• トップ
  • リリース
  • 〜スーパー大麦「バーリーマックス」で快腸生活〜 イタリアンの巨匠・日高シェフの人気店『アクアヴィーノ』にて3月28日(火)よりスーパー大麦を使用した創作イタリアン3品を提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

スーパー大麦素材事務局

〜スーパー大麦「バーリーマックス」で快腸生活〜 イタリアンの巨匠・日高シェフの人気店『アクアヴィーノ』にて3月28日(火)よりスーパー大麦を使用した創作イタリアン3品を提供開始

(@Press) 2017年03月28日(火)14時00分配信 @Press

 この度、気軽に楽しめるトラットリアで、素材の味を活かしたイタリアの地方料理を提供するイタリアンの巨匠・日高シェフの人気店「アクアパッツァ」の姉妹店である『アクアヴィーノ(ACQUAVINO)』(所在地:東京都渋谷区広尾5-17-10)にて、ディナータイムにスーパー大麦「バーリーマックス」を使用した創作イタリアン3品を2017年3月28日(火)から展開いたします。


 今回提供する3品は、バーリーマックスの食感とイカの持つ旨みがマッチした「たっぷりバーリーマックスを詰めたイカのトマト煮込み」、鶏ひき肉のミートボールに茹でたスーパー大麦を練り込ませることで、素材の味を最大限生かしたフライ料理「バーリーマックスとひき肉のポルペッティ」、そして、シロップ煮したスーパー大麦をミルクジェラートに混ぜ込み、砂糖を纏わせカリカリにした押し麦を添え、フルーツグラノーラをレストランデザートにしたような味わいの「バーリーマックス入りミルクジェラート カリカリ押し麦のアクセント」の3品です。

 日高シェフに考案いただきました創作イタリアン3品は、全て腸内改善に関するエビデンスに基づいて1日の摂取推奨量を12gを摂ることができます。さらに、現在、『アクアヴィーノ(ACQUAVINO)』の平日ランチメニューでは、セットメニューのサラダとスープにも茹でた玄麦を使用しております。


<日高 良実(ひだか よしみ)/シェフ>
 スーパー大麦「バーリーマックス」は、大麦のもつ本来の味を生かしており、酸味や苦みとうまくマッチするので、「ワインビネガー」や「バルサミコ酢」、「オリーブオイル」、「酢」、「チーズ」、「フルーツ」などとの相性が良いと感じています。今回考案したミートボールフライにもパルメザンチーズを使用しております。ご家庭で調理する場合は、大麦の素材と独特の食感を生かすうえでは、リゾットに活用することをお薦めします。


<スーパー大麦「バーリーマックス(R)」とは…>
 スーパー大麦「バーリーマックス」は、一般の大麦に比べて2倍の総食物繊維量、4倍のレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)を含む大麦として広く知られています。レジスタントスターチは、腸内細菌の「エサ」となり、短鎖脂肪酸(*)の産生に関与していることが近年の研究により明らかになっており、レジスタントスターチが細胞壁を構成する不溶性および水溶性食物繊維に包まれた構造を取ることで、消化酵素による分解を受けにくくなり、大腸の奥まで届くことが期待されています。

 (*)短鎖脂肪酸:腸内細菌が食物繊維を発酵分解して産生するもので、代表的なものに、酢酸、プロピオン酸、酪酸などがある。


<提供メニュー> ※金額は税込価格となります。
◆たっぷりバーリーマックスを詰めたイカのトマト煮込み ¥750-
◆バーリーマックスとひき肉のポルペッティ(6個)     ¥700-
◆バーリーマックス入りミルクジェラート カリカリ押し麦のアクセント ¥800-


【所在地】 東京都渋谷区広尾5-17-10 EASTWEST 1F
【営業時間】LUNCH(平日)    11:30〜14:30 L.O.(15:00 クローズ)
      LUNCH(土・日・祝) 11:30〜15:30 L.O.
      DINNER       17:00〜22:00 L.O.(23:00 クローズ)
      ※土日祝は11:30〜22:00 L.O.途中クローズなしで営業
【定休日】 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
【公式URL】 http://www.acquapazza.co.jp/vino/index.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る