• トップ
  • リリース
  • 新聞・雑誌の広告スペースをより高額で販売する、業界初の紙媒体専門の成果報酬システム「インターペーパー」の運用を開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社インターカラー

新聞・雑誌の広告スペースをより高額で販売する、業界初の紙媒体専門の成果報酬システム「インターペーパー」の運用を開始

(@Press) 2017年04月05日(水)09時30分配信 @Press

株式会社インターカラー(所在地:東京都新宿区)は、新聞や雑誌など紙媒体の広告スペースをより高額に運用するシステム「インターペーパー」のサービスを開始しました。成果報酬型のサービスで、媒体社はより高額な条件の広告主を選んで掲載できます。紙媒体のサービスとしては広告業界初の取り組みで、2017年12月までに主要雑誌媒体と地方新聞の導入を目指します。


「インターペーパー」詳細URL: http://interpaper.jp/


●サービス開始の背景
広告の販売価格が下降気味で、広告主が見つからず空きスペースが増えてきたという、新聞や雑誌媒体を対象に、広告スペースの価格向上を目指しサービスを開始しました。


●サービスの特徴
「インターペーパー」は通販など電話を受けて集客する事業者を広告主とし、新聞や雑誌やラジオなどオフラインメディアを媒体とします。成果報酬のシステムで、広告を見て電話をかけてきた本数を計測するコールトラッカーというシステムを使います。広告主は1コールあたりの成果単価を決め、コールトラッカーで計測した「広告を見て電話をかけてきた本数」と掛け算した数値が広告費となります。
媒体はリスクを負うので、より成果単価が高くよりコールがたくさん鳴る広告主を選びます。広告主は広告を載せてもらうため1コールあたりの成果単価を上げたり、コールがたくさんなる工夫(初回お試しキャンペーンなど)をして競争します。その結果、広告スペースの成果額は上がっていきます。


●サービスの対象
対象となる業種・業界は、新聞・タブロイド紙・週刊誌・TV誌など部数の多い紙媒体です。掲載クライアントは美容・健康通販など比較的高めの報酬(広告掲載料)がつくクライアントがメインです。


●サービス導入のメリット
純広告掲載より広告費を上げることができます。掲載を望むクライアントにWEB媒体のように成果報酬額を競わせることにより、成果額がより高くなるよう運用していきます。


●今後の展開
当社は「インターペーパー」で新聞・雑誌媒体の活性化と、中高年向けサービス事業者への貢献を目指し、今年度中に主要な地方紙、雑誌媒体への導入を目指します。


●会社概要
社名  : 株式会社インターカラー
所在地 : 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-3 ミスズビル502
代表  : 藤澤 孝
事業内容: 広告代理業務、インターペーパーの運用
URL   : http://www.intercolor.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る