• トップ
  • リリース
  • DSファーマアニマルヘルスとあすかアニマルヘルス、畜産領域における動物用医薬品のコ・プロモーション契約を締結

プレスリリース

DSファーマアニマルヘルス株式会社、あすかアニマルヘルス株式会社

DSファーマアニマルヘルスとあすかアニマルヘルス、畜産領域における動物用医薬品のコ・プロモーション契約を締結

(@Press) 2017年03月30日(木)15時00分配信 @Press

DSファーマアニマルヘルス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中島 毅、以下「DSPAH」)とあすかアニマルヘルス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋山 明、以下「あすかAH」)は、DSPAHが製造販売または販売している畜産領域の下記対象製品についてコ・プロモーション契約を締結しました。
本契約に基づき、あすかAHは4月1日より両社が合意したあすかAHの既存ユーザーへ新たに下記対象製品のプロモーション活動を開始します。なお、販売は引き続きDSPAHが行います。


■コ・プロモーション対象製品
「ビクタス(R)注射液5%(*1)」、「ビクタス(R)水溶散25%(*1)」、「ウルソ(R)-5%(*2)」、「ウルソ(R)-10%(*2)」、「ウルソ(R)H注射液(*2)」、「ウルソ(R)V注射液1000(*2)」、「動物用タナベゾール(R)(*3)」、「動物用フリートミン(R)散20(*4)」、「動物用フリートミン(R)散50(*4)」、「チルミシン(R)散2%(*5)」、「チルミシン(R)散5%(*5)」


本契約締結は、自社製品の採用先拡大を目指すDSPAHと、既存のユーザーに対して幅広い総合的な提案を目指すあすかAHの意向が一致したものです。これにより、より多くの生産農家、獣医療関係者のニーズに対し有益な情報を提供することが可能となります。


■DSPAH代表取締役社長の中島 毅のコメント
畜産領域の営業力に強みを持つ最適な会社と、当社畜産戦略製品のコ・プロモーション契約が締結できたことを嬉しく思います。今回の提携は両社の特長を活かす理想的な組み合わせだと考えており、生産農家や獣医療関係者の皆さんの多様なニーズに対し更なる貢献ができるものと期待しています。


■あすかAH代表取締役社長の秋山 明のコメント
半世紀以上に及ぶ動物薬事業の歴史と実績を基礎として優れた動物用医薬品、特別療法食及び医療機器を幅広く取り扱う日本を代表する会社と、当社が得意とする畜産領域でのコ・プロモーション契約が締結できたことを大変誇らしく思っております。人と動物の共生や動物の健康に対する社会の関心が高まっている時勢のなか、今回の提携で生産農家、獣医療関係者その他ステークホルダーの皆様に対し、より一層貢献できるものと確信しております。


*1:ビクタス(R)注射液5%およびビクタス(R)水溶散25%は、オルビフロキサシンを有効成分とするフルオロキノロン系抗菌剤です。
*2:ウルソ(R)-5%、ウルソ(R)-10%、ウルソ(R)H注射液およびウルソ(R)V注射液1000は、ウルソデオキシコール酸を有効成分とする胆汁酸製剤です。
*3:動物用タナベゾール(R)は、オルトジクロロベンゼンおよびクレゾールを有効成分とする消毒・殺菌・殺虫剤です。
*4:動物用フリートミン(R)散20および動物用フリートミン(R)散50は、スルファモイルダプソンを有効成分とするトキソプラズマ病予防剤です。
*5:チルミシン(R)散2%およびチルミシン(R)散5%は、チルミコシンリン酸塩を有効成分とするマクロライド系抗菌剤です。


■DSファーマアニマルヘルス株式会社について
DSファーマアニマルヘルス株式会社は、動物たちの健康を支えることで、人々の笑顔あふれる暮らしに貢献する企業として、大日本住友製薬株式会社の動物薬事業部門が会社分割の手続きを経て独立し2010年7月に設立されました。コンパニオン・アニマル向けに獣医師が処方する動物用医薬品や、特別療法食(米国ヒルズ社が製造する、特定の疾患に対して最適の栄養比を配分したフード)および健康維持食を動物病院向けに販売するとともに、牛豚などの畜産向けおよび養殖魚などの水産向けの製品を販売しています。
詳細はホームページをご覧ください。
https://animal.ds-pharma.co.jp


■あすかアニマルヘルス株式会社について
あすかアニマルヘルス株式会社は、あすか製薬株式会社がアニマルヘルス事業を、市場環境の変化に即応できる自由度の高い意思決定の迅速な経営と、業務効率化の推進により、企業の社会的責任が果たせる、また収益性向上が図れる会社として、2013年6月に設立、2014年4月1日より営業を開始しております。
当社は、畜産及び水産物の生産性向上に有用な、動物用医薬品等の研究・開発、製造、輸入及び販売を通じ、動物が健康であることの願いに応え、食の安全を守ることにより、人と動物が共生できる社会創りに貢献することを目指しております。
詳細はホームページをご覧ください。
http://www.aska-animal.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る