• トップ
  • リリース
  • メディアプラス、国内5社目のSurface Hub認定リセラー契約を日本マイクロソフトと締結

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社メディアプラス

メディアプラス、国内5社目のSurface Hub認定リセラー契約を日本マイクロソフトと締結

(@Press) 2017年03月29日(水)09時30分配信 @Press

株式会社メディアプラス(本社:東京都千代田区、代表取締役:尾崎 修司、以下 メディアプラス)は、2017年3月28日付で日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)と認定Surface Hubリセラー契約(ADR)を締結しました。

認定Surface Hubリセラーとは日本マイクロソフトとSurface Hub製品取り扱いに関する契約を締結したリセラーのことであり、メディアプラスが国内5社目となります。法人のお客様は、認定Surface HubリセラーからのみSurface Hubの購入が可能です。

メディアプラス Surface Hub 製品ページ
http://www.mediaplus.co.jp/products/Microsoft/SurfaceHub/


■Microsoft Surface Hubについて
84インチ バージョンと55インチ バージョンの2モデル。応答性に優れた自然なインク入力エクスペリエンス、高度なタッチ機能を実現する、Windows 10を搭載したコラボレーションデバイスです。さらにPowerPointやExcelも含まれるMicrosoft Officeがプレインストールされ、Skype for Businessを組み合わせることでオンラインビデオ会議で画面共有までも可能に。企業のHuddle roomやコラボレーションスペースに最適な統合ソリューションです。


■メディアプラス代表からのコメント
「我々は数年前から、Skype for Businessがビデオ会議の市場を大きく変えていくと予見しており、当社にはすでに他メーカのH.323ビデオ会議システムとSkypeとの相互接続のノウハウがあります。また、Microsoft Exchangeと連携しビデオ会議のスケジュールを行う自社開発ソフトウェアの販売も行っています。そこへSurface Hubという、ビデオとOfficeが統合されたツールが加わることで、当社から提案する新しいビデオコラボレーションはより完成されたものとなることを確信しています」
(株式会社メディアプラス 代表取締役 尾崎 修司)

メディアプラスは、2017年6月に幕張メッセにて開催されますInterop Tokyo 2017にて、Surface Hubの公開デモンストレーションおよび日本マイクロソフトと共同によるセミナーを実施する予定です。


■メディアプラス企業情報
2002年設立。ビデオ会議システム・AVシステムの設計、コンサルティング、販売、保守及び関連ソフトウェアの開発、販売。世界標準のシステム設計をベースに、日本のユーザに合わせた提案と販売を行う。

所在地: 102-0072
     東京都千代田区飯田橋3-11-6 清水書院サービス第2ビル7F
TEL  : 03-3237-9003
URL  : http://www.mediaplus.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る