プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

NTTワールドエンジニアリングマリン株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、NTTファイナンス株式会社

新たな海底ケーブル敷設船「きずな」の竣工について

(@Press) 2017年03月31日(金)11時00分配信 @Press

NTTワールドエンジニアリングマリン株式会社(以下:NTTWEM)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTT Com)およびNTTファイナンス株式会社(以下:NTTファイナンス)は、新たな海底ケーブル敷設船「きずな」が2017年3月31日に竣工したことをお知らせします。


「きずな」はNTTWEMが運用する他3隻の敷設船と共に、NTTWEMの親会社であるNTT Comをはじめ、国内外の通信会社やサービス事業者が、ネットワークやクラウドサービスなどを提供するために利用する海底ケーブルの敷設や保守を行います。
また、大地震などにおける迅速な通信復旧に活用できる、災害対応機能を付加した初めての敷設船です。(別紙[1])
NTTグループは、2017年5月上旬に東京お台場ふ頭にて、被災地への車両・非常用通信設備の輸送を想定した「きずな」への災害対応機材の搭載訓練を実施し、機能・活用方法などの確認を経て、災害時における通信設備の復旧などに備えていきます。
なお、「きずな」はNTTWEMの発注に基づき、NTTファイナンスが保有しNTTWEMへリース提供されています。

(図1)新船「きずな」の完成写真
https://www.atpress.ne.jp/releases/125505/img_125505_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/125505/img_125505_2.jpg

今後は「きずな」が日本国内の海底ケーブル保守を主に担当、既存の「すばる」は国内、国外の建設工事を主に担当し、2船の相互補完体制により、国際競争力を持った海底ケーブルの敷設・保守の展開を行っていきます。(別紙[2])


<関連サイト>
・NTTグループの災害対策にかかわる基本方針
http://www.ntt.co.jp/saitai/3principles.html

・新たな海底ケーブル敷設船「きずな」の進水式について
http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2016/20161116.html


別紙[1] 【大規模災害における敷設船活用イメージ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/125505/img_125505_3.jpg

別紙[2] NTT Comグループが運航する船と役割
https://www.atpress.ne.jp/releases/125505/att_125505_1.pdf

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る