• トップ
  • リリース
  • 〜言葉がなかなか出てこない、ちょっとしたことが思い出せない方に〜“中年期以降の物忘れ”を改善する「オンジ」新発売!「漢方セラピー ゴールドシリーズ」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

クラシエ薬品株式会社

〜言葉がなかなか出てこない、ちょっとしたことが思い出せない方に〜“中年期以降の物忘れ”を改善する「オンジ」新発売!「漢方セラピー ゴールドシリーズ」

(@Press) 2017年04月04日(火)11時00分配信 @Press

クラシエ薬品は、中年期以降の物忘れを改善する医薬品『「クラシエ」オンジエキス顆粒』(24包/8日分、1,600円)を「漢方セラピー ゴールドシリーズ」として、4月11日より全国の薬局・薬店、ドラッグストアで発売します。

オンジエキス製剤は、“物忘れの改善”の効能が認められた唯一の医薬品です。また、生薬としての「オンジ」は心を落ち着ける作用があるため、古くから物忘れや不眠などに用いられてきました。
物忘れは特別な病気ではなく、加齢に伴い誰にでも起こり得る症状です。物忘れから認知症に移行する可能性もあるため、物忘れが気になったら、早めに対処することが大切です。


商品概要は次の通りです。

1.商品名    「クラシエ」オンジエキス顆粒
2.リスク区分  第3類医薬品
3.発売日    2017年4月11日
4.希望小売価格 1,600円(税抜)
5.商品特長
  (1) “物忘れの改善”が認められた医薬品です。
  (2) 天然由来の生薬製剤です。
  (3) 持ち運びやすいスティックタイプの顆粒剤です。

6.商品概要
効能:中年期以降の物忘れの改善
成分:成人1日の服用量3包(1包1.5g)中、
   オンジエキス・・・537mg(オンジ3.0gより抽出。)
   添加物として、乳糖、二酸化ケイ素、CMC-Ca、ステアリン酸Mgを含有する。
用法・用量:1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
      成人(15才以上)・・・1回1包、15才未満は服用しないこと
剤型:顆粒剤(スティック包装)

商品詳細ページURL: https://goo.gl/8Ed8jI


【参考】物忘れと認知症の違い
「物忘れ」は自覚があり、部分的な記憶力の低下が起こりますが、「認知症」は忘れるという自覚がなく、体験全体を忘れます。例えば、食事をした体験は覚えているが、メニューを思い出せないのが「物忘れ」、食事をした体験そのものを忘れてしまうのが「認知症」と言われています。


【漢方セラピー ゴールドシリーズについて】
■「漢方セラピー」から、年齢によるお悩みに対応した「ゴールドシリーズ」が新登場!
ゴールドシリーズとは、“年齢によるお悩み”に対応できる処方を「コミュニケーション」・「加齢による症状」などの観点からラインアップしたシリーズです。50歳以上をメインターゲットとし、これまで対処しづらかった症状や年齢とともに諦めていた症状に対して漢方薬でケアしていくシリーズです。
第1弾は、「物忘れ」、「イライラ」、「頻尿」、「しびれ・痛み」に対応する4商品をラインアップしました。今後、さらにラインアップを追加する予定です。パッケージ正面には、大きな文字で効能が書かれており、従来のシリーズよりも、何に効くかがより分かりやすいデザインになっています。また、高級感のあるゴールドのブランドロゴを採用しました。
「漢方セラピー ゴールドシリーズ」は、以前は気にならなかった症状、病院に行くほどではないけれど、最近気になっている症状がある方に向けた商品を販売していきます。


「漢方セラピー ゴールドシリーズ」
https://www.atpress.ne.jp/releases/125430/img_125430_2.jpg
左から
・「クラシエ」オンジエキス顆粒     第3類医薬品(新商品)
・抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒クラシエ  第2類医薬品(リニューアル)
・「クラシエ」漢方八味地黄丸料エキス錠 第2類医薬品(リニューアル)
・「クラシエ」漢方牛車腎気丸料エキス錠 第2類医薬品(リニューアル)


<お客様商品問い合わせ先>
クラシエ薬品株式会社
お客様相談窓口 03-5446-3334
        (受付時間 10:00〜17:00 土、日、祝日を除く)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る