• トップ
  • リリース
  • 村田沙耶香(芥川賞作家、「コンビニ人間」)、誉田哲也(「ストロベリーナイト」)などの作家も注目する3人組音楽制作集団「inspire:tion」待望の6曲入りミニアルバム『ゴーストノートのおどりかた』配信決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

村田沙耶香(芥川賞作家、「コンビニ人間」)、誉田哲也(「ストロベリーナイト」)などの作家も注目する3人組音楽制作集団「inspire:tion」待望の6曲入りミニアルバム『ゴーストノートのおどりかた』配信決定!

(@Press) 2017年04月05日(水)09時30分配信 @Press

村田沙耶香(芥川賞作家「コンビニ人間」)、誉田哲也(「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」)などの作家も注目する3人組音楽制作集団「inspire:tion(インスパイレーション)」は、2016年に発売した「ノスタルジア」「tiny dance」を含めた6曲入りミニアルバム『ゴーストノートのおどりかた』を、2017年3月29日(水)よりmora(通常音源、ハイレゾ音源)、4月5日(水)よりiTunes、4月12日(水)よりレコチョクにて配信リリースします。

「inspire:tion」オフィシャルサイト
http://inspiretion3.strikingly.com/


不穏な世界に響く、透き通った音と言葉。再始動した実力派、inspire:tionが満を持してミニアルバムをリリースしました。6月には主催ライブイベントも開催決定いたしました。

ミニアルバムには、小説「夏の方舟」やルポルダージュ「明日、機械がヒトになる」で話題の作家、海猫沢めろん氏が推薦コメントを寄せています
<推薦コメント>
日々の泡のように生まれては消える音が、ぼくの感情をゆらす。西瓜糖世界に流れる音楽は、もしかしたらこんなふうかもしれない。
―海猫沢めろん(作家「夏の方舟」「明日、機械がヒトになる」)


■アルバム概要
タイトル:ゴーストノートのおどりかた
収録曲 :1. 今日のこと
     2. まちびとの唄
     3. tiny dance
     4. World's end wonder
     5. ノスタルジア
     6. おやすみ、さよなら

<ダウンロードURL>
mora: http://mora.jp/package/43000117/FABA-30001/ (通常音源)
    http://mora.jp/package/43000117/FABH-30001_F/ (ハイレゾ音源)
※2017年3月29日配信開始

iTunes: http://itunes.apple.com/jp/album/id1221416502&app=itunes
※2017年4月5日配信開始

レコチョク ※2017年4月12日配信開始


■「コトノハ音楽会」について
inspire:tionは、「音楽×文芸」をテーマにした自主イベント「inspire:tion presents コトノハ音楽会 vol.2」を、6月11日(日)にライブハウス『HEAVEN青山』にて開催することを発表しています。
「コトノハ音楽会」は、2016年に東京・下北沢で「vol.1」を開催し、芥川賞作家の村田沙耶香(「コンビニ人間」「しろいろの街の、その骨の体温の」など)や、作家でミュージシャンの誉田哲也(「ストロベリーナイト」「増山超能力師事務所」など)が参加し、話題になりました。

「inspire:tion presents コトノハ音楽会 vol.2」には、第1回で好評を博した「inspire:tion with 誉田哲也」によるライブに加え、小説家、翻訳家、歌人、ミュージシャンの西崎憲(小説「世界の果ての庭」「飛行士と東京の雨の森」など)が率いるバンド「スイスカメラ」が参加します。トークコーナーには西崎憲と、同じく小説家、翻訳家の谷崎由依(小説「舞い落ちる村」など)が登場。inspire:tionの瀬木ヤコーを進行役に、「作家にとっての音楽、ミュージシャンにとっての文学」をテーマに2人が対談します。

また、inspire:tionと西崎憲は、西崎の書き下ろし掌編小説とinspire:tionの楽曲が一つの動画の中で“共演”する「小説PV」の制作を進めています。この動画も「コトノハ音楽会 vol.2」の中で初披露される予定です。


■inspire:tionプロフィール
<ゆうこ>
ボーカル 愛媛県松山市出身

<瀬木ヤコー(せぎ・やこー)>
ギター、ボーカル、作詞作曲 兵庫県芦屋市出身

<中越亮佑(なかごし・りょうすけ)>
ベース、エンジニア 高知県高知市出身

母体は、瀬木と中越が愛媛県にある寮制の高校で組んでいたバンド。高校卒業後、瀬木は京都大学法学部、中越は大阪大学工学部に進学し、同じ大阪大学の医学部に通うゆうこが2人に加わることで、1997年に結成された。当初、メインボーカルは瀬木で、ゆうこはドラムを担当していた。
2000年前後からDTM(PCを用いた楽曲制作)を導入。音作りも含めて楽曲の世界観を表現するため、ミックスダウンまでをバンド内で完結させるスタイルは、この頃から一貫している。
2003年にミニアルバム「Butterfly Jack」をリリースした後、同年にポニーキャニオンよりファーストアルバム「旧世界」でメジャーデビュー。続けて「天国と地獄」「Zion Orchestra」と計3枚のアルバムを発表後、一時活動を休止した。
2008年に活動を再開し、この頃からゆうこのメインボーカルとしてのポジションが徐々に定着。アルバム「小さな世界とシェルターボーイ」、ミニアルバム「残像LOOP SHOW」と、自主レーベル「FABSTRUCT」から作品を断続的に発表している。
2015年に初のハイレゾ楽曲「まちびとの唄」を無料配信。2016年から再び活動を本格化させ、12月には「音楽×文芸」がテーマの主催イベント「inspire:tion presents コトノハ音楽会」を、作家の村田沙耶香らを招いて初めて開催。2017年2月には、村田との私的な「音楽会」から生まれた共作曲「藍色さんぽ」をSoundCloud上で無料配信した。並行して瀬木は「でんぱ組.inc」の相沢梨紗ら、他アーティストへの楽曲提供も行っている。
バンドの外では、ゆうこは高知大学医学部に通い直し、現在は医師。瀬木は新聞記者、中越は映像機器エンジニアと、個性も生き方も異なる3人を、音楽がつないでいる。

Twitterアカウント「@inspiretion3 瀬木」
https://twitter.com/inspiretion3

オフィシャルサイト
http://inspiretion3.strikingly.com/

「藍色さんぽ」配信SoundCloudページ
https://soundcloud.com/user-845146370/aiiro_sanpo


■リリース情報
・「tiny dance」 2016年11月15日発売
iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/tiny-dance-single/id1171729037
mora : http://mora.jp/package/43000117/FAB-2004/

・「ノスタルジア」 2016年6月15日発売
iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/nosutarujia-single/id1122498114
mora : http://mora.jp/package/43000117/DISP-001/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る