコンテンツは、YouTube再生回数が220万回を超え話題になった「ンダモシタン小林」の世界を、360度VR映像で再現しており、まるで小林市に観光に来たような体験ができるPRムービーになっています。あのフランス人男性も再登場します。雄大な自然や、茅葺きの宿、伝説の奇岩など、小林市の美しい景色の数々が収められています。PCやスマホなど、さまざまなデバイスで視聴できますが、スマホセット型のヘッドマウントディスプレイを使うと、より没入感のある視聴体験が可能となります。


■スペシャルサイトURL
2016年 小林市PRムービー 第2弾!ンダモシタン小林 360VR
http://www.tenandoproject.com/movie6/


■パソコンでの視聴
Chrome、Firefoxをお使いください。YouTubeの画面の上のコントローラーで操作、またはW・A・S・Dキーを使って回転でき、画面のドラッグでも見渡すことができます。


■スマホ・タブレットでの視聴
AndroidまたはiOS用YouTubeアプリの最新バージョンが必要です。画面をドラッグ、または端末をぐるりと動かすと視点を移動することができます。
※埋め込み動画内の「YouTube」ロゴをタップすると、アプリが立ち上がります。


■ヘッドマウントディスプレイでの視聴
スマホでの視聴と同様YouTubeアプリを立ち上げ、セットしてください。VRモード対応の場合は、「メガネアイコン」をタップしてセットしてください。より没入感のある体験ができます。


■ロケ地
・大塚原公園(道の駅「ゆ〜ぱるのじり」横)
・霧島岑神社
・ままこ滝(すきむらんど)
・茅葺きのお宿 かるかや
・陰陽石
・大幡池(霧島山)


■関連URL
てなんど小林プロジェクト
http://tenandoproject.com/index.html

小林市ポータルサイト
http://www.city.kobayashi.lg.jp


■制作スタッフ
クリエーティブディレクター:越智一仁(電通)
プロデューサー:川崎泰広(ロボット)
コーディネーター:峠下周平(フライト)/柚木脇大輔/鶴田健介/深草由樹(小林市役所)
ディレクター:三井隆介(フライト)
空撮カメラマン:桑水悠治(フライト)
ドローンオペレーター:黒木陽介(フライト)
エディター:金井一馬(フライト)
アシスタントエディター:堀内亜弥(フライト)
作曲・編曲:清野雄翔
音楽プロデューサー:樋口聖典(オフィス樋口)
キャスティング:堤憲一(Kettle inc.)
メインキャスト:セバスチャン・L(Free Wave)
クライアントスーパーバイザー:安楽究(小林市役所)
WEBデザイナー:曽根良介(電通)
WEBエンジニア:江國翔太(電通)
スクリプター:阿部敦(電通)
アカウント・エグゼクティブ:吉武優(電通)
アカウント・エグゼクティブ:岩佐圭剛(電通九州)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る