• トップ
  • リリース
  • 国の登録有形文化財の創業300年超える味噌蔵が本物、天然醸造で釀す木桶味噌の掘り出し祭りを開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

有限会社 塩屋醸造

国の登録有形文化財の創業300年超える味噌蔵が本物、天然醸造で釀す木桶味噌の掘り出し祭りを開催

(@Press) 2017年03月28日(火)12時00分配信 @Press

長野県、蔵の町、須坂市にある国の登録有形文化財の味噌屋「塩屋醸造」(有限会社 塩屋醸造、代表取締役:上原 太郎、長野県須坂市、URL: http://www.shioya.co.jp )では、4月9日(日)に木桶仕込みの味噌掘り出し祭りを開催いたしますのでお知らせします。

URL: http://www.shioya.co.jp


■味噌掘り出し祭り開催概要
塩屋醸造は長野県須坂市で昔ながらの木桶を使用した天然醸造仕込みのお味噌掘り出しイベントを開催いたします。今では希少な木桶を使用し一年間の熟成期間を経た完熟で無調整のお味噌を限定で販売いたします。
味噌蔵見学や味噌造り体験を実施するなかで多くの方に掘り出したてのお味噌はどんな味なのか、というお声を数多くいただきました。この度、通常販売していない掘り出したてのお味噌を先着100名様限定で販売いたします。希少なお味噌を公開するだけでなく、その掘り出したてのお味噌で作るお味噌汁も同時に振る舞います。


■お味噌造りへの思い
お味噌汁を含む日本人の伝統的な食文化「和食」がユネスコ無形文化遺産に指定されましたが、味噌の国内消費量は減少の一途を辿っており、ピーク時の1960年から2014年にかけては約6割も減少しております。「お味噌という日本人にとってのソウルフードを残したい。」「長寿の町、須坂市のように健康で長寿の秘訣としての味噌を皆様に飲んでもらいたい。」そうした思いで塩屋醸造は味噌文化を伝えていきます。
伝統的な文化財や蔵の町並み、周囲を高い山に隔てられた広大な面積を有する自然や信州味噌の文化などの恵みがあるからこそ、塩屋醸造は繁栄を遂げました。そして伝統ある建物、蔵で釀したお味噌を皆様に食べていただきたいという思いで、この度イベントを開催することにいたしました。


■塩屋醸造とは
塩屋醸造は長野県須坂市で約300年前に塩問屋として創業しました。江戸末期に味噌蔵を建設し味噌、醤油の製造をスタートいたしました。今では味噌・醤油造りに加え、味噌仕込み体験の企画や大豆の契約栽培などの取り組みも行っております。国の登録有形文化財に指定された10棟にもわたる蔵や建物を持ち、その中で味噌はもちろん、文化を釀し、皆様に味噌や文化を知っていただこうと様々な体験や企画を行っております。塩屋醸造のある長野県須坂市は高齢者の介護保険認定率が少なく元気な高齢者が多い町です。美味しい野菜とお味噌に支えられ長寿を築いております。塩屋醸造もその一端を担うことができればと思っております。


■伝統的な味噌造り
天然醸造の味噌造りは味噌を加温せず、時間をかけて熟成させる伝統的な手法です。大手の会社様は30度ほどの温室にお味噌をいれて発酵させますので、短期間に大量生産が可能となります。塩屋醸造では約6〜10カ月の時間をかけてじっくりと味噌を熟成させます。少量ですが時間をかけてじっくりと作るお味噌はコクがあり、深い風味を醸し出します。
塩屋醸造では創業時から300年以上受け継がれる蔵の壁に長年の菌が棲みついています。そしてその長い年月をかけて育った菌が味噌をより深い味わいにします。
現在、定番のお味噌はすべて長野県安曇野市、JAあづみ産の契約栽培大豆である「ナカセンナリ」という品種を使用しております。「ナカセンナリ」という大豆は信州の風土に適した品種で中でも、安曇野産の大豆は大粒で黄味が強くお味噌作りに最良です。お米もJAあづみ産契約栽培米「こしひかり」を100%使用しております。


■イベント概要
イベント名称: 味噌掘り出し祭り
日程    : 2017年4月9日
受付    : 10:30〜
開始    : 11:00〜
URL     : https://www.facebook.com/shioya.co.jp/?ref=bookmarks
※同時開催:骨董市

<商品概要>
商品名 :木の大桶掘り出したて味噌
価格  :1,200円(税込)/2kg
原料  :大豆、米、食塩
発売場所:塩屋醸造 味噌蔵前 特設会場
先着  :100名様


■塩屋醸造店舗概要
店舗名 :塩屋醸造
所在地 :〒382-0000 長野県須坂市大字須坂537番地
営業時間:9:00〜17:00(不定休)
TEL   :026-245-0029
FAX   :026-248-0290


<味噌蔵の木桶>
https://www.atpress.ne.jp/releases/125135/img_125135_1.jpg
<契約栽培の大豆>
https://www.atpress.ne.jp/releases/125135/img_125135_4.jpg
<安曇野契約栽培農場>
https://www.atpress.ne.jp/releases/125135/img_125135_3.jpg
<塩屋醸造の外観(国の登録有形文化財)>
https://www.atpress.ne.jp/releases/125135/img_125135_2.jpg


■今後の展開
塩屋醸造では今後も信州味噌を伝統ある製法で作り続け、信州産原料での商品開発で地元信州への貢献活動を進めていきます。またフェアトレードで契約栽培をしていただいている生産者様からの適正価格での仕入れを続け、商品の高品質、低価格を維持するため今後も消費者への直接販売での展開とし、直営店での販売及びインターネットでの販売( http://shop.odakyu-dept.co.jp/shop/c/c1836/ )をメインに事業を進めて行きます。また、伝統のある国の登録有形文化財の蔵でイベントやコンサート、体験イベントを企画してまいります。


■会社概要
商号  : 有限会社 塩屋醸造
代表者 : 代表取締役 上原 太郎
所在地 : 〒382-0000 長野県須坂市大字須坂537番地
TEL   : 026-245-0029
FAX   : 026-248-0290
事業内容: 信州味噌、醤油醸造元
URL   : http://www.shioya.co.jp (「塩屋醸造」で検索)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る