• トップ
  • リリース
  • 車いす利用者・外国人旅行者等、日本の観光地を“誰もが楽しめる都市”にする建築・デザイン「バリアレスシティ アワード&コンペティション2016」表彰式+シンポジュウム開催報告

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

車いす利用者・外国人旅行者等、日本の観光地を“誰もが楽しめる都市”にする建築・デザイン「バリアレスシティ アワード&コンペティション2016」表彰式+シンポジュウム開催報告

(@Press) 2017年03月28日(火)14時30分配信 @Press

建築学生向けデザインコンペティションやプロ向けアワードを企画する株式会社HOOP(本社:東京都中央区、代表取締役:本多 健)は、2017年3月18日(土)ITOKIショールーム SYNQA(東京都中央区)にて「バリアレスシティ アワード&コンペティション2016」の表彰式及びシンポジウムを開催しました。

▼バリアレスシティ アワード&コンペティション2016
URL: http://www.hoop2015.com/


当アワード&デザインコンペは、車いすテニスプレーヤー 本間 正広と建築家 本多 健によってはじめられ、バリアレスシティアワード実行委員会と当社が共同企画しており、昨年に続き2回目の開催となります。

インバウンド4,000万人(データ出典:日本政府観光局)時代に向け、外国人旅行者の増加と、2020年を契機に、障害を持つ旅行者も増加します。
そこで「旅行者にやさしいデザイン」をテーマに、デザインのプロ向けの「実作部門」と主に学生向けの「提案部門」を広く募集しました。

バリアレスシティ(Barrierless City)とは、「誰もが自由に訪れ、楽しめる都市」です。
旅行者(高齢者/障がい者/健常者・外国人/日本人)が快適に都市を楽しむ為に、「飲食」「宿泊」「観光」における、物理的障壁、及び心理的障壁を無くすことを目的としています。


■「移動できる」から「楽しめる」へ 新しいバリアフリーを提言
「移動できる」というバリアフリーではなく、さらに、「楽しめる」要素が、これからの都市には必要と感じています。また、都市を語るうえで、「建築」だけでなく、「インテリアデザイン」「プロダクトデザイン」「グラフィックデザイン」など、多くの分野を横断して考える時代になってきています。

そこで当アワード&デザインコンペ審査員には、日本建築士会連合会 三井所 清典会長をはじめ、インテリア、グラフィックのデザイナーが並びました。また、日本パラリンピアンズ協会の副会長 大日方 邦子さん等、当事者の目線も入れ、実作部門2案、提案部門13案を選びました。

表彰式では、それぞれの分野を超えて交流を図ることにより、日本を「旅行者にやさしい国」バリアレスシティに変えるさらなるアイデアが生まれました。


■「バリアレスシティ アワード&コンペ」実施概要
応募期間:2016年10月10日〜2017年1月16日
参加者 :実作部門、提案部門 54案
審査員 :
三井所 清典(日本建築士会連合会会長/芝浦工業大学名誉教授/建築家)
宮崎 桂(日本サインデザイン協会副会長/KMD/前橋工科大学客員教授)
大日方 邦子(日本パラリンピアンズ協会副会長/チェアスキー 金メダル)
齋田 悟司(車いすテニス選手/アテネ パラリンピック 男子ダブルス金メダル
/リオジャネイロ パラリンピック 男子ダブルス銅メダル/シグマクシス所属)
Dick Olango(建築家/AOAD)
劔持 良美(インテリアデザイナー/SOL style)
本間 正広(車いすテニス選手/一級建築士)
本多 健(建築家/本多健建築設計室)
※敬称略

入賞者一覧: https://www.hoop2015.com/news/

主催:バリアレスシティ実行委員会(本間 正広選手・本多 健)
後援:国土交通省、東京都、日本建築士会連合会、東京建築士会
協力:イトーキ
企画:HOOP


■「表彰式+シンポジュウム」実施概要
日時 :3月18日(火)13:00〜16:00
    ※16:00〜18:00懇親会
場所 :ITOKIショールーム SYNQA
    〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-1
第一部:
<入賞者プレゼンテーション>
・「Are You Lost in Tokyo?」高木 潤(TAKAGICAPERAN)
・「cafe nt」傳田 剛史(傳田アーキテクツ一級建築士事務所)
・「Barrierless Villa for Sight Seeing」
・畑山 慶(一級建築士事務所アンドロッジ)+寺村 聡(事業主)

第二部:
<プレゼン 1>
「特化型ホテルリノベーションからみる UD(ユニバーサルデザイン)ルーム」
小島 直子(アンデコール)
吉田 紗栄子(アトリエユニ)
高橋 秀子(バリアフリーコンサルタント)
植田 瑞昌(一級建築士)
桑波田 謙(クワハタデザインオフィス)
本多 健(本多健建築設計室)
<プレゼン2>
「旅行者にやさしいデザイン」
本多 健(本多健建築設計室)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る